【1歳児がハマった絵本・その4】1票獲得・一覧

【1歳児がハマった絵本・その4】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

はりねずみくんのあかいマフラー
優しいイラストとお話で親子でほっこり優しくなれる絵本。

【作者】はらだよしこ
【出版社】講談社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】イラストを見ながらにこにこ楽しそう

【具体的には・・・】1歳頃から読み聞かせており、初めのうちは可愛いイラストをニコニコ見たり、登場する動物たちを指差したりしていました。
何度も繰り返して読んでいくうちに、主人公のはりねずみくんのイラストと同じような動きをしながら、セリフを覚えて発したり、読み手が読んだ後、一緒に繰り返して文章を声に出して言ったりしています。
2歳になってからはすっかり内容を覚えて、一人でも読めるほど熟読しています。

【母親の感想】
イラストがかわいく、柔らかいタッチで気に入っています。
また、本のサイズが大きめで、絵をじっくり見られることも良いです。
子供は動物が好きだったので、かわいい小動物たちが出てくるのがお気に入りになったような気がします。



ぱん だいすき
ぱんが好きなら大人でもテンションあがる絵本。自分ならどのぱんにするか、子どもと話しながら楽しめる。ついでにお腹も空きます。

【作者】作:征矢清 絵:ふくしまあきえ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1〜2歳半頃

【子供の反応】じっとではないが座っていられる。

【具体的には・・・】図書館で借りた際、食いつきがよかったので購入しました。
ぱんは好きなので、絵本読もうかと声を掛けると、毎回この本を持ってきて何度もリピートで読みました。
言葉が遅かったのですがこの本は発音しやすかったのか、一緒に読んでいました。
描かれているぱんを食べる真似をしたりして楽しんでいました。
今でもたまに思い出したように自分で読んだり、読んでと頼まれます。

【母親の感想】
本を破いてしまう事が多々あったのですが、この本含め0.1.2えほんシリーズは厚紙のページなので破かれることもなく、そういった意味でも安心して読める絵本でした。
出てくるぱんの絵がリアルすぎず、温か味のある描写で毎回パン屋さんに行きたくなるようなところも子ども的には良かったのかもしれません。



パンダのあかちゃんおっとっと
おっとっと〜」と思わず身体が動き出す!かわいい絵のタッチと動きに赤ちゃんも夢中になる絵本

【作者】作:まつもとさとみ
文:うしろよしあき
絵:わたなべさとこ
【出版社】角川

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1才

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】「おっとっと〜」と立ち上がり、その後転ぶところまで一緒になってマネをしていました!繰り返し出てくるセリフの「おっと とっと おっとっと」はすぐに覚え、そのセリフが出てくるたびに笑い転げていました!次々と出てくる動物も好きで、最後のシーンでは「みんなともだちでよかったね〜」と嬉しそうな様子は今でも忘れられません。

【母親の感想】
まず何よりも絵のタッチが優しくてかわいい!また、動物の赤ちゃんがおっとっと〜と転ぶ姿は、1才のよちよち歩きの娘と重なるようで、とても愛らしく感じられました。
繰り返しのセリフでぐっと子どもの心をつかんだと思います!



ぴよちゃんとさわってあそぼ!ふわふわだあれ?
赤ちゃんの好奇心をくすぐる!ふわふわとかわいいイラストでママも癒される絵本

【作者】いりやまさとし
【出版社】学研プラス

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】ふわふわを触ってきゃっきゃと喜ぶ

【具体的には・・・】表紙から始まり、各ページにふわふわの動物が登場してきます。
初めはふわふわの部分を触ってきゃっきゃと喜ぶだけでした。
何度か本を読み返していくうちに、かくれんぼの要素が理解できるようになり、ふわふわの色、形からどんな動物が隠れているのかと考えるようになりました。
いないいないばあのように、ページをめくると、「ばあ!」というようになり、触覚だけでなく、発語も刺激してくれる絵本でした。

【母親の感想】
表紙のぴよちゃんのイラストがとても可愛く、言葉の話せなかった娘も「ぴー、ぴー」(ひよこのこと)と発語するようになりました。
イラストの可愛さ、ふわふわの色、小さな子供にも持てる大きさが魅力だと思いました。



ピンポンバス
二人の息子がピンポン バスの降車ボタンを押す真似をして終始たのしそう。ピンポーンにはまってて、遊びの中でもよくピンポンって言ってる。

【作者】竹下文子
【出版社】僭成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・一歳と4歳

【子供の反応】楽しそうに真似をする

【具体的には・・・】バスの降車ボタンを押すシーンの度にピンポンと真似をしていいます。
本を読んでいる間も終始たのしそうです。
弟と二人でピンポンとボタンを押すふりをしながら毎回ページをめくるのをいまかいまかと待っています。
4歳の子が小さいときから好きでしたが、いまは視点がかわってきて絵の中になにがあるかなどにも注目してみるようになってきました。

【母親の感想】
ピンポンと降車ボタンを押すシーンの繰り返しですが、今度はどこにとまるのかな?というところに子供はたのしそうです。
また、停まるだけではなく手を振ったりするシーンもあり飽きない工夫がされています。



ぶーぶーぶー
車の色と音で楽しく読み聞かせ。一緒に読んでママも子どもも笑顔になれる絵本

【作者】作:こかぜさち 絵:わきさかかつじ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】一緒に声を出し、笑顔になる

【具体的には・・・】車が出てきて、「ぶーぶーぶー」と読む場面では車を指差し、笑顔になって一緒に読んでくれました。
最後に大きい車が「ぶわーん!」と出てくるのですが、その時に絵本を子どもに近づけると躍動感が出て面白いのか大爆笑してくれていました。
赤・青・黄・緑の車が登場するのですが、2歳になってからは「あか」などと自分で言って指差しをして色を覚えていました。

【母親の感想】
絵の雰囲気がシンプルではっきりとした色を使用されているので、0〜2歳の子どもに魅力的にうつるのだと思います。
ぶーぶー、ぶわーん、カタコトなどの擬音が多いのも良い点だと思います。



ぶたにしましまあったっけ?
動物に興味を持ち始めた子にぴったり。絵本がかわいくとぼけてくれます。

【作者】作・絵:メラニー・ウォルシュ訳:なぎ・ともこ
【出版社】あすなろ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母方の祖母

【当時の子供】
男の子・1歳半

【子供の反応】知っている動物を指さしてあ!あ!と私に教えてくれる

【具体的には・・・】1歳代の頃は、知っている動物が出てくるたびに嬉しそうに指さして私の顔を嬉しそうに見ていました。
2歳になってからは、あ!ぞうさん!これはきりん!など知っている動物を教えてくれたり、違う時には「ちがうよ?」と笑いながら聞いてくれます。
とくにぞうさんの足がお気に入りのようで、像の足が出ると得意げに「ちがう!これはぞーたん!」と私に教えてくれます。

【母親の感想】
絵本がわざとボケることが子供にいい刺激になっているようです。
違う!と分かった時に優越感を感じているような初めての表情を見れたのもこの絵本でした。



ブルーナのおふろえほん1-ミッフィーだいすき
大人が自分の体を洗っているあいだ、湯船で大人しくしといてくれる絵本!

【作者】ディック=ブルーナ
【出版社】講談社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖父母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】お風呂で遊ぶ

【具体的には・・・】お風呂で大人しく自分で本をめくってくれます。
お湯に浸けると色が変わるので、はじめはそれが目新しく興味をひいていたようなのですが、どうやら手触りがすきなようで、少し大きくなった今でもたまにお風呂に持って入って頬ずり?しています…。
0歳児のときに祖父母からもらったものですが、1歳ごろから普通の絵本としてお風呂の外で使用したりしていました。

【母親の感想】
ミッフィーのお風呂絵本シリーズすべてを持っていて使用するのですが、おそらく子供は手触りが好きなのだと思っています。



ぼうし とったら
大人も子どもも、体を使って心から笑って楽しめる絵本

【作者】さく:tupera tupera
【出版社】学研

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
本人(先生)

【当時の子供】
男の子・1〜2歳

【子供の反応】帽子
帽子をとる時、読み手と一緒に「どっかーん」と声を出しながら、ジャンプする。

【具体的には・・・】まだ話ができない子どもだったが、絵本を取り出すと足をバタバタして喜んでいた。
表紙をめくり始めると、床に座り真剣な表情で絵本を見ている。
読み手の「ぼうしとったら〜」に合わせて「ら〜」と声を出し、しかけとなっている部分をわくわくしながらのぞき込んでいた。
「どっか〜ん!」としかけをめくると、「か〜ん!」と言いながら、「キャー」と大喜びしていた。

【私の感想】
絵本から伝えることは沢山ありますが、初めからじっとみていることも難しく、また絵本を読むことに慣れていない大人も、子どもと楽しみながらコミュニケーションを取っていける魅力があると思います。



まんまんぱっ!
赤ちゃんが言葉を習得し、自ら様々な自己表現の仕方を工夫して楽しむ絵本

【作者】長野麻子さく、長野ヒデ子え
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・一歳頃

【子供の反応】読む度に覚えて繰り返す

【具体的には・・・】初めはただじっと見つめていましたが、何度も読むとだんだんと展開を覚え、一緒になって声を出して読むようになり、さらには1人で読むほどになりました。
子どもが、声に抑揚をつけたり、身振り手振りで自分なりの表現をしながら楽しんで読み、読み終わるとすぐに「もう一回!」と人差し指を立て、何度でもエンドレスで読んでいました。

【母親の感想】
ちょうど言葉を覚えて話し出す一歳頃。
喃語のような言葉の繰り返しが、発音しやすくて良かったのだと思います。
また、絵もカラフルで分かりやすく、言葉から連想されるものをイメージしやすいのも魅力的でした。



みっこちゃん
すごく単純だけど、そこが子どもにも分かりやすくて良い!

【作者】にしむら あつこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・1歳〜2歳半ころ

【子供の反応】何度も読んでとせがむ

【具体的には・・・】くすぐられるのが好きな息子は、この本の女の子がお母さんにこしょこしょされてアハハと笑う件が好きで、そのページになると真似っこして〜、と必ず言われました。
0.1.2シリーズはページが厚紙なので子どもでもめくzりやすいのか、自分でページをめくっていました。
一日この一冊で終わるのではと思うくらい、一時期はまっていて、何度もリクエストされました。

【母親の感想】
絵本を破いてしまう事が多々あったので、0.1.2シリーズはそういった意味でも、親としても安心して読む事が出来ました。
絵も大きく、家族構成も明確、かつうさぎのぬいぐるみや飼い猫もいて、子どもが好きな要素が詰まっていたのがはまった理由かなと思います。
みっこちゃんを通して、自分の生活を客観的に見られたところも良かったのかもしれません。



ももんちゃん し〜
言葉を話始めた子供にピッタリ!!真似っこして何回も読みたくなる絵本

【作者】とよた かずひこ
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1才〜2才

【子供の反応】笑顔になりポーズをします。

【具体的には・・・】主人公のももんちゃんが絵本の中で、何度か「し〜」と言って人差し指を口元にあてるポーズが出てくるのですが、
その場面になると娘も必ず「し〜」と言って、同じポーズをしていました。
また、動物の鳴き声や足音などのシーンがあるのですが、
同じようにその場面になると、必ず声に出して読んでいました。
この絵本は読み始めると何度も「もう一回もう一回」と読んでとおねだりをしてきました。

【母親の感想】
私はこの絵本は絵がとっても可愛いと思います。
特に主人公の見た目は人間の赤ちゃんに似ていて、とても母性がくすぐられます。
子供がハマった魅力は、真似のしやすさだと思います。
一語が出始めた子供が真似をしやすいので、すぐに内容を覚え真似をし始めました。



りんごがドスーン
様々な動物たちがりんごを食べて笑顔になり、それをみた子供も笑顔になる絵本

【作者】多田ヒロシ
【出版社】文研出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母(主人の母)

【当時の子供】
女の子・1歳後半〜2歳台

【子供の反応】ニコニコして「わぁー」と楽しそうに声を上げていました。

【具体的には・・・】色んな動物が大きなりんごのところにやってきて、いろんな食べ方をする内容なのですが、
動物の食べ方の違いにニコニコしたり声を出して笑っていたりしていました。
最後には中身の上と下が残った状態のりんごを、雨をよける傘代わりにして
動物たちが仲良く雨宿りしているのを見て、「よかったね」と満足そうに見ていました。

【母親の感想】
絵がほのぼのしたタッチで可愛らしく、いろんな動物(蟻や蜂、もぐら、うさぎやりすや豚、たぬきやきつね、わに、きりんと象、ライオンと熊など)が出てきて
その動物にあったような食べ方をしているので、同じような場面でも動物ごとの違いが分かったのが飽きずに楽しめたのかな?と思います。



黒くまくんトイレでちー!
隅々までカラフルでかわいらしく小さいな子供が読んでも楽しめる絵本

【作者】たかいよしかず
【出版社】くもん

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
親戚

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】静かにじっと聞く

【具体的には・・・】誰が読んでも喜びます。
最初はそんなにはまっていなくて飛び出す絵本にはまっていたのですが1歳過ぎた辺りから静かにじっと聞いていたかなーと思うといきなり違うページをめくりだし、自分の好きなページになるともう一回とううっと声にだして同じページをよんでとせがんできます。
面白い表現なのかちー!とかポトんとかの音だとふふっと声にだして笑ってくれます。

【母親の感想】
どのページをめくっても、とてもカラフルで子供が好きそうな絵柄と表現だなと思います。
小さいなこが分かりやすく読めます