絵本の感想【ぴょーん】作・まつおかたつひで/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【ぴょーん】作・まつおかたつひで/子供がハマった絵本を412人に聞きました

ぴょーん
たかいたかいという動作がシンプルで抱っこする側も子どももたのしい

【作者】まつおか たつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】親族

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】おおよろこびする

【具体的には・・・】絵本をめくると、かえるなどの動物が出てきて、さらにめくると見開きのぴょーんというセリフにあわせて、子どもをだきかかえて、ぴょーんと言いながらたかくあげてもらうと、けたけた笑っておおよろこびして、なんどもせがんでくる。

【私の感想】
絵柄もシンプルで、ぴょーんという単純なせりふと、かつ子どもが分かりやすい、たかいたかいという動作が魅力



ぴょーん
絵もシンプル!言葉もシンプル!だけど、小さい子供がみるみる笑顔になる絵本。

【作者】まつおかたつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
子供の健診の時に、市からのプレゼントでした。

【当時の子供】
男の子・一歳半頃

【子供の反応】にこにこ笑顔で、一緒になって体を動かす。

【具体的には・・・】色んな動物や生き物が順番に出てきて、ぴょーんと跳ねるという内容。
ページをめくるたびに、動物が変わるので、絵本を読みながら一緒にジャンプする。
絵もシンプル。
言葉もシンプル。
だけど、躍動感があるので、小さい子供でも一緒に身体を動かしながら体感も出来る。
話の内容が難しくなく、みんなが理解できるので、にこにこ笑顔になる。

【母親の感想】
読みやすいし、伝えやすい。
動物たちが順番にジャンプする場面は、一緒に絵本もジャンプさせて読み聞かせる。
わかりやすいところが魅力的。



ぴょーん
短い言葉で、動物や昆虫の名前も覚えつつ親子で楽しめる本です。

【作者】まつおかたつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
義母

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】ページをめくるのを楽しみにしている様子

【具体的には・・・】色々な動物や昆虫が「ぴょーん」と跳ねる絵本になるのですが、娘も一緒になって声を出して、体を動かしています。
お座りをしながら読んでいるのですが、犬や猫などの名前を教えつつ、跳ねるページになると腕をあげたりしているのを見て、とても微笑ましくなります。
最初の頃は、内容や絵に関心があるよりも本を触ってみたり、舐めたりしていただけですが、だんだんと絵にも関心が出てきたり、読み聞かせるうちに楽しいと思っているのか、反応が出てきています。

【母親の感想】
題名が「ぴょーん」だけなので、仕掛け絵本かなと思っていたら、シンプルに犬や猫が次々に跳ねていくといった内容で読み聞かせがしやすかった本です。
中には「カタツムリ」がいて、もちろん飛べないので、「だめか・・」というコメントが書いてあるのですが、ちょっとした遊び心もある作品に温かみを感じました。
最後のページは「わたしも」といって、とびはねるのですが、娘も喜んでいるので、一緒になって楽しめるのはいいなと感じました。



ぴょーん
こどもたちは皆大はしゃぎ!一緒に飛び跳ねたくなる絵本

【作者】まつおかたつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】笑顔で飛び跳ねる

【具体的には・・・】読み聞かせ中に「ぴょーん」という掛け声に合わせて、両手を挙げながら元気いっぱいにジャンプしていた。
満面の笑顔でとても楽しそうだった。
一度では飽き足りず一日に何度も読んでとせがまれる程だった。
5歳になった今も変わらず好きな絵本で、ページをめくると次々に動物達がジャンプしていく様子を面白く思っているようだ。

【母親の感想】
「ぴょーん」という台詞でページをめくっていく繰り返しの作業が読み聞かせをしている親にとっても面白く、またリズミカルに言葉が耳に入ってくることも子供にとっては魅力的なのだと思う。



ぴょーん
ストーリーがまだわからない子どもでも一緒に楽しく飛び跳ねれる遊べる絵本です。

【作者】まつおかたつひで
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】ぴよーん、というページで一緒に飛び跳ねる

【具体的には・・・】ぴよーん、というページで一緒に笑いながら飛び跳ねます。
かたつむりがぴよーんと跳べなくてだめだった…というページでは、笑いながら倒れ込んで一緒に絵本の世界を楽しんでいます。
1歳くらいで渡した時は全然興味を持ちませんでしたが、2歳すぎくらいから急に興味を持つようになりました。
図書館やお友だちの家ででこの本を見つけたら、必ず読んでいます。

【母親の感想】
身体を動かすきっかけになる絵本なので、すごく良いと思います。
ぴょーん、という言葉は子どもも言いやすくて、ストーリー性はないものの楽しめる絵本だと思います。