絵本の感想【がたんごとんがたんごとん】作・安西水丸/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【がたんごとんがたんごとん】作・安西水丸/子供がハマった絵本を412人に聞きました

がたんごとんがたんごとん
親子のコミュニケーションをとるのにピッタリな絵本です!

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
市からもらえる絵本

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】楽しそうに笑ってくれる

【具体的には・・・】楽しそうに笑ってくれます。
とくに、膝に乗せてがたんごとんと揺らしてあげると、体を動かしながら喜んでくれます。
この本は、母親が読むより、父親が読む方が喜んでくれるように思います。
こどもが4?5ヶ月のときに1番ハマっていました。
男の子なので、電車がでてくる絵本ということもあり、楽しんでくれているのではないかと思います。

【母親の感想】
触れ合いながら楽しめる絵本なので、親子のコミュニケーションがとれて、楽しめる、とても良い絵本だと思います。



がたんごとんがたんごとん
「まもなく列車がまいります。かわいいですから、黄色い線までさがって、見学してください」笑

【作者】安西水丸さん
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
わたしの両親からのプレゼントです

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】ニコニコです

【具体的には・・・】まずは真剣に読んでいるこちらをじっと見ます。
わたしが紙芝居風に子供に見せていくんですが、ページをめくるごとに身を乗り出します。
時には自分で絵本をめくりたいのか、絵本に手を出してきてわたしからうばい、自分で持ったり紙を破こうとしたりします。
ちょっと困りますが、もちろんまだ絵本の内容なんて理解できないから、それらの行動を取るのは自然なことですが。
ただ、いつも嬉しそうな顔をするので、絵本というものに興味を持っているなということは分かります。

【母親の感想】
イラスト、ストーリーともにシンプルでかわいいです。
電車が走る様子を「がたんごとん がたんごとん」という言葉で表現しているところとてもわかりやすいし、この発音のリズムが子供も聞いていて楽しいんじゃないかと思います。



がたんごとんがたんごとん
絵に使われている色がはっきりしているのでねんね期の赤ちゃんでも見やすくて、音の繰り返しが興味を引く絵本

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳(6ヶ月以降)

【子供の反応】「がたんごとん」の音の繰り返し部分で笑う

【具体的には・・・】ねんね期は絵本が見えると笑顔になったり大きな声を出して喜んでいた。
歩けるようになってからは、自分で絵本を親の元へ持ってきて読んでほしいと催促することも多い。
繰り返し何度も読むことになるが、回数を重ねるにつれて屈伸をするなど体を動かして喜ぶ。
ページをめくるタイミングがわかってくると自分でページをめくろうとする。

【母親の感想】
話の内容が単純なので子どもが話の流れを理解しやすいだろうと感じてる。
意味を理解できなくても、音の繰り返しが魅力なんだと思う。
絵に使われている色が原色ではっきりしているのでねんね期の赤ちゃんでも見分けがつきやすそう。



がたんごとんがたんごとん
親は何度も読んであげたい!赤ちゃんは大興奮の不思議な魅力の絵本

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
自治体からいただきました。

【当時の子供】
男の子・0歳から1歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】父親が絵本を色々な声色で読むと、「キャッキャ」と声を出して笑い、身体をバタバタさせながら喜んでいました。
まだ、小さかったので繰り返し読んでほしいとアピールすることはなかったのですが、ハマっていた年齢を過ぎてもたまに本棚から持ってきて読んで欲しいと頼むことがありました。
息子が11歳になった今でも家族でたまにマネをして笑うことがある、思い出深い1冊です。

【母親の感想】
とてもシンプルな絵で、色もリンゴは赤、バナナは黄色とわかりやすく、言葉を覚える前の赤ちゃんが見ても楽しめる本だと思います。
同じ言葉が繰り返し出てくるので、その言葉の意味という事ではなく、言葉が音として耳に残るので子供もハマったのではないでしょうか。



がたん ごとん がたん ごとん
乗り物が大好きな子におすすめ!一緒に読んで楽しめる絵本

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1〜2歳ごろ

【子供の反応】真剣な顔をして一緒に読む。

【具体的には・・・】絵本を開くとじっと機関車の絵を見つめて、指で絵をなぞりながら「がたんごとん」と一緒に読んでいました。
ニコニコとしているというよりは、真剣な顔で読んでいました。
膝の上で一緒に読んでいるときに、がたんごとんの声に合わせて膝を動かすととても喜んでくれました。
次第に自分自身でがたんことんと言いながら体を揺らすようになりました。

【母親の感想】
シンプルではっきりとした色合いなので、子どもにも理解しやすい絵だと思っています。
文字も多すぎず同じ言葉の繰り返しなので、一緒に読むのにはとてもいい絵本だと思います。



がたんごとんがたんごとん
優しくてかわいいイラストと「がたんごとん」の音で赤ちゃんの最初の絵本におすすめ

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
言語聴覚士

【当時の子供】
男の子・1歳6ヶ月

【子供の反応】じっと見つめている

【具体的には・・・】1歳半年になる少し前にリハビリ入院をしました。
まだ絵本にそれほど興味がなかった時期でしたが、担当になったベテランの言語聴覚士がたくさん絵本を読んでくださいました。
まだ自分で好きな絵本を選ぶことも出来ませんでしたが、その先生がこの絵本を何回も読んでくださって、自宅でも読んであげようと思い購入しました。
先生がやっていたように、がたんごとん、と言いながら絵本を左右に動かすと少し身を乗り出して目で追いながらじっと見つめています。

【母親の感想】
とてもシンプルで絵がかわいいです。
特に月齢の低いお子さん向けに、最初の絵本のセレクトとしてお勧め出来ると思います。
電車やカップなど、どれにも顔が描いてあるのでそこも子どもが惹かれるポイントなのかなと感じました。



がたんごとんがたんごとん
リズムの良い音に1歳の息子もじっと聞き入る1冊。親子で楽しめる絵本

【作者】安西水丸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】絵本をじっと見つめて聞き入っている

【具体的には・・・】1歳頃から読み聞かせを始めたのですが、がたんごとんがたんごとんというリズムの良い音に興味を示し絵本をじっと見つめるように聞いていました。
また、動物や果物など汽車に乗るものも1歳ころの子供にとって身近なもの達で出てくるたびに「あ!あ!」と指をさして笑顔になっています。
文章も短いので1歳でも最後まで集中して聴くことができます。

【母親の感想】
リズムの良い音と汽車の絵が息子にはハマったようです。
猫や犬・スプーンにコップの登場人物も面白く子供が興味を持ったようです。
読んでいるこちらも楽しくなる絵本です。