絵本の感想【かくしたのだあれ】作・五味太郎/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【かくしたのだあれ】作・五味太郎/子供がハマった絵本を412人に聞きました

かくしたのだあれ
絵の色彩力が豊かで、大人も子どもも一緒に楽しめる絵本

【作者】五味太郎
【出版社】文化出版局

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】最初は全く興味がなかった様子なのですが、どうやら私の読み方が悪かったみたいでした。
いろんな表現で読むと、キラキラした目で頑張って絵を見るようになりました。
最近ではかなりハマったらしく、自分で絵本に向かって何か話している様子が微笑ましいです。
保育園で先生が読んでくれるらしく、息子は内容がわかるので楽しい様子です。

【母親の感想】
まず、絵の色彩がとても鮮やかで、子どもの目を惹くのは確かです。
すごく想像力を掻き立てる絵本だと思います。



かくしたのだあれ
母親世代も読んだことがある懐かしさ!いつの時代も子どもがハマる名作絵本!

【作者】五味太郎
【出版社】文化出版局

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】静かに絵をじっとみる。

【具体的には・・・】絵本の中の絵を隅から隅までじっとみて物を隠した動物を探そうと頑張っています。
だいたいは正解するのですが、後半のちょっと難しくなるページは、あっていたりあってなかったり……。
3歳になるころにはサッサと正解しちゃうのかなぁと寂しく思いながらも親的には成長の尺度にもなるのかなと思っています。
初見からハマっていた本です。

【母親の感想】
手袋や歯ブラシなど小さな子でもわかるグッズを身体のどこかに隠している動物を探すワクワク感が子どものハマる最大の魅力だと思います。



かくしたのだあれ
親子いっしょに楽しめる、独特な挿絵が記憶に残る遊び絵本

【作者】五味 太郎
【出版社】文化出版局

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・4歳くらい

【子供の反応】指をさして楽しむ

【具体的には・・・】〇〇かくしたのだあれ?という文字とともに、挿絵のなかから該当のものを探す絵本なので、真剣に眺めながら考えて、指をさして楽しんでいました。
母親、父親どちらが読んでも同じように集中していました。
小さいときに購入したので、最初は難しくあまり好んで読みませんでしたが、4歳くらいからしっかり理解できるようになりました。
最近もたまに見ています。

【母親の感想】
元々私自身が五味太郎さんが好きなので購入した絵本です。
かわいらしい絵柄、というわけではないですが味がある絵です。
小さい子供から見ると、そんなに魅力的ではないと思いますが、ある程度大きくなってからは探し方が理解でき、クイズ感覚で楽しめるところが魅力だと思います。