【1歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧

【1歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

0・1・2さい あなあきかくれんぼどうぶつ だあれ?
どんな動物が出てくるか、ドキドキワクワクする絵本!

【作者】しみずだいすけ
【出版社】永岡書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
子どもの母の友人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】指で動物の絵を触りながら、喜んで見ている

【具体的には・・・】ページごとに隠れている動物を想像しながら、本をめくっていくしかけ絵本です。
絵の中にある穴の部分がヒントになっているのですが、いつもその穴を小さな指で触って楽しんでいました。
この本をもらった1歳でも充分楽しめて、4歳になった今は自分で、「うさぎさん!」「パンダさん」などと言いながら楽しんで読んでいます。

【母親の感想】
カラフルで可愛い動物のイラストは、赤ちゃんへのプレゼントにぴったりだと思います。
赤ちゃんから幼児まで、長く楽しめる楽しい絵本です。



sassyがおー!
カラフルでどんな赤ちゃんにもかならすウケる魔法の絵本

【作者】sassy
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】じっと見て自分でページをめくる

【具体的には・・・】笑うのはもちろん、最後の2ページ目が白黒、ラストがカラフル!なのですが、息子はそこの切り替わりが好きなようで、ページをゆっりめくります。
それに合わせて大人が読むととても喜びます。
ニコ〜とゆっくり笑い、なんどもそれを繰り返してます。
飽きることなく毎日何度も読んでは笑うの繰り返しです。
1人でもたまに見て遊んでいます。

【母親の感想】
sassyの絵本はカラフルでかわいいのですが、
お話も楽しくてそこも魅力だと思います。
大人も思わず買ってしまう作品です。



あかちゃんごおしゃべりえほん
タイトル通り赤ちゃんの言葉を引き出す絵本!どの言葉を発してくれるか親もワクワク!

【作者】かしわらあきお
【出版社】主婦の友社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・一歳

【子供の反応】声を出して笑う

【具体的には・・・】お気に入りのページでわらう。
誰が読んでもそのページに反応する。
最初はページを捲るだけだったが、だんだんと意味がわかってきて、自分のツボがわかったようで、今もその絵本が好きでかなりボロボロになるまで使っている。
そのページの直前のシーンからニコニコして反応しているのが面白い。
※あーん パパのページが息子は大好きです。

【母親の感想】
物の名前だけ!が書いてありわかりやすい。
単語。
またイラストも原色でこどもが認識しやすいものだと思う。



あかちゃんのあそびえほん「ごあいさつあそび」
絵が大きくて月齢の小さな赤ちゃんでも楽しめて発達に応じてシリーズになっている昔ながらの絵本

【作者】きむらゆういち
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
言語聴覚士、作業療法士

【当時の子供】
男の子・1歳6カ月

【子供の反応】笑顔になる、いくつかの絵本を並べても絶対にこれを選ぶ

【具体的には・・・】私の息子は生まれつき脳に疾患があり成長、発達もとてもゆっくりです。
最初に出会ったのはリハビリ病院でした。
まだそこまで絵本に興味を示さなかったのに、徐々に見るようになりました。
とりわけこの絵本に対しての反応は良好で、全力で「好き」が伝わってくるぐらいでした。
この絵本はたくさんシリーズがあって他にも持っていますが、ごあいさつあそび、がやはり断トツで特別なようです。
今では自らページをめくるようになり、ごあいさつのところでは必ず笑います。
また、この絵本を使って歩行やズリバイ練習もしています。
好きで興味のあるものを前に置くことで促します。

【母親の感想】
正直に言うと、絵はあまり可愛くないと思います。
ただ、仕掛け絵本になっていて登場する動物や恐竜、女の子の顔や表情がとても大きくてわかりやすいので、そこに魅かれたのかなと思います。



あさごはんできた!
何度も作りにくる!食べることが大好きな息子が作れるご飯の絵本!

【作者】吉田朋子
【出版社】フレーベル館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】一緒にあさごはんをつくる

【具体的には・・・】本棚にしまっても何度も持ってくる絵本です。
布のような写真の野菜たちがご飯になっていくのが楽しいようです。
やさいを切るところは一緒にトントントンと手で切ってくれます。
最後の出来上がったページを開くと、自分で絵本を持ち、座って食べるふりをしています。
一つ一つ食べ物を指でつまんであむあむと食べ、飲み物をのむふりをしています。

【母親の感想】
おままごとを少しできるようになってきたことと、私がご飯を作っている様子をみているせいか、自分でもご飯を作っている気持ちになっているのではないかと思います。



いち・にい・サンタ!
12月になったら子供と一緒に読みたくなる本、数字や色も一緒に覚えさせて楽しめる絵本

【作者】作:ひらぎみつえ デザイン:坂啓典
【出版社】株式会社ほるぷ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
叔父

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】仕掛けに楽しく反応していて、楽しそう。

【具体的には・・・】クリスマスの絵本になるのですが、全体的に色もしっかりしているので内容はまだわかっていませんが、楽しそうに見つめています。
仕掛け絵本なので、ところどころサンタの腕が動いたり、サンタが飛び出したりするのですが、簡単に動かせるので自分でもやってみたくて触ってみることが多いです。
最初はもの珍しげにみていましたが、鮮やかなので色を覚えさせながら読み聞かせると喜んで見ています。

【母親の感想】
クリスマスの1日を描いた絵本ですが、簡単に仕掛けがあって大人も楽しく読める1冊です。
文章も1・2・3とカウントしたりするので数字と色を覚えさせるのにとても役に立っています。
子供でも動かせる簡単な仕掛けが魅力的だと思いました。



いろんなおやさいどこになる?
お野菜が好きになる!きれいな絵としかけで楽しくお野菜が学べる絵本

【作者】作:きのしたけい
絵・阿部真由美
【出版社】コクヨ株式会社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳半頃から、もうすぐ2歳になる現在まで

【子供の反応】絵をじっとよく見て考える

【具体的には・・・】始めはただ、しかけになっている絵をぺらぺらめくって楽しんでいました。
野菜の名前がわかるようになってくると、絵をじっと見て考え、クイズのように答えてからしかけをめくって答え合わせをするようになりました。
さらに、野菜を取ってもぐもぐと食べるふりをして「おいし〜」とにこにこしています。
最後のページには、本に出てきた野菜が見開きでたくさん描かれていて、ここでもまた「にんじんはどこかな?」とクイズを出して遊んでいます。

【母親の感想】
絵がとてもきれいで、野菜のことも知ってもらえて良さそうと思い、購入しました。
期待通り、子供は野菜をたくさん覚えてくれましたし、それぞれの野菜がどんな風にできるのかも絵で見てわかるので、とても良かったです。
食事のときに野菜を残しそうになっても、この本を思い出して食べてくれたりして、母親としても助かっています。
子供にとっては、クイズをしながら読み進められるところが楽しいのだと思います。



うさこちゃんとどうぶつえん
一歳の娘が物語を楽しむきっかけとなった思い出の絵本

【作者】ディック・ブルーナ:文/絵 いしいももこ/訳
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・一歳

【子供の反応】静かに真剣に聞く

【具体的には・・・】おやすみ絵本用に購入したのですが、思惑どおり、寝る前に必ず持ってくるようになりました。
動物が分かるようになったから楽しめるかなと思って選びましたが、冒頭のうさこちゃんとおとうさんのページのセリフを一緒に言うようになったのが意外でした。
ただ、うさこちゃん自体にはそんなにハマってなかったように思います。

【母親の感想】
「そこでふたりはきしゃにのり…」のページだけを一緒に言うようになったので、文章の響きにハマってくれたみたいです。



うんちがぽとん
静かに耳を傾けてくれるトイレトレーニングの入り口になる絵本。お尻の穴の場所を教えてくれる得意げな子供の姿に親も笑顔になる絵本

【作者】作・絵:アロナ・フランケル
【出版社】アリス館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
いとこからのお下がり

【当時の子供】
男の子・一歳半

【子供の反応】静かに聞く

【具体的には・・・】体の部位を読むページで対象の部分を指差したり、見せてくれたり、絵本の中の男の子と同じポーズを取って見せてくてるようになりました。
最初はあまり興味をしめしていなかったけれど、言葉がわかるにつれて言葉の繰り返しをニコニコと楽しんだり、楽しむ幅が広がっていきました。
一歳半を過ぎたあたりから自分から本棚から持ってきて読んでと言うことが増え、読んだ後に顔を真っ赤にして踏ん張ることもあり、うんちが何かを理解しているように感じました。

【母親の感想】
トイレトレーニングの教育的な印象があり、子供はあまり好きじゃないのでは。
と思いながら読み始めたけれど、楽しそうに聴いている姿を見て意外に感じました。
体の部位を伝えるページは一緒に指差ししながらお話ができるので親子の対話につながりこの絵本の楽しさの入り口になっているのかな?と感じました。



お?かお?
触って遊べる仕掛け絵本。指先一つで変わるおかおに子供も大人もニッコニコ。

【作者】作:ひらぎみつえ
デザイン:坂啓典
【出版社】ほるぷ出版

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】仕掛けを楽しそうに動かす。

【具体的には・・・】仕掛けを動かすと顔が動くのでその変化が楽しいらしくずっとカチャカチャ触っています。
目がキョロキョロする顔、笑う顔、眉毛が動く顔、アッカンベーする顔、眠そうな顔がありとくにアッカンベーする顔がお気に入りです。
カチャカチャするのを見守るだけでも良いですが子供が仕掛けを動かすタイミングで文章を読んであげるととっても喜んでくれます。

【父親の感想】
顔の変化を自分の指一つで変えられるのが楽しいのだと思います。
またカチャカチャ音がなるのも楽しそうです。



おいし〜い
赤ちゃんの表情がとても素敵!子どもも一緒にご飯をもぐもぐ

【作者】作:いしづ ちひろ
絵:くわざわ ゆうこ
【出版社】株式会社くもん出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
おばあちゃん

【当時の子供】
男の子・一歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】絵本の中の赤ちゃんが食べている時は子どもも一緒になって、食べているまねをして口をもぐもぐしていました。
また、おいしいと絵本の文を読むと後から子どももおいしいと言い、ずっと絵本の赤ちゃんのまねをしていました。
ママとパパが読むとよく声を出して笑ってくれます。
最初の頃はあまりハマっている様子はなかったのですが、言葉が少しづつでるようになってから好きになったようで今でも好きです。

【母親の感想】
絵が大きく、あかちゃんの表情が可愛いので読んでる方も楽しいです。
配色がはっきりしているので子どもがわかりやすいのかなと思います。



おいしいな
ぱくぱくもぐもぐを学べて、子どもと一緒に楽しめる可愛い絵本

【作者】作:きむら ゆういち絵:せべ まさゆき
【出版社】小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳半

【子供の反応】楽しそうにじっと見つめる

【具体的には・・・】ぱくぱくと口が動くので、一緒に動かしながら楽しむことができました。
かなり気に入って何度も繰り返し読んだので、内容を暗記して自分で読めるようにもなりました。
内容も優しく、ぱくぱくの繰り返しなので、初めての絵本にも最適だと思います。
私が読んでも喜びましたが、お父さんが読んでも喜んでいました。
今は3歳になるのであまり読んでいません。

【母親の感想】
動物たちの口が動かせて、ぱくぱくもぐもぐを学べるのがとてもいいと思いました。
一緒に読むには最適で、飽きもきません。
絵も内容も優しいです。



おおきなおおきなおいも
自ら読んで欲しいと持ってくるお気に入り。子どもの想像力と記憶に刺激を与える絵本。

【作者】作・絵:赤羽 末吉
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】親族

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1〜3歳

【子供の反応】静かに真剣にじっと聞く

【具体的には・・・】最初に読んだ時からハマっており、読み聞かせている間は集中して聞いていて、表情は真剣そのもの。
一度ならず何度もページをめくって絵をみたがります。
自分で読める歳になったら率先してその本を持ってきて読んでいます。
さらには大人になってからも、ボロボロになったその本を捨てずに保管し、友人の子どもにもお勧めしています。

【私の感想】
まず、濃いピンク色のいもの絵にインパクトがあると感じます。
特にかわいい絵では無いですが、子どもの脳に何らかの刺激を与えるのでしょう。
また子どもたちのどんどん広がる想像が本の内容であるため、読んでいる子どもも一緒に想像の世界を広げているようです。



おさかなちゃんの パパかっこいい! だぁいすき
カラフルな絵で、小さな年齢の子供でも楽しめる絵本です。

【作者】ヒド・ファン・ヘネヒテン(作)
古藤ゆず(文)
【出版社】学研プラス

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】ニコニコしながらご機嫌よく見てくれます

【具体的には・・・】さまざまな種類のキャラクターのパパたちがでてくるととっても楽しそうにしてくれます。
カラフルな絵なので見てて飽きないのか、いつもおさかなちゃんを指でさしてくれます。
1ページおわるごとに次がきになるのか、自分でめくってたのしんでいます。
終わってしまうともう一回読んでと、なんどもなんどもせがまれます。
笑顔になってくれるので親としてもすごく嬉しいです。

【母親の感想】
すごくお気に入りの1冊で、とくに私はカラフルな絵が気に入っています。
子供は、パパが大好きなので、【パパ】という単語がでてくるのが嬉しそうです。