【3歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧

【3歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

バナナじけん
バナナ好きチルドレンならきっと気にいってくれるはず?たくさんのバナナと絶妙な色遣いがポイントです。

【作者】高畠那生
【出版社】BL出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】バナナの皮に騒々しくこけるウサギの様子が好きらしいです。

【具体的には・・・】運ばれたバナナがたべられ、捨てられたバナナの皮に何度もウサギが転げるページがお気に入り。
六歳になっても、ウサギが転げる擬音語を声に出して、面白いね〜、と感慨深く読んでいます。
そして裏表紙に描かれている一面びっしりのバナナのイラストを見ては、毎回何本かを数えて、あれ?100本?と笑いながら何度もバナナを数えています。

【母親の感想】
夫が何気に買った絵本です。
何が面白いのか、予想通りの展開ですが、イラストに使われている色遣いが斬新でよいです。
例えばウサギなら、白かピンクと想像しますが、絵本では青です。
違和感なく色のチョイスが絶妙なところがいいです。



パラダイス
うちの次男が3歳でハマり、毎晩読んでとせがんだ、南の島のパステル調の絵本

【作者】高畠純
【出版社】あかね書房

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】明るい表情になって、聞き入る

【具体的には・・・】よる、絵本の時間になると、必ず「これ!」と叫んで一目散に本棚に取りに行き、絵本の表紙に釘付け状態になる。
ページをめくるごとに、本の世界にのめり込んで行く感じで聞き入っていた。
最後まで、明るい表情で夢中になり、絵本から目を離したり、よそに気が散る様子は見せなかった。
読み終わった後も、もう一回とせがんでいた。

【母親の感想】
南の国でのバカンスをあつかった作品で、とにかく明るい内容だった。
絵も、パステルカラーで描かれていて、まるで夢の国、大人の私でも行ってみたいと思う程だった。
明るさが魅力だったのだと思う。



パンやのくまさん
くまさんの1日を通して生活習慣やあいさつなど自然に学べる絵本

【作者】さく・え/フィービとセルビ・ウォージントン
やく/まさきるりこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】真剣にじっときいて、かずを数えるときなどは真似する

【具体的には・・・】読み始めるとくまさんの1日をじっと聞いている。
お金を「1こ2こ3こ」と数えたり、かねをならすときは真似していた。
絵にも興味があり、パンやさんの店内を指さして絵本の途中によく自由に会話していた。
どんなお客さんがいるか、時計がかいているので「なんじ?」と聞いてきたりして、読むたびにいろんな会話をしながら読んだ。

【母親の感想】
くまさんの1日は朝から夜まで書いてあり、早寝早起きや、あいさつ、お金を大切にしているところなど、学ぶ部分が多い絵本だと思う。
その度に子供に「はやく起きてるね」などと会話していたので、子供もくまさんの1日をともにしている感じがあり魅力だったのだと思う。



ひまわり
ぐんぐん大きくなるひまわり。ひまわりのお世話を一緒にしてみよう!

【作者】和歌山静子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
私(保育職)

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】じっと見ながら、絵の描写を口に出して読み進めていました。

【具体的には・・・】ひまわりの種が雨や太陽、風など受けながら少しずつ大きくなっていく様子をじっと見ながら成長を感じている様子でした。
実際に種植えをする時に読み聞かせしたところ、水やりや太陽のあたたかさが必要な事も子どもたちに伝わって、植物の世話により意欲的になっていました。
種の成長に合わせて身体を少しずつ大きく伸ばし、表現あそびも楽しんでいました。

【私の感想】
小さな種が少しずつ大きくなっていく様子がページをめくるごとに目に見えて分かることで、植物の成長を楽しく感じられるところだと思います。



プータンいまなんじ?
時計に興味を持ち始めたら。かわいいプータンと楽しく時計の読み方を学べる絵本

【作者】え/ならさかともこ、ぶん/わだよしおみ
【出版社】JULA出版局

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】絵本に沿って自分で付属の時計を動かす

【具体的には・・・】絵本に付属の時計がついているので、絵本での経過時間と同じように時計の針をくるくる回すのにハマっています。
最初はただ針を回すだけでしたが、段々と時計の読み方を覚えてきて、今では「これが3時のおやつだね」と言って私に嬉しそうに見せてきます。
この本を読んでから時間を意識する、ということを学んだように感じます。

【母親の感想】
子供と同じくらいの年齢の子豚が主人公なので、感情移入しやすかったのだと思います。
絵本の中のプータンは完全に時計を分かった上で生活しているので、自分もそうしてみようと思ったのかもしれません。



プレゼントをかいに
ごっこ遊びが好きな時期の子が楽しめる!絵本を読み聞かせるだけではなく一緒に遊べる絵本

【作者】村田エミコ
【出版社】株式会社福音感書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】一緒に絵本を楽しむ

【具体的には・・・】絵本に出てくるサルの子供の名前を大きな声で一緒に言ったり、プレゼントを選ぶページで、自分が好きな花柄のかわいいものを選んで「これ私の。
これママの。」
と一緒に選んで楽しんでいます。
私が「ありがとう」と言うと、とても嬉しそうに笑います。
最後のケーキのページでは一緒に食べる仕草をして「全部食べちゃった」と満足気に言います。

【母親の感想】
お店屋さんごっこが好きな時期なので、この絵本のお店の商品を選ぶところが良かったのだと思います。
絵が版画みたいになっていて特徴がありかわいらしいです。



まいごのたまご
かわいい恐竜たちがたくさん出てきて、恐竜好きの男の子にはたまらない絵本

【作者】作:アレックス・ラティマー
絵:聞かせ屋。けいたろう
【出版社】角川書店

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】集中して絵本を見つめる

【具体的には・・・】読み聞かせの最初から最後まで集中して聞いていました。
恐竜の絵本ですが、絵本の物語を自分の持っている恐竜のフィギュアで真似をしてよく遊んでいます。
ツンツンがあるの?角があるの?などニコニコ笑いながら自分で言葉に出して遊んでいます。
父親が読んでも、母親が読んでも最後まで絵本に集中できており、30回以上読んだ今でも飽きることなく、「これ読も」っと言って持ってきます。

【父親の感想】
もともと恐竜が好きだったため選んだ絵本で、可愛げのある絵だったことも興味を持った一員だと思います。
絵本の中での恐竜とたまごの声の掛け合い、表現に効果音が多く使われており、(ドコドコやギザギザなど)子ども自身が自分で読みやすかったことも良かった点だと感じています。



まよなかのだいどころ
真夜中の台所で行われている秘密の○○?子どもが夢中になる絵本

【作者】モーリス・センダック
【出版社】冨山房

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】集中して絵本を見る

【具体的には・・・】図書館が発行している絵本案内の冊子でこの絵本を知り、子どもに読み聞かせました。
真夜中の台所でケーキづくりをするシーンでコックさん達が「しあげはミルク!しあげはミルク!」という掛け声をあげるシーンがあり、子どもも一緒になって「しあげはミルク!しあげはミルク!」とセリフを読み真似して遊びながら楽しんでいます。

【母親の感想】
古い外国の絵本で絵柄はかわいい感じではありませんが、真夜中の台所という子どもにとっては謎めいた場所でひっそり行われているケーキづくり、というシチュエーションに子どもは惹かれているのではないかと思います。



みんなのおうさま イエスのおたんじょう
とても難しい文章で、聖書の一部を切り取っているので、話が完結する訳ではありません。でも、三歳の息子が夢中になって読んでと言ってきます。不思議な魅力のある絵本です。

【作者】サラ・J・ドッド 文 
ラファエラ・リギ 絵
【出版社】いのちのことば社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
キリスト教の保育園でクリスマスプレゼントとして配られました。

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】静かに真剣に聞いています。
1ヶ月近く毎晩読んでと言われてます

【具体的には・・・】保育園のクリスマス会でプレゼントとしてもらった絵本ですが、内容の難しさに正直びっくりしました。
日本語訳も子供向けにしては難しく、本当に3歳の子供が大人しく聞いてくれるだろうかと、少々疑問に思いました。
ですが、毎晩読んでとリクエストするくらい気に入っているようです。
読んでいる間は静かにじって聞き入っています。
長い話ですが、飽きてしまうことは今まで一度もありません。
とても不思議な魅力の絵本です。

【母親の感想】
キリスト教の保育園に通っているので、保育園の先生や牧師様からもキリスト生誕の話を聞かされているのだと思います。
子供がキリストの誕生に興味を持ち、知りたいと思ってくれていることが嬉しいです。
内容や文章は難しい絵本ですが、絵がとてもカラフルで綺麗です。
私自身も毎晩読み聞かせていますが、飽きないです。



もりのひなまつり
女の子の大好きなお雛様が冒険するお話!ドキドキワクワクする絵本です。

【作者】こいで・やすこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】じっとお話の世界に入り込んで聞いている

【具体的には・・・】もりの近くにある一軒の家のお雛様達が、もりの【のねずみこどもかい】に招待されて出かけていくお話です。
我が子は、お雛様が大好きなので、お雛様が動いたり、喋ったりするお話を夢中で聞いていました。
雨で汚れたりしながらも、無事に家のひなまつりまでに帰って来た場面では思わず「あぁ、良かった!」と、にっこりします。

【母親の感想】
お雛様が動いて、喋って、冒険するお話なので、とても楽しいです。
お雛様が好きな女の子には一度読んであげてほしいです。



やさいさん
一緒にお野菜を抜いてみよう!親子で楽しめるしかけ絵本

【作者】tupera tupera
【出版社】Gakken

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
親戚からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】笑いながら一緒に野菜を抜くポーズをとる

【具体的には・・・】最初は野菜の名前が分からなくて静かに聞いているだけでしたが、何回か読むと覚えてきたようで一緒に野菜を引っこ抜く動作をしながら「たまねぎさん、よいしょー!」と大きな声で言いながら楽しんでます。
絵本を読んでいないままごとの時も「にんじんさんってどんな感じだっけ?」と話を振ると笑顔で「こんな風によいしょーって抜くんだよ」と教えてくれます。

【母親の感想】
図書館の読み聞かせイベントでも選ばれる本なので、子どもはこういう一緒に作業できる感じの絵本が好きなんだなあと感じました。
他のシリーズもあるようなので読んでみたいと思いました。



ゆびさきちゃんのだいぼうけん
絵が可愛く、指でたどることで動物の世界を主人公の子と一緒に冒険できる絵本

【作者】いわいとしお
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3〜4歳

【子供の反応】主人公になりきって楽しそうに読む

【具体的には・・・】ゆびさきちゃんが不思議な動物達の世界を冒険して帰ってくるまでを、指でたどって一緒に進んでいる気分になって読んでいます。
ゆびさきちゃんが行く先々でいろいろな動物達とお話をする様子を一つ一つ指で追って楽しそうに読んでいます。
ゆびさきちゃんのセリフや動き、動物との会話などの細かいところを楽しそうに見ています。
とても気に入って夜寝る前の定番の絵本になっていました。

【母親の感想】
可愛い絵と迷路のような道をたどって行くというところが気に入ったようです。
指でたどることで自分が冒険しているような楽しさがあるようです。



ようこそおばけやしきへ
絵も可愛くて、しかけも豪華!内容がまだ分からない年齢でも、十分に楽しめる絵本

【作者】文:ジャネット・ローラー
絵:アンナ・チェンバーズ
紙工作:レニー・ジャブロー
訳:おがわやすこ
【出版社】大日本絵画

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】大笑いして、自分でもしかけ部分を触ろうとする。

【具体的には・・・】なかなか大きなしかけ絵本で、飛び出すものや、自分で扉を開いたりするしかけが満載なので、
1日に何度もその絵本を読んであげていました。
何回か読んであげているうちに、自分一人でもその絵本を開いて、しかけを楽しんでいました。
かなり荒い使い方をしていたので、最後の方はボロボロになっていましたが、ここまで楽しませてくれた事に感謝しています。

【母親の感想】
本屋で初めて見たとき、ちょうどハロウィンの時期だった事もあり、少々絵本にしてはお高めではあったのですが購入。
開いた瞬間に可愛いイラストと大きなしかけに親の方が「わぁ〜!!」と興奮した事を覚えています。
子供は扉を開いたり、持ち手部分を左右へ動かして揺れたりするしかけに大喜びしていたので、そのような部分にハマったのかな、と思います。



よるくま
子どもの優しい気持ちを育み、大人も幸せな気持ちにさせてくれる、あたたかほっこりな絵本

【作者】酒井駒子
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親(私)が選びました。

【当時の子供】
男の子・3歳〜5歳

【子供の反応】じっとして静かに聞き入る

【具体的には・・・】やんちゃな男の子ですが、よるくまの絵本を読むときは静かに座ってじっと聞き入っています。
「めがさめたらおかあさんがいなかったって。」という文と一緒によるくまが泣いている絵が書かれてあるページでは、聞いていて「一大事だ!」と思っているのか、心配そうな、悲しそうな顔をして黙って聞いています。
おかあさんを探す場面では、公園やよるくまのおうちで「すべりだいは?」「おふろじゃない?」と自分なりの考えで一緒に探しています。
よるくまが泣いてしまって一面まっくらになってしまった場面ではびっくりしていて、おかあさんが見つかったときには嬉しそうにしていました。
最後、現実に戻る「おやすみ」の場面では、どういうことなのかわかっていないようでとても不思議そうにしています。

【母親の感想】
よるくまは今まで読んだことがなくて、子どもが産まれてから初めて読んだ絵本なのですが、終始「ママ」「ぼく」の会話形式で書かれているところが可愛らしく、なんとなく親近感がわいて心が癒やされます。
よるくまのおかあさんの台詞が愛情に溢れていてとてもよるくまのことを可愛がっているのだなぁと伝わり、そんな空想(夢?)の話をしている「ぼく」も愛情をいっぱい受けて育っているのだなぁと伝わり、こちらも幸せな気持ちになります。
私も子どもたちに愛情をいっぱい注ぎたいなと再認識させてくれる素敵なお話です。



ラッキーカレー
みんな大好きカレーがカレーをつくってハッピーエンドな物語。

【作者】シゲタサヤカ 
【出版社】2019年4月発行 日本マクドナルド株式会社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】叫んでテンションがあがります! えー なんでー 、おかしいー と笑顔で叫びます。

【具体的には・・・】まず、話題が カレー という娘が大好きなメニューであること、
カレーが この世代にはささる うん〇 のビジュアル?色?に近いことから親近感がわくようです。
さらに、食べ物が動き出すので えー なんでー おかしいーとなり、
さらに カレーがしゃべるので えー 何でー おかしいー となります。
最後はカレーがカレーをつくるので、どうなっているの??? と笑いながら、
面白かったねー、
もういっかいよんで
とリピートされます

【父親の感想】
わかりやすい、すぐ 読める から読む私としては 助かる!
本1冊読んでー OKしても 薄いからすぐ終わる。
字も大きいからすぐ読み終わる。
面白い
親としては助かる本です。
子供がはまったのは
大好きなカレー ビジュアルが うん〇 それがしゃべる



わたしのワンピース
どのワンピースを着てみたい?お気に入りのワンピースを探しに行こう!

【作者】にしまきかやこ
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
私(保育職)

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】かわいい!と女の子は「私も着てみたい」と話し喜んでいました。

【具体的には・・・】絵本に出てくるお花や鳥が白いワンピースを通ると、絵本の中でワンピースの柄が次々と変わっていく様子を見て、女の子は可愛い服に夢中になっていました。
絵本を読み終えると、ワンピースの絵を描いて、着てみたい柄を楽しそうに描く女の子がたくさんいました。
絵本に出てこない柄も、自分が着てみたいものを考える事も楽しめている様子でした。

【私の感想】
目に見えてワンピースの柄が変わっていく様子がわかり、子どもたちには分かりやすかったように感じました。