絵本の感想【おべんとうバス】作・真珠まりこ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【おべんとうバス】作・真珠まりこ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

おべんとうバス
食べ物に興味が湧いてくる絵本。いただきますやはーいのお返事の練習にもなります。

【作者】真珠まりこ
【出版社】ひさかたチャイルド

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知人からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】何度も絵本を持ってくる

【具体的には・・・】絵を指差して食べ物の名前を言って欲しがります。
お弁当の具が描かれていますが、それぞれの名前を呼んで返事をするシーンで、子供も手を挙げて返事をします。
特にブロッコリーとトマトが好きで、食べることも好きです。
ご飯にブロッコリーやトマトを出した後には必ず本を持ってきて読んで欲しそうにします。
最後にいただきますと言うシーンでは自分も勢いよく手を合わせています。

【母親の感想】
絵が可愛くて大好きです。
名前を呼ばれたら手を挙げて返事をする習慣になっていいと思います。
色彩もはっきりしていて、わかりやすい絵本だと思います。



おべんとうバス
乗り物も食べ物も大好きな子どもにピッタリ!繰り返しの表現でお話も上手になる絵本

【作者】真珠まりこ
【出版社】株式会社ひさかたチャイルドシート

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】何度も読んでとせがむ。

【具体的には・・・】何度も読み聞かせをしていたら、(文字を読んでではないが)徐々に覚えて自分で部分的に音読ができるようになった。
バスに乗る登場人物の名前を呼ぶと「はーい」と返事をする内容で、母親の読み方の真似をして短い返事や長い返事など声色を変えられていた。
「えびフライ」など当時の息子には発音が難しかったものも言えるようになったことを今でも覚えいてる。

【母親の感想】
息子は乗り物が好きで食べることも好きなので、身近な食べ物が出てくるお弁当の話はハマりやすかったのだと思う。



おべんとうバス
色彩が鮮やかで、親子の掛け合いが楽しくなる美味しい絵本!

【作者】真珠まりこ
【出版社】ひさかたチャイルド

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】ニコニコする

【具体的には・・・】最初は母が読む声を聞きニコニコしながら聞いていた。
本と一緒に「はーい」と返事をしたりしながら。
字が読めるようになったら自分でアレンジして読むようになった。
好きじゃないものは飛ばしたり、自分の好きな食べ物を乗せてあげたり。
最初に買ったときからとても好きだった。
今でも好きでたまに出してきては1人読んでいる。
最近はお弁当を持って幼稚園へ行くようになったので、お弁当がより身近になって、もっと楽しく読むようになっていると思う。

【母親の感想】
とても簡単で単純ではあるが、話の流れがスムーズで繰り返しなので、理解しやすく子供にはわかりやすいのかと思う。
絵もかわいく視覚的にも赤いバスが目に焼き付くし色彩鮮やかでとても素敵だと思う。