【2歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧

【2歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

ドアをあけたら
文字がわからなくてもドアをノックして何かが出てくるのが子どもに楽しい絵本

【作者】作:しまだ ともみ
デザイン:Craps (対馬望)
【出版社】東京書店株式会社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】一緒になってドアをトントン

【具体的には・・・】この本は仕掛け絵本なので読んで欲しいと持ってくると開く前からこぶしを準備して絵本の近くに座ります。
ページをめくるたびにドアから少しだけ中の見えた動物が見えているのですが、楽しそうにドアをノックしてページを開けます。
多分ですが、絵本の中に入り込んでいる気分なのだたと思います。
1年以上持ってますが、いまだに飽きることなくハマっています。

【母親の感想】
1ページ1ページの文字数も少なく、子どもが飽きる前にページをめくることができるのでとても読みやすかったです。
さらに、ドアをノックするという工程があるので子どもが絵本に入り込んで一緒にノックできるので楽しそうでした。



とうさんまいご
本当にお父さんとかくれんぼしているように読める絵本

【作者】五味太郎
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母方の祖母

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】ページをめくってお父さんを一生懸命探す

【具体的には・・・】父親が単身赴任中だからか、お父さんがどこに行ってしまったのか探して、最後に会えたことにとてもホッとするようで「とーたんいたねぇ!」と嬉しそうに私の顔を見ます。
お父さんに似た人の体の一部が見えるたびに、「だれかな?」とニヤニヤしながらページをめくり、はずれるたびに「違うねぇ!」と笑いながら読んでいます。

【母親の感想】
仕掛け絵本になっているので、お父さんかな?どうかな?と子供の心をワクワクさせてくれるようです。
夫が単身赴任中なので、お父さんの存在を大きくするためにも定期的に読んであげたいと思っています。



どこかな どこかな?
言葉がなかなか出てこなかった娘が、この本がテレビで読まれていた時興味を示し、最初は指さしからはじまり、たくさん単語が出るようになりました。指さしや言葉を覚えるのにとても良い本だと思います。

【作者】作:今福 理博
絵:やすの なほ
【出版社】エンブックス

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】自分から絵本を見るようになりました。

【具体的には・・・】自分から本を持ってきて、これは?と指を指すようになりました。
何度でもそれに答え、こちらからも「これはなに?」と聞いたりして、コミュニケーションを取りながらたくさん読みました。
最初は指さしでのやり取りが主でしたが、そのうちものの名前が言えるようになり、今でもよく読む本です。
言葉がではじめたきっかけのひとつになったと思います。

【母親の感想】
優しい色合いと絵柄の本です。
日常の中で目にする色々なものが載っています。
言葉がなかなか出てこなかった娘が、こども番組の絵本コーナーで読まれていた時に興味を持ったように見えたのですぐ購入しました。
今では自分が言えるものがたくさんあるので得意げに教えてくれます。



とべ! ちいさいプロペラき (こどものとも傑作集)
飛行機好きのお子さんにはもってこいの一冊!テンションが上がる絵本ではないものの、どこか深みがあり何度も読みたくなる一冊。気持ちを落ち着けリラックスできる絵本かなと思います。

【作者】作)小風 さち
イラスト)山本 忠敬具
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】じっと真剣な眼差しで聞き入っている。

【具体的には・・・】飛行機に興味を持ち始めてからよく選んで読んでほしいというようになりました。
はじめはさほど興味を示しませんでしたが、段々と興味が出てきたようで、じっと真剣な眼差しで聞いていたり、飛行機カッコいいなどというようになりました。
もうかれこれ半年くらいは好きでよく読む一冊ですが、読み深めるうちに飛行機の気持ちになって聞いているような質問をしてくるようになりました。

【母親の感想】
絵もストーリーもシンプルで分かりやすくて良いです。
しかもただシンプルなだけではなく、飛行機を通して相手の気持ちを考えるというところまで読み深めれたのはいいなと思いました。
子どもは飛行機に興味を持ち始めたので好きになったようです。



トミカ超図鑑
車だけじゃない!電車も飛行機も乗り物の種類が多すぎ。でも男の子大好き!

【作者】発行者:坂井宏先 
編集:高林淳一 、 森彩子
【出版社】発行所:株式会社ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・2〜3歳

【子供の反応】静かに食い入るようにずっと見ている。

【具体的には・・・】とにかく時間があれば自分でページをめくってずっと本を眺め、気になる車があるとなんていう名前か聞いてきます。
昔から今売られている車がすべて載っているので、子どもとしてはともて魅力な様子で目をキラキラしながらいつも見ています。
今でも時々時間があれば見ることがあり、ひらがなカタカナが読めるようになった今は気づいたら声を出して私に教えてくれるようになりました。

【母親の感想】
自分で選んできた図鑑だったので親としては読まなくていいから楽かな?っと思ったけど、結局知りたい車、名前がわからない車の名前はよく聞いてきたので少し大変でした。



なんにでもレナール!
何にでもなれると言うメッセージをとてもポップに伝えられる絵本

【作者】作:玉置永吉 絵:中川貴雄
【出版社】教育画劇

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私の友人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】一緒に読んでくれる

【具体的には・・・】0歳のときに貰ってたまに読んではいたが、2歳になってから、急に理解するようになったのか絵が細かく書き込んであるので一ページごとに、何がかかれているかお話しすることも出来るし、たくさんの動物が出てくるので出てくる度に何が出てきたかなー?と興味を引かせることも出来る。
またお約束の呪文『なんにでもレナール』を一緒に言うことができて楽しい

【母親の感想】
たくさん動物が出てくるところと、掛け声を気に入っているようで読んでいてたのしい、また読んでいるうちにあなたは何にでもなれると伝えることができる



にょっ!
色彩鮮やか!何に見えるか一緒に考え、大笑いしちゃう絵本

【作者】ザ・キャビンカンパニー
【出版社】株式会社小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】ゲラゲラ笑う、一緒に声に出して読む。

【具体的には・・・】にょっ!っというセリフに合わせて一緒に声を出して、ワクワクしながらページをめくります。
「〇〇、かもよ?」のセリフに合わせて、絵を指差し、かもよ??と声を合わせて読むと大笑いします。
何度も何度も繰り返して読みたくなるみたいです。
読み方やイントネーションを変えると、もっと強調した言い方で!というような反応でやり直し。
どハマりです。

【母親の感想】
一緒に何に見えるか考える事ができ、想像力を掻き立てる内容です。
色彩鮮やかで、ユーモアたっぷりの内容に子供はハマっています。



ねこが いっぱい
話し始めの子どもにおすすめ!子どもが自分で読みたがるねこまみれの絵本

【作者】作:グレース・スカール
訳:やぶきみちこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
定期購読で送られてきたもの(定期購読の申込みは母親)

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】一緒に声を出して読みたがる

【具体的には・・・】初めて読んだ時はじっと見入るようにお話を聞いていたのですが、内容と言葉をすぐに覚えて、ある時から自分自身で読みたがるようになりました。
最後のページの『にゃあーお!』を言う時は一段と嬉しそうな、大きな声になって読んでみたり、「お母さんもいっしょに!」など聞き手に参加を促して一緒に読もうとするなど、みんなで読むことも楽しみにしていました。

【母親の感想】
イラストが大きく、かわいいのが特徴かなと思いました。
1ページにねこが1ぴきずつ描かれているため、息子も「次はどの猫かな?」と楽しみにしているようでした。
すぐに言葉を覚えることができたのも、繰り返しのリズム感や『ぼちぼちねこ』といった変わった音を使った表現があった点が大きく影響したのではと思っています。
最後の2ページは、読みても聞き手もみんなで声を出せるような工夫がされているので、自立して読みたがる2歳児にとっても楽しく読むことができたのではないかと思います。



ねずみくんとホットケーキ
短い文章に、可愛い絵に絵本の導入にはもってこいの絵本

【作者】作:なかえ よしを絵:上野 紀子
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】指をさしながら一緒に楽しみます。
特に色んな形のホットケーキが出てきたときは嬉しそうにしています。
文章が短めなので、すぐに内容を暗記し、1人て読むようになっていました。
最初の反応はイマイチでしたが、どんどんとはまっていって、毎日のように持ってくるようになりました。
3歳になると物足りないのかあまり読まなくなりました。

【母親の感想】
絵本の導入にはとてもよいと思います。
短い文章なのて飽きることがありませんし、なにより絵が可愛いです。



のりものどうなってるの?
身近な乗り物の中身が気になる、開けるとワクワクするような絵本!

【作者】and EIGHT
【出版社】交通新聞社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
先輩保育士

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】何が入っているかを確認するようにじっと見つめている様子

【具体的には・・・】仕掛け絵本なので、めくるのが楽しい絵本です。
子ども自身でめくリたくなるようで、自分でめくりながら楽しんでいます。
動物が描かれているので、「猫だね」「犬がいるよ」など言葉にしながら楽しむ姿もあります。
特に2歳前後の男の子は乗り物が大好きな子が多いので、中がどうなっているのかを楽しみながら知ることができます。
言葉にするのを楽しい時期なので、何度も「〇〇がいるね」などと教えてくれる姿もあります。
身体を動かしながら楽しむというよりは、繰り返しになりますが、めくるのが楽しいので、笑顔でめくることを楽しめるようになっている絵本だと思います。

【私の感想】
実際に乗り物の中を見たことがないので、絵本になっていると大人でも興味が湧くと思います。
大人でも「こうなっているんだ」と楽しみながら見れる絵本だと思います。
大好きな乗り物の絵本がまず魅力的で、中に描かれている、動物にも親しみを持てるので、子どもが好きな理由だと思います。



パクッとパセリ
子どもが嫌いな食べ物、食べず嫌いな食べ物を美味しそうに食べている姿を見せてあげることで食べたくなるという絵本。

【作者】三井 小夜子
【出版社】ひかりのくに

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】静かに黙って聞く

【具体的には・・・】静かに黙って聞いているがパセリという食べ物が野菜であり、自分は時々食べていることを知っているので自分は食べれるパセリを食べられない人がいること、また、美味しそうに食べている人を見ると自分も食べたくなることを思っていました。
また、こちらが絵本を読み終わると、自分はパセリを食べられることを絵本を見ながら自慢そうに言っていました。

【父親の感想】
食べられなかった食べ物を美味しそうに食べている人を見て食べてみたいと思い、実際に食べてみるととても美味しかったという疑似体験が絵本でできること。



はじめてのぼうけん1 ぴょーん
いろんな動物が、ぴょーんと元気よくジャンプする絵本

【作者】まつおか たつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】笑顔になり、テンションも上がる

【具体的には・・・】笑って、絵本の動物などが跳ねると一緒にジャンプします。
誰が読んでも基本喜びますが、父親が読むと最後のページで子供がジャンプする時に、たかいたかいをしたりするので父親が読むと一番喜びました。
最初から、ぴょーんのフレーズを気に入っている様子でした。
2歳の時ほどではないですけど、3歳になったいまでも読むとニコニコと笑います。

【父親の感想】
甥っ子がいるのですが、その子もこの本を好きなようですし。
今5歳になる子供も2歳くらいの時は気に入っているのでいろんな子供が好きになりやすい本だと思います。
ぴょーんという音が子供に好かれるのではないかな?と思ってます



はじめてのぼうけん1 ぴょーん
絵本に興味なさそうなお子さんでも、この本だど、一緒に飛び跳ねて楽しい絵本です

【作者】まつおか たつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】ぴょーんと飛び跳ねる

【具体的には・・・】次のページを覚えていて、めくる前に絵本と同じくぴょーんと元気よく飛び跳ねる。
この絵本は縦に開くので、動物が本当に飛び跳ねているようにみえる。
本当飛び跳ねているようにページをめくると、どの動物が一番高く富んでいるのか子供がよく見てくれている。
飛ばない動物は一緒に飛べないふりをして楽しんでいる。
何回も何回も読んでほしいといわれる。

【母親の感想】
子供がえほんの動物と同じ動作をすると、自然と子供と私が笑顔になりました。
次のページへ誘導するスタイルが魅力だと思います。



はじめてのぼうけん1 ぴょーん
一緒に「ぴょーん」と体を動かして楽しくなる。絵本好きではなかった長女が唯一はまった絵本。

【作者】作、絵 まつおかたつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】テンションが上がる

【具体的には・・・】もともと、あまり絵本の読み聞かせををじっと聞いている子ではありませんでした。
後から分かったのですが小児弱者(遠視)だったのであまり絵本が見えていなかったのかもしれません。
この絵本は子育て支援センターで先生が大きな絵本を使って読み聞かせてくれたものです。
絵本のぴょーんに合わせてみんなで体を伸ばしたり、ジャンプしたりするのが楽しかったようで、この絵本の時だけ読み聞かせを聞いていました。
家では小さい絵本を購入したのですが楽しそうに一緒に体を動かしながらきいてくれました。

【母親の感想】
子供が初めてちゃんと見てくれた本なので、支援センターで出会ってから、一生懸命探して購入することができたので思い入れがあります。
今でも一緒に体を動かしながら読んでいた思い出がよみがえります。
今では下の子も大好きです。
一緒にぴょーんとジャンプしたり出来るのが魅力だと思います。