【1歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本

【1歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本を412人に聞きました

いないいないばああそび

いないいないばあ あそび
自分でページをめくる楽しさと、大人と一緒に本を読んでいるという一体感を感じられる本

【作者】きむらゆういち
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】必死にめくろうとする。

【具体的には・・・】仕掛け絵本になっていて、私が「いないいない」と言うと息子が「ばあ」と言いながら絵本に出てくる犬や猫の手をめくります。
この本が大好きで、ぐずっていても一緒にいないいないばあ遊びをするとご機嫌になるのでとても助けられています。
また、本棚から自分でこの本を持ってきて遊んで欲しいというような表情をしています。

【母親の感想】
私も小さい頃この本が大好きだったのですが、一緒に本を読んでいるという感覚になるところもこの本のいいところだと思います。



いないいないばああそび
テンポよく読み聞かせできる、一緒に遊べる楽しい絵本

【作者】きむらゆういち
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】ケタケタと笑う

【具体的には・・・】読み聞かせをすると、テンポがいいのでケタケタと笑いながら楽しんでいました。
身体も動かして喜んでいるときもありました。
テンションが上がってくると、自分から次、次とめくっていくようになりました。
最後にママのページがあるので、やはり母親が読むと喜んでいました。
今はもう5歳になり読まなくなりましたが、まだおいてあります。

【母親の感想】
昔からある絵柄が安心感を感じます。
文字が少なくビジュアルで楽しめる遊び絵本なので、わかりやすく子供に伝わりやすいのだと思います。



おいしいおと!なんのおと?

おいしいおと!なんのおと?
1歳2ヶ月の娘の食事の真似の表現を教えてくれた貴重な絵本

【作者】ふくざわゆみこ
【出版社】ひかりのくに

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私です

【当時の子供】
女の子・1歳2ヶ月

【子供の反応】食べたふりをして喜んでいる

【具体的には・・・】動物たちが美味しそうに食事をする姿を見て、もぐもぐと口を動かして真似をして楽しんでいます。
食べ物によって食べる時の効果音が変わるので、それもきちんと真似して表現してくれます(ちゅるちゅる、ごくごくなど)。
食べ方の真似を楽しんでいた娘でしたが、動物を見て「(うさ)ぎ!」など、名前を読んだりして楽しむようになってきました。

【母親の感想】
動物、食べ物共にリアルに描かれていてとてもおいしそうです。
ピザのページなんかは大人が見てもお腹が空くほどです。
子供もそう感じるのかな?と思います。



おいしいおと!なんのおと?
見ているとお腹が空いてくる!食べることが大好きになる絵本

【作者】ふくざわゆみこ
【出版社】ひかりのくに

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】食べものをおいしそうに食べている動物たち、おいしそうな食べ物の絵を見て手をバタバタと振りながらおいしい!と言いながら喜んでいました。
また、食べ物の絵を指さしてこれは何?と1つ1つ質問してきてくれて食べものにすごく興味を持ってくれました。
今は5歳になり、この絵本をみることはほとんどありませんが、今でも食べ物が大好きです。

【母親の感想】
食べ物の絵がとてもおいしそうに描かれていて見ている方も食欲が湧いてくるような絵本です。
子供の食育にもおすすめだと思います。



おしくらまんじゅう

おしくら・まんじゅう
一歳半の長男が大爆笑!擬音が楽しくマネしたくなる絵本!

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
弟夫婦からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳半頃

【子供の反応】楽しそう、興味津々。

【具体的には・・・】納豆とおしくらまんじゅうをするページがあるのですが、何故かその納豆のイラストと「ぐにゅっ」という擬音がツボにハマったようで爆笑していました。
最後はゆうれいにパクっと食べられてしまうまんじゅうなのですが、そのページではゆうれいと一緒にパクっ!という動作をしてお腹いっぱ?い、とリアクションをして楽しんでいました!

【母親の感想】
非常に単純なストーリーではあるのですが、男の子だからか勝負のドキドキ感を楽しんでいるように感じました!あとはなんと言っても擬音の妙ですね。



おしくらまんじゅう
可愛いおまんじゅうが、リズムよくおしくらまんじゅう♪最後は、お化けとおしくらまんじゅう!!さぁみんなで心を温かくしませんか?

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】リズムよく読んであげると、一緒に「おしくら饅頭」と言って読むようになります。
最後は、なんと饅頭がお化けに食べられてしまうというちょっと驚きのラストですが、子どもは爆笑です。
途中に出てくるキャラクターも、納豆やこんにゃくなどの食材。
娘は、納豆が出ると大喜びです。
0歳のときからこの絵本が大好きです。
今でも、リズムよく暗記して読んでいます。

【母親の感想】
表紙は、可愛らしい紅白の饅頭です。
大人もなんだかキュンとしてしまう絵本です。
絵本を読んでいない時も、おしくらまんじゅうと歌ってしまうところが魅力だと思います。
やはりラストは、大人もびっくりします。
思わず笑ってしまいます。



ごあいさつあそび

ごあいさつあそび
1歳児でごあいさつが覚えられる!しかけも楽しい絵本

【作者】きむらゆういち
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】興味津々になる

【具体的には・・・】絵本に描かれているものをひとつひとつ指さし、名前を教えて欲しいとせがんできます。
犬や猫といった既に名称を知っているものに関しては自ら「ワンワン、ニャンニャン」と伝えてくれます。
また、この絵本を何度も読んだからかごあいさつの仕方を覚えたようで、「こんにちはー」の言葉に合わせて一緒に頭をペコリと下げるようになりました。

【母親の感想】
挨拶という概念が子供にはないので、「こんにちは」という言葉で反射的に頭が下げられるようになったのは有り難いと思いました。
簡単な仕掛け絵本でもあるので、登場キャラクター達の頭を子供自らがおじきさせる所にハマったのかもしれません。



ごあいさつあそび
自分から絵本をめくりたくなる仕掛けがあり、あいさつの勉強にもなる絵本

【作者】きむらゆういち
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】絵本を自分でめくりたがる

【具体的には・・・】キャラクターが「こんにちは」と言って、おじぎをする仕掛け絵本で子供が自分からキャラクターにおじぎをさせたがってページをめくります。
まだ他の本だと自分からページをめくろうとしないので、めくる動作を覚えるのに良いです。
子供もとても笑顔になります。
気に入っていて、寝る前に親のところに持ってきて読んで欲しがる確率が高い絵本です。

【母親の感想】
親の私も小さい頃に読んでいた、長年愛される名作。
子供が手を使いたくなる仕掛けがしてあって面白いです。



タンタンのぼうし

タンタンのぼうし
繰り返されるフレーズは思わず真似したくなっちゃう!親しみやすいキャラクターとちょうどよい文字数で1歳児におすすめ!

【作者】いわむらかずお
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】笑顔で真似をする

【具体的には・・・】主人公のおサルさん・タンタンがお気に入りの帽子を投げる場面が繰り返し出てくるのですが、わが子も自分の麦わら帽子を引っ張り出してきて実際に投げていました。
タンタンのポーズや表情なども真似をして、タンタンになりきって楽しんでいました。
「ひゅっとなげると・・・ほーらね」というフレーズが繰り返し出てくるのですが、「ほーらね」の部分を大きな声で読み、きゃっきゃと笑う姿は非常に印象的でした。

【母親の感想】
作者のいわむらかずおさんは14ひきシリーズなどで知っていましたが、タンタンシリーズは初めて知りました。
14ひきシリーズと同じように、タンタンは魅力的で親しみやすいキャラクターです。
子どもがハマったのは、同じフレーズや展開が繰り返されるのが、予想通りでおもしろかったのだと思います。



タンタンのぼうし
タンタンのかわいい動きとゆかいなぼうしが子どもの心をつかみます!

【作者】いわむら かずお
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・2才

【子供の反応】続きが気になるようにわくわくしている様子

【具体的には・・・】はじめはタンタンのかわいい絵に惹かれていたようですが、たくさん読んでいくうちに、タンタンの「ほーらね」をまねして覚え、読むたびに先に声に出して台詞を言ってました!最後にぼうしが落ちてきて、中にお星様が入っているところが大好きで、最後のページを読むたびに喜んでました。
5才になった今でも台詞を覚えているほど、お気に入りの本です。

【母親の感想】
タンタンのかわいい動きと続きが気になるような台詞に、子どもの顔をみながら読み進めるのが私もとても楽しかったです。



できるかな?あたまからつまさきまで

できるかな?あたまからつまさきまで
動物になりきって体を動かそう!パパにおすすめの絵本

【作者】作:エリック・カール 訳:くどうなおこ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】テンションMAXで飛び跳ねる

【具体的には・・・】いろいろな動物がする様々な体の動きを真似する絵本。
初めはできなかった動きもありましたが、大人がやってみせると大興奮で何度も何度も読んでとせがんできました。
特に、ロバの後ろ蹴りを真似するところでは、勢い余ってでんぐり返りをしてしまったほど、全力で楽しんでいました。
父親が全力でゴリラになりきったときには、1日中笑っていました。
体の部位の名前を教えるために私が選んだ本でしたが、予想以上に大興奮で楽しんでくれたので、選んだかいがあったなあと思います。

【母親の感想】
体の部位の名前や動物の名前が覚えられるし、エリック・カールさんの美しい色彩が印象的な本です。
子どもにとっては、読みながら体を動かせるところが魅力的だと思います。



できるかな? あたまからつまさきまで
動物のまねっこで大興奮!体操にも使えるエリック・カールの名作絵本

【作者】作:エリック・カール 訳:工藤直子
【出版社】偕成社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
保育士

【当時の子供】
男の子・2歳児

【子供の反応】体を動かしてテンションがあがる

【具体的には・・・】毎朝の体操としてこの絵本を保育士が読んでいました。
保育士と一緒に絵本の動物と同じポーズをまねっこして動くことが楽しいようで、お友達と笑いながらまねっこしてくれます。
いろいろな動物のポーズや動きが出てくるので、「次は?次は?」と先の展開を楽しみにしていました。
『はらぺこあおむし』で有名なエリック・カールの色彩豊かなイラストも子どもたちの気を引くようで、保育士が読まなくても自ら絵本を開いて絵を楽しんでいる姿もありました。

【私の感想】
絵本を読むだけではなく、動きも楽しめる絵本です。
体操の一環として取り入れられる絵本として優秀だと感じています。



どうぶつかくれんぼシリーズ

どうぶついろいろかくれんぼ
カラフルなカラーに、可愛い動物たちが隠れているよ!一緒に動物たちを見つけてみよう!

【作者】いしかわこうじ
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
叔母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳半

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】現在2歳の動物大好きな娘は、読んであげると、動物の鳴き声を一緒に真似して遊びます。
この絵本を最初に読み始めた1歳半の頃は、ただ見ているだけでしたが、この絵本のおかげで、たくさんの動物の鳴き声と名前を覚えました。
色もとてもカラフルで、色の名前も覚えたので、読んであげるとキラキラした目で得意気に色も教えてくれます。

【母親の感想】
とてもカラフルで子供の目にとまりやすく、動物のイラストも可愛いので、子供にとって魅力的だと思います。
本も分厚くしっかりした生地なので、子供がちょっと荒く扱っても壊れないし、丈夫な点も、とても良いと思います。



どうぶつもようでかくれんぼ
たくさんの動物が出て、視覚も刺激されるし、しかけ絵本だから指先も使える。見ても触っても楽しい絵本!

【作者】いしかわこうじ
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳2ヶ月

【子供の反応】楽しそうに絵本に合わせて一緒に声を出す

【具体的には・・・】普段はあまり落ち着きがないのですが、この絵本を用意すると大人しく座り、読むのをじっと待っています。
読み出すと、笑顔になり、トラを見てにゃんにゃんと言って反応したり、動物が出ると指差しをしたり、一緒に声を出して「ばあ!」と言ったりします。
読み終わってももっと読んでと泣くくらいこの絵本が大好きです。
1歳になったくらいから読み聞かせていますが、初めて読んだ時からとても反応が良かったです。

【母親の感想】
親としては、長い文もないので、読むのが大変ではなく助かっています。
子どもも、つんつんやぱかぱかなどわかりやすい表現で音も楽しく、絵もカラフルなので目を惹かれるのかなと思います。



なつみはなんにでもなれる

なつみはなんにでもなれる
1歳半から5歳になった今も娘の大好きな絵本。子供も大人も惹きつける魅力がある。赤ちゃんの時期から幼児になっても楽しめるので、友人の出産祝いには必ず贈っている。

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】PHP出版社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳半

【子供の反応】ニコニコと笑顔になる。

【具体的には・・・】なつみが何かの真似をするたびに、一緒になって真似してみたり、なんの真似をしたか答えてみたり、とにかく楽しそう。
布団でおにぎりの真似をした姿や、洗濯バサミの真似が可愛い。
子供に感想を聞くと、富士山とポットの真似がすっごく面白いと話してくれる。
真剣に絵本を見つめて、集中している。
読んで欲しいと何度も持ってくる。

【母親の感想】
子供は何かの真似を姿に共感するようで、親はなつみのおかあさんの表情にもクスッと笑ってしまう。
真似が全然当たらなくて、思わぬ展開になるところは何度読んでも笑ってしまう。



なつみはなんにでもなれる
リアルな母と娘のやり取りがクセになる!家事をしながらゆるく子どもと遊ぶお母さんに共感!

【作者】ヨシタケ シンスケ
【出版社】株式会社PHP研究所

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
叔母(20代の私の妹)

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】自分で読んでいる

【具体的には・・・】夜寝る前にいつも読んでいます。
最初は私が読み聞かせていましたが、今は自分で音読して読んでいます。
娘にどうしてこの本が好きなの?と聞くと、「なつみ(主人公の女の子)が自分に似ていて、なつみのお母さんはママ(私)に似ているから好き」と言っていました。
今は私が読まなくても一字一句丸暗記しているのでびっくりです。

【母親の感想】
主人公のなつみちゃんの話し方や、なつみちゃんのお母さんの受け答え方が正に娘と私にそっくりなため、娘にはこの本がすんなり入ってきたのだと思います。
カバーの絵になつみちゃんがお母さんにドライヤーをしてもらっているイラストがあるのですが、
娘はそのイラストが自分と私にそっくりだと毎回言います。



ぺんぎんたいそう

ぺんぎんたいそう
ぺんぎんと一緒にからだを動かして、みんなで体操ができる絵本

【作者】斉藤槙
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】一緒に体操する

【具体的には・・・】ぺんぎんたいそうは、ぺんぎんが息をすって、はいて、うでを振って、足をあげて、などペンギンが簡単な体操をする絵本です。
動きが単純であることから、娘もペンギンと同じように体をうごかして体操をしていました。
今までジャンプをしなかったのが、
この体操にジャンプするところがある事から、一生懸命ジャンプの練習をしていました。

【父親の感想】
絵本は単純に読み聞かせてやるだけの一方通行的なものと思っていましたが、本を読みながら体まで動かすことができる事が面白いなと思いました。



ぺんぎんたいそう
親子で読んでも2人で体を動かしながら楽しんで読める絵本です!友人へのプレゼントもこの本を贈っています!

【作者】齋藤 慎(さいとうまき)
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】テンションが上がります。

【具体的には・・・】ぺんぎんたいそうはじめるよ〜!と最初のページを読むと、大はしゃぎで絵本の前にきます。
読むと同時に、ぺんぎんがしている動きの真似をしたり、ぺんぎんが腕をパタパタするページでパタパタと腕を動かし、パタパタ!と喋っていました。
何回か読むと内容を覚えてしまい、1人でもぺんぎんたいそうをしています。
誰が読んでも喜んでくれます。

【母親の感想】
子供がぺんぎんのことが好きなので、最初から興味を示していました。
自分で体をうまく動かせるようになった時期に購入したので、ぺんぎんと同じ動きができたのが楽しかったのだと思います。



めろんさんがね・・

めろんさんがね・・
子供の大好きなリズム感で、子供たちがたくさん真似を楽しめる可愛い絵本

【作者】とよたかずひこ
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私が選びました

【当時の子供】
女の子・1歳ごろ

【子供の反応】にこにこ笑顔でずっと眺めています

【具体的には・・・】初めて絵本の真似をするようになった絵本です。
たくさんの果物が最初に出てきて、指をさしをしていました。
「めろんごろん」というワードが出てくると、体を傾けてごろんを表現してくれます。
さらに、「あ!あぶない!」というところでは必ず読んでいる私の顔を見て次のページに期待する表情を見せてくれます。
次に「しんぱい ごむよう!」のページが出てくると、めろんさんと一緒に手を突っ張ってこのシリーズ特有のご無用ポーズを見せてれます。

【母親の感想】
色彩、絵ともにとてもかわいいのでとよたかずひこさんの絵本は大好きです。
リズム感がとてもいいので、子供も覚えやすく真似がしやすいのかなと思います。



めろんさんがね・・
いっしょにめろんさんとめろん、ごろんと転がりながら楽しく読める絵本です。

【作者】とよた かずひこ
【出版社】株式会社 童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳過ぎ。

【子供の反応】めろん、ごろんで絵本と一緒に部屋の中をごろんごろんしてます

【具体的には・・・】めろん ごろん のワードが出てくるとオーバーリアクションで自分自身も部屋の中をごろごろしながら読んでました。
何度も読み返していたので本人もセリフを覚えていて
めろんちゃんが坂道を転がっていく次のページを開くと私より先に絵本のセリフを言うようになりました。
同じ言葉を繰り返すフレーズが多いので子供自身もまだ三歳過ぎで
言葉の数もそんなに多くない分、簡単な繰り返しの言葉は覚えやすかったり発しやすいと感じました。

【母親の感想】
まず絵柄がほんわかしたやわらかいので小さい子にはすごく親しみやすく入り込みやすいのではないかと思います。
簡単な言葉で簡単なお話ですが何度も繰り返すワード
で子供にとっても中毒性ではないですが何度も開いて読みたくなる魅力があると思います。



こぐまちゃんシリーズ

こぐまちゃんおはよう
赤ちゃんの一日を重ねられる、ほのぼのしたこぐまちゃんの一日。表紙を見せるだけでにっこり笑顔を引き出す絵本。

【作者】わかやまけん
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友人からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】表紙を見せると目を細めて嬉しそうに笑う

【具体的には・・・】一番最初に読んであげた時から、飽きずに最後まで聞いていた。
最初にこぐまちゃんが眠そうに登場するページからニコニコ、静かに聞いている。
途中、ぞうさんやきりんさんなど沢山のおもちゃが出てくるシーンでは、手を伸ばして触ろうとするなど、気持ちの変化もみられる。
タイトルにもあるが、おはよう、という挨拶が好きになった。

【母親の感想】
こぐまちゃんの何気ない一日を淡々と綴る内容ではあるが、子供にとってもっとも近しい日常なのだろうと感じる。
日常生活の中でも、絵本に出てくる言葉をつい当てはめてしまう。



こぐまちゃんとどうぶつえん
みんな大好きシリーズ!こぐまちゃんと一緒に動物園に行ってる気持ちになれる絵本

【作者】わかやまけん
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】真剣に聞く

【具体的には・・・】この絵本が置いてあると、子ども自ら読んで読んでと絵本を持ってきていました。
読んでもらっている間は静かに真剣に聞いており、動物の様子によっては笑顔で笑っていました。
また、動物がご飯を食べていると、子どもも口をもぐもぐと動かしてまねをしていました。
祖母に読んでもらうのが好きなようで、家族みんながいても祖母のところに絵本を持っていってました。

【母親の感想】
私自身も子どもの頃よく読んでいたシリーズで、顔の絵はどれも一緒なのに場面によって表情が違っているように見える、一緒の気持ちになれるのがすごいなと思います。



ムーミントロールシリーズ

ムーミントロールと金の葉っぱ
ムーミンと一緒に北欧の素敵な季節を楽しめる仲間と過ごす秋の絵本

【作者】原作・絵:トーベ&ラルス・ヤンソン
【出版社】徳間書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】静かに聞き入る

【具体的には・・・】ともかくおなかにいるときから、絵本の読み聞かせをしていたのでムーミンだと認識しているのかじっと聞き入っていました。
ムーミンの絵本は言い回しが小さな子にも通じるような長すぎない語りかける口調なのがとても子供の興味を引き立てるようです。
大人でも展開が予測できないから一緒に楽しんでいます。
絵に言葉が多すぎないのが聞きやすそうです

【母親の感想】
いつもムーミンには季節感があってよいなと思います。
子供に四季や自然を教えるのにはとても良いですし,いつもさりげない家族の生活感が北欧の温かい雰囲気が楽しめます



ムーミントロールと氷のおまつり
はらはらドキドキ冒険とともに仲間とハッピーエンドで家族で見て楽しい絵本

【作者】絵 トーベ&ラルス・ヤンソン 訳 当麻ゆか
【出版社】徳間書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】静かに聞き入っていました

【具体的には・・・】とても楽しそうに聞き入っていましたが、ムーミンのお話がすすんでいくにしたがってだんだんとドキドキわくわくといったリアクションになっていきました。
絵も可愛いので絵本の絵にも反応をしていました。
ゆっくり読んであげると特によかったようです。
ムーミンの仲間たちがあらわれていくのが面白かったみたいです。
楽しそうでした

【母親の感想】
ムーミンは幼いころにテレビアニメで見ていたのでとても興味がありましたが絵本を読んだのは初めてで、正直最初は面白いのか不安でしたが、絵本をパパとも読んでみて、大人でも続きが気になるような子供だけではなくてよかったです