絵本の感想【わたしのわごむはわたさない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【わたしのわごむはわたさない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

わたしのわごむはわたさない
大人が共感してしまう絵本!とっても共感できる内容です!

【作者】ヨシタケ シンスケ
【出版社】PHP研究所

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】絵を見ながら笑う

【具体的には・・・】絵本の絵を見ながら、徐々に笑顔になっていき、次のページを開く時に、声を上げて笑う。
二回目以降に絵本をよく頃には、
「私が読んであげる」といって片手で絵本を持ち、大きな声で読み始める。
読む前に自分で笑ってしまう為、上手には読めないものの、終始嬉しそうにページをめくり、最後まで読み聞かせごっこをしてくれる。

【父親の感想】
大人も一緒に楽しめる絵本だと思います。
絵本の中で、子育てあるあるの様な内容もあり、大人が面白そうに読むので、子供もつられて興味を持つのだと思います。



わたしのわごむはわたさない
ごく普通のゴムで想像力を膨らます小さな子供ならではの世界観が楽しい絵本

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】 PHP研究所

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】静かにじっと聞きながらお気に入りのページをじっくり見る

【具体的には・・・】普通のわごむで女の子の創造が膨らんでいくのを楽しく読んで笑っています。
おにいちゃんが輪ゴムをばかにするページでおにいちゃんにはちょっとはやいとおもうと読むとニコニコしています。
そして必ず読んだ後に「ママわごむちょうだい」といってわごむで遊びだします。
弟と一緒にこのページ好きといって取りあって読んでいます。

【母親の感想】
わごむでこんなにも創造が広がるのかという驚きと面白さでとても気に入っています。
子供は絵がとても可愛くて面白いし、読みやすい字数だから自分で読めてハマったと思います。



わたしのわごむはわたさない
親子でほっこりします。子供の気持ちによりそう絵本です

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】PHP

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】子供にとってのあるあるがたくさんある絵本でわかる〜という気持ちで見ていたと思います。
ニヤニヤしてみていました。
読んで読んで〜と何度も読み聞かされました。
共感できる部分やかわいいなぁとおもう部分が多く、安心できるのではないかと思います。
弟が3歳のころでしたが、二人とも大好きで、6歳の今も大好きな絵本。
ヨシタケシンスケさんの絵本は全部好きです

【母親の感想】
子供の気持ちになって代弁してくれているような気持になる絵本です。
親も読んで、子供ってかわいいなぁと再認識しますし、親子でほっこりできる絵本が魅力的だと思います。