絵本の感想【もうぬげない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【もうぬげない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

もうぬげない
君もこうなった事あるよね?脱げなくなったら、何を思う?

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
私(保育職)

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】「脱げなくなっちゃった〜!」と笑っていました。

【具体的には・・・】服が脱げなくなっている少年を見て、「脱げなくなっちゃったね」と友だちと一緒に笑って楽しんでいました。
最後にお母さんが服をぽいぽいっと脱がせてお風呂にはいるところでは、「すっぽんぽんだあ〜」とケラケラと笑いながら、楽しそうに読み進めていました。
「ぼくもこうなった事ある」と話し、自分の体験も伝えて笑っていました。

【私の感想】
実際に子どもも経験した事が一度はある様子を絵にしていて、子どもたちも想像しやすく、また気持ちも分かりやすくて、共感できるため、楽しめていたように感じます。



もうぬげない
可愛い絵で、あるある!と思える内容でクスっと笑える結末

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】ページを早くめくりたくなる

【具体的には・・・】4歳後半から読み出し、6歳の今でも内容を全部覚えてしまうくらい、自分からすすんで読んでいました。
何回も読んでて内容を覚えているけど、読みながら「こうすればいいのに」とか「何でこうしないんだろう?」と色々と解決策を考えながら読んでいます。
真剣に考えながら読んでいても、やっぱり笑ってしまうのか、クスクス笑いながら楽しそうに読んでます。

【母親の感想】
ちょっとバカらしいけど、あるあると思える内容で共感しながら読める。
単純でクスっと笑える内容が子供心を掴んでいる気がする。



もうぬげない
笑えて楽しい絵本、想像は飛躍してこそ感情が豊かになる絵本

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】 ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】ゲラゲラ笑いながら読んでいた。

【具体的には・・・】最初から絵柄が趣味にあうのか楽しそうに読んでいました。
文字が読め始めた頃に出会った絵本でもあったので自分でよく広げて一生懸命声にだして読み上げていたが、自分で読んでて可笑しくなったようで、笑いながら読み上げていました。
特に「もうだめだおしまいだ」の恰好は当時、風呂場での脱衣時によく真似をしていました。

【父親の感想】
押しつけたり、教訓めいたりしていない点が気に入ってます。
「くだらない」というところが実は凄く大事なところではないかと思います。
日常の起こりうる体験と相俟っているところがハマった魅力ではないかと思います。



もうぬげない
小さい子に読ませやすくみんなニコニコ笑顔になれる絵本

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・6才

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】うちの子供は初めて読んだときから大笑いで、もう一回、もう1回、と読んでと何度も言われました。
何度読んでも飽きずに、おもしろくて絵に指さして笑っていました。
なんでこんなことするんだろー?と聞かれて、
疑問に思うことがあったようです。
今でもたまに読んで、と言われます。
自分でもたまに読んだりしています。
お友達にも紹介したようです。

【母親の感想】
絵や字もさっぱりしていて、余白も多くとても見やすいとおもいます。
読んでいる私も、読みやすかったです。