絵本の感想【いちにちシリーズ】作:福部明浩、絵:川島ななえ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【いちにちシリーズ】作:福部明浩、絵:川島ななえ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

いちにちおばけ
まず設定がいい意味でありえなくって、さらに絵もいい意味で絵本ぽくなくて読んでるうちに、世界観にはまっていく絵本

【作者】作:福部明浩
絵:川島ななえ
【出版社】PHP研究所

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】びっくりしながらも笑う。

【具体的には・・・】最初は、恐る恐る見てびっくりしながら読み上げました。
2度目からは怖いもの見たさで本人がどんどん読み進めていきます。
中に出てくるお化けの絵が怖いんじゃないだろうかと思っていましたが、今ではかわいいと言うくらいにはまっています。
文もキャッチフレーズのように覚えやすく子供も数回でなんとなく覚えて一緒に声に出して読んでいます。

【母親の感想】
絵が、劇画風で3歳の子には怖いのではと思いましたが、それが逆に子供には楽しい様子。
彩りも目を引かれます。



いちにちうんち
子供ならみーんな大好きうんちの絵本!うんちって意外と奥が深い、、、かも?

【作者】さく:ふくべあきひろ
え:かわしまななえ
【出版社】PHP研究所

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】ゲラゲラ笑い転げて大興奮

【具体的には・・・】なにこれうんちかぶってるー!うんちの絵本ー?と表紙をみただけで息子は興味津々でした。
色々な動物のうんちが出てくるのですが、ゾウのうんちは、、、でっかーい!とゲラゲラ笑ってお腹を抱えて大爆笑でした。
中には大人でもへぇーと勉強になることが書いていたり。
何回も読むうち、セリフを覚えて今では一緒に読んでいます。

【母親の感想】
4歳くらいの子供ってうんち大好きで笑
表紙を見ただけで興味津々でした。
自分から出るうんち、他の動物のはどんなだろう?と次はどんなうんち?と、どんどん興味をひく内容でとてもおもしろかったです。
ちょうどトイレトレーニングをしていて、うんちだけは中々トイレで出来ずおむつだったのですが、この本を読んでうんちもトイレでしてみる!と頑張っています。



いちにちおもちゃ
読み終わったら、おもちゃを片付けに行くはず!おもちゃの気持ちがとてもわかる絵本

【作者】作:福部明浩 絵:川嶋ななえ
【出版社】PHP研究所

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・7歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】前のページに、いちにちなるおもちゃが書かれていて、ページをめくるとそのおもちゃの遊ばれ方が書かれていますが、ページを開いた瞬間に絵が面白く書かれていて大笑いしていました。
身近なおもちゃがたくさん出てきて、文字も短く、読みやすいので、自分で大きい声で読んでいました。
このシリーズはとても気に入ってました。

【母親の感想】
子どもがいつも遊んでいるおもちゃの気持ちが面白おかしく描かれていて、遊ばれる側の気持ちに分かりやすくなれるのがハマった魅力だと思います。