【0歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧

【0歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

That's not my hedgehog…
色々な触感を経験できる本!そして絵がかわいくて大人も癒される。

【作者】作:Fiona Watt 絵:Rachel Wells
【出版社】USBORNE

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
お隣さんからおさがりで頂いたもの

【当時の子供】
男の子・6ヵ月

【子供の反応】真剣にページを触っている

【具体的には・・・】この本は英語のしかけ絵本で、様々な触感を感じることができる本です。
息子はよく自分でこの絵本を選んで私や夫に「読んでー。」というように持ってきます。
ふわふわだったり、つるつるだったり色々な触感がしかけられた本なので、月齢が低い頃から触ったり舐めたり噛んだりして遊んでいました。
1歳の今でも好き、よく一人で集中して読んで(遊んで?)います。

【母親の感想】
私もこの本が大好きです。
絵が可愛いし、内容も日本人の私にとって読みやすい簡単な英語だけなのでポイントが高いです。
やはり魅力はただの紙の本ではなく、ページごとにフェルトやふわふわした布が貼ってあるので、子供にとっては面白いことです。
親にとっての魅力は子どもの触覚を鍛えられるという部分です。
子供にとって面白いということが一番ですが、やはり親は知育になればいいなと思うものです。



あかあかくろくろ
絵本のページに挨拶をしたくて持ってくる絵本!むしろ最初からそのページを開いている!

【作者】かしわらあきお
【出版社】Gakken

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】言葉に反応して動く

【具体的には・・・】あかあかりんごこんにちはという部分で必ずこんにちはと頭を下げてくれます。
また、猫が出てくるのですが、指をさして反応しています。
鳥やてんとう虫、ありにも興味があり、一つ一つ指をさすこともあります。
最後のページで穴が開いている部分があるのですが、指を入れて自分でページをめくったり、ページを戻したりとめくると絵が変わる事を確認しているようです。

【母親の感想】
ぱっとみての赤、黒、白の分かりやすい色が見やすいと思います。
自分以外の生き物を少しずつ認識し始めたので、顔の付いている生き物に興味があるのだと思います。



うるしー
シンプルな内容で子供と一緒に手品を見ている気分になれる本。幼児向けの本だけど、エンターテイメント性が強い!

【作者】作:ロロン 監修:開一夫
【出版社】株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私の友人からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・7カ月頃から

【子供の反応】泣いていても「うるしー読もうか。」と言うと笑顔になって、嬉しそうにこちらへ来ます。

【具体的には・・・】機嫌が悪いときでも、絵本を見せたら嬉しそうに体を動かしてこちらに来ます。
月齢が低い頃はあまり反応を示さなかったけれど、1歳の今でも大好きです。
この本だけに限りませんが、息子は自分でページめくるのが好きでいつも先へ先へとページをめくり、読むのが追い付かないことがあります。
特にこの本は、バナナのページをめくって本物のバナナを食べたいと主張できるので気に入っているみたいです。

【母親の感想】
姪っ子も大好きだった絵本なので、息子が生まれる前から知ってはいました。
実は絵は私のタイプではないのですが、内容がとてもシンプルで好きです。
子どもと一緒に「なにがでるかな?うるうるうるしー!」と叫びながら読め、まるで絵本というよりも実際の手品を見ている感覚になれます。
これから月齢が上がっても、まだまだ一緒に楽しめそうです。



おともだち
子どもが表情豊かになる、読んでいて温かくなる絵本。

【作者】いせひでこ
【出版社】理論社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】静かに絵を見ている感じ

【具体的には・・・】ほとんど字のないイラストだけの絵本ですが、絵の様子を私が読み聞かせている感じです。
絵本の中に出てくる男の子が走って転んでしまう場面では、息子は両手で顔を覆ってびっくりした素振りを見せてくてます。
机から飲み物をこぼしてしまうシーンでは、どうしよー!っといった反応であったり、表情豊かになるお話で大好きのようです。

【母親の感想】
イラストのタッチが、とても柔らかくて、小さい子どもの仕草もすごくリアルで可愛いところがとても気に入ってます。



おばけのちーちゃん
寝かしつけの練習にぴったり。寝る前の一冊におすすめ。

【作者】清水悦子
【出版社】永岡書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】


【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】わらう

【具体的には・・・】主役のおばけがあくびをしている絵を見せるとにこにこしながら真似をして大きく口を開ける。
特に見開きいっぱいにおばけの絵があるページがお気に入り。
棚の上に置いておくと読みたがって一所懸命取ろうとして背伸びをしてる。
ねんねのための絵本なので夜寝る前に読むけれど、何回も読みたがって中々寝てくれない日も多い。

【母親の感想】
子供の名前と同じなので読み聞かせるのが楽しい。
絵がカラフルでいろんな動物のキャラクターが出てくるのが子供も楽しいと思う。



おふとんかけたら
やさしい言葉づかいで子どもたちを笑いの渦に巻き込む絵本

【作者】かがくい ひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私です。初めての絵本に選びました。

【当時の子供】
男の子・生後、数か月後から読み聞かせをし、1歳〜2歳くらいまで。

【子供の反応】ケラケラとたのしそうに笑います。

【具体的には・・・】本当は寝かしつけのために読みたかったのですが、「おふとんかけたら」を読み始めると楽しくてたまらないらしく、ケラケラを涙が出るまで笑います。
よって寝かしつけにはふさわしくなかったようです。
特に小学生のいとこが読んであげたら、足が折れるのではないかと思うくらい足をバタバタさせて大笑いしていました。
だんだん内容を覚えてくると、私が読んだあとに次に何がくるのががわかり、得意げに教えてくれました。

【母親の感想】
単語がシンプルで、そして例えば「たこさん、たこさん」と2回繰り返すので、子どもにとって印象が強かったのだと思います。
言葉も「●●さん」とやさしい感じです。
そして絵が、なんともかわいらしく、意外なモノたちもお布団でおねんねしているので、面白かったのだと思います。



かおかおばあ
赤ちゃんの視点でしっかり作られていて0歳児にも伝わりやすい表情と表現の絵本。グズった時はこれ!となるほどお気に入りの絵本でした。

【作者】作:山口 真美
実験監修:金沢 創
絵:ミスミ ヨシコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・0歳〜2歳

【子供の反応】脚をジタバタさせたりニコニコ笑う

【具体的には・・・】初めて読んだときからこれを読むと笑顔になり、少しグズったときもこれを読むとご機嫌に。
なんとなく目が見えだした頃からカラフルな色に興味深々で「ばあ!」と言うページでは声を出して笑ったり脚をバタバタさせて喜んでいました。
一歳頃からはページの真似をしたり色を教えてくれたり今でも「これよむ!」と持ってくるお気に入りの絵本です。

【母親の感想】
色がカラフルではっきりした色なので子供も大人も見ていて楽しい!色々な表情の顔を見て段々とどういう感情の時の顔なのか、理解できるようになり楽しいようです。



かわいいあひるのあかちゃん
読み終わるころには、スムーズに子供も眠りにはいれるはず!あひるのあかちゃんのかわいい一日です。

【作者】作:モニカ・ウェリトン、訳:たがきょうこ
【出版社】徳間書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳〜1歳

【子供の反応】ニコニコしながら、次はどうなるか、わくわくしながらじっと聞く。

【具体的には・・・】あひるのあかちゃんが朝起きてから、夜寝るまでの一日を描いた本です。
『おしりをぴこぴこぴっ』『ぱたぱた』など、音の表現の響きがおもしろいらしく、そのような音が出てくると、けたけた笑っていました。
そして、次はどうなるかのかを真剣に聞き入っていました。
最後あひるのあかちゃんが眠りにつくと、子供にもおやすみなさいといって、寝るようにしていました。
何度も繰り返し読みましたが、3歳くらいに大きくなると、妹にも自分で読んで、読み聞かせをしてあげていました。

【母親の感想】
あひるのあかちゃんの絵がかわいく、兄弟によっても動きがちがったりそれを絵本の中に見つけるのが楽しい。
音の表現の響きがおもしろく、かわいかったところです。



ぐうぐうぐう
同じ音の繰り返しが乳幼児には心地好いようで読んでいる内にこちらも楽しくなってきます。

【作者】五味太郎
【出版社】文化出版局

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳〜1歳

【子供の反応】じっと本を見る

【具体的には・・・】くじらの絵が気に入っていたのか、青色が良かったのか繰り返しの音が良かったのか今では分かりませんが、どんなに泣いていてもその絵本を読むと泣き止みました。
同じ作者の絵本も気に入ってはいましたが、他の絵本では駄目でその絵本限定で泣き止みました。
機嫌が良い時でもその絵本を開いて読むとじっと見て集中している感じでした。

【母親の感想】
繰り返しの連続なのにストーリーを感じさせる。
かわいい絵柄と繰り返しの音が子供には魅力的だっのではないでしょうか。



シナぷしゅ ぷしゅぷしゅへんしんな〜んだ?
カラフルで可愛いぷしゅぷしゅが赤ちゃんを夢中にさせる!何に変身するのか子どもと考えるのが楽しくなる絵本

【作者】しみずたかはる
【出版社】株式会社大泉書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】じっーと見つめたり、たまにひとりで笑ってます。

【具体的には・・・】元々シナぷしゅが好きだったので、買ってあげた時すごく喜んで笑っていました。
その後もずっと本を見ているので、そろそろ止めさせようと思っても、中々離そうとしないので、よっぽどお気に入りなんだなと思います。
今でも絵本を持ったまま寝たり、私に読んで欲しいのか、絵本を持って来て読んで欲しそうにすることもあります。

【母親の感想】
登場するキャラクターが親しみやすく可愛いので、大人の私も魅力的に思います。
色もカラフルなので、子どもにも見やすくハマったのかなと思います。



スライムぴぴぴ
カラフルなスライムたちに赤ちゃんも両親も夢中!目でも耳でも楽しめる絵本

【作者】作:原ペコリ
【出版社】スクエアエニックス

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】絵本をじっと見つめる

【具体的には・・・】動くのが大好きでじっとせず動き回っている娘が、この絵本を開いた時は動かず真剣な眼差しで絵本を見つめている。
スライムが大きくなるページではめくると笑顔になり何度もめくるようせがんでくる。
0ヶ月の頃から読み聞かせていたが5ヶ月頃からお気に入りになり始め10ヶ月になった今も本棚から自分で取り出してくるほど気に入っている。
両親が読む時も勿論楽しそうだが祖父母が読んだ時もじっと楽しそうに聞いていた。

【母親の感想】
ゲーム好きの父親にも読み聞かせをしてもらいたいと思い購入したが、予想以上に娘が気に入ってくれた。
白黒ベースのページに彩度が高い色や原色のスライムがカラフルに描かれていて低月齢の赤ちゃんでも見やすいようになっている。
また「ぴぴぴ」「びよーん」など赤ちゃんの好きな破裂音も多く使われておりリズミカルで読みやすいところも気に入っている。
私も主人も楽しく読み聞かせができている。



だっしゅん
2歳で本が読めちゃう?!親子で一緒に楽しく発音できる本

【作者】作:稲田大祐
絵:フクバリンコ
【出版社】永岡書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私が購入

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】一緒になって読もうとする

【具体的には・・・】0歳の頃は本をじーっと見つめ、子供が開いたページを読んであげる感じでした。
1歳の頃は一緒にページをめくりながらキャッキャと楽しそうに読んでいました。
2歳になった今は私に読んでくれるようになりました!
『だっしゅん』は赤ちゃんが発音しやすい文や絵になっているので、子供自身が読んで楽しい本になっていると思います。

【母親の感想】
想像力や表現力が広がる絵本だと思っています。
大人が思い付かないような発音で表現されていて、最初は読むのが難しいなぁと思っていました。
ですが子供にとってはその発音が面白いようで私と一緒になって発音しようとしてくれました。
大人と子供が一緒に発音しながら読めるところが魅力だったんだと思います。



たべるのだあれ?
動物のお食事シーンに0歳児も釘付け!食べることに興味を持たせるのにぴったりな絵本です。離乳食期のベビーちゃんにもおすすめ!

【作者】すぎはらけいたろう
【出版社】東京書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・0〜1歳

【子供の反応】ケラケラ笑う

【具体的には・・・】絵本をもらった当初からハマっており、1歳10ヶ月になった今でも娘の好きな絵本上位5冊に入るくらい気に入っています。
○○食べるのだあれ?の問いかけに嬉しそうに毎回手を挙げてくれ、動物と一緒にもぐもぐ口を動かします。
仕掛けをめくる度声を出してケラケラ笑ってくれるのでこちらも嬉しくなります。
ごちそうさまでしたもこの絵本のおかげでできるようになりました!

【母親の感想】
動物のお口がもぐもぐ動く様子が面白いようです。
口の中に食べ物が入っている様子まで見えてリアルなのも子どもに響くのかなと思います。



でてこいでてこい
何度でも、繰り返し言いたくなります。「でてこい でてこい」

【作者】はやしあきこ
【出版社】福音館出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖父&祖母

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】真剣に見て、聴いている様子。

【具体的には・・・】「でてこいでてこい」というフレーズをいうと嬉しそうにしていました。
絵本の絵を見て手でバンバン叩いて、読んでと言っているかのような仕草をよくしていました。
リクエストに応じ、読んであげると真剣に見入っていました。
何度読んであげても喜んで楽しんでくれていました。
少し大きくなっても何度も読んで欲しいと持ってきました。

【母親の感想】
何度も出てくる「でてこいでてこい」というフレーズのリズムが好きなのかなと思いました。
それとカラフルで大きく描かれた絵もとても可愛いらしいです。