絵本の感想【おしりたんていシリーズ】作・トロル/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【おしりたんていシリーズ】作・トロル/子供がハマった絵本を412人に聞きました

おしりたんてい
こどもに読み聞かせるだけではなく、一緒に遊びながら、考えながら楽しめる絵本です。

【作者】作・絵:トロル
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】笑顔になる。
また考えながら一緒に推理する。

【具体的には・・・】主人公や飼い犬の好きなお菓子をたべたいなとか、どんな事件がおきて、主人公がどのように推理するのかを一緒に考える。
たとえば、作品に登場する依頼人の持ち物であるレシートがヒントになっていたなとか、それを使ってどうやって主人公は推理をしたのかなを思い出しながら一緒に考えています。
実際に読んでいる時間よりもこどもが考えている時間の方が長いです。

【父親の感想】
購入する前は、おしりが顔の主人公が下ネタで教育に悪いのではないかと思っていました。
他の親御さんからのアドバイスを聞いたり、実際妻が購入し、手に取ってみた結果、教育にいい本であると思いました。
ただ子供がはまったきっかけは「失礼こかしていただきます」と口からおならのような攻撃を犯人にするところなので年齢が大きくなってきたら別の本を読んで欲しいとも思いました。



おしりたんてい
どんな事件も解決!みんなしっている、子供がハマる絵本

【作者】さく、え、トロル
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・6才

【子供の反応】真剣にじっと聞いている。

【具体的には・・・】自分から、何回も手に取って本を見ている。
しっかりと読めているのかは、分からないが、絵を見ているだけでも、本の内容が分かりやすい。
一年たった今でも、自分から手に取って見ているので、長く愛用出来ていると感じる。
父親にも、読んでと本を持って行っているので、好きな本だなと感じる。
いつも、楽しそうな表情で見ている。

【母親の感想】
本によって色々なシリーズがあり、事件が起こって、犯人探し、最後は、お決まりのセリフなど、物語の展開にハマったのだと思う。



おしりたんてい かいとうとねらわれたはなよめ
絵がゆるキャラ的で頭に残るぐらいに印象的です。本を選ぶ時いつもおしりたんていを選びます。

【作者】トロル 作田中陽子 絵 深澤将秀
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】真剣に聞く

【具体的には・・・】最初は真剣に聞きますが読んでる途中本人の顔を見ると考え混んで1人で次はこうなるんじゃないかと推理を始めてしまいます。
おしりたんていのブームの途中からハマり出したんですが、今も変わらずに好きです。
毎回毎回このシリーズの本がいいと本人の要望で読んでいますがおしりたんていシリーズが好きなのが真剣な表情で私が読み上げてる内容を聞いています。

【母親の感想】
推理をする本なので子供の創造力を身につける面でとてもいい本だと思いました。
本人も次はこうなるんじゃないかなとか聞きながら考えています。



おしりたんていシリーズ
いつも大人しい子でも、この絵本にどハマり!よく喋りよく笑い子どもと親との仲もよくなる!そんな絵本!

【作者】作:トロル 絵:トロル
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・5歳〜6歳

【子供の反応】笑顔になりよく喋る

【具体的には・・・】おしりたんていシリーズは、作品自体が簡単ななぞなぞや間違え探しのようになっています。
子どもにも分かる簡単な説明で、物語が進んでいくのでなぞなぞも解きやすく1冊読み終わるのに5〜10分かかります。
それだけの時間が、掛かるので子ども的にも大満足なようで他のシリーズにも興味を示し、読み込んでいます。
子どもも内容をよく理解出来ているので反応がよく、いつも以上に喋ります。

【私の感想】
この絵本は読む方には少し時間のかかる内容ですが、ギャグもあり子どもと一緒に本人も楽しめる内容になっていてとても好きです。
子どもさんは、おしりが大好きという事もあるんでしょうが、自分で解き進める楽しさを味わい、達成感を持てる内容なのだと思います。