絵本の感想【ノラネコぐんだんシリーズ】作・工藤ノリコ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【ノラネコぐんだんシリーズ】作・工藤ノリコ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

ノラネコぐんだんきしゃぽっぽ
ドキドキワクワク楽しみながら、親に読んでもらったり、子どもが自分で読んだり出来る絵本です。

【作者】工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】ケタケタ笑っています。

【具体的には・・・】寝る前に読む本で一番多く持ってきた絵本です。
ワクワクしながらいつも聞いていて、最後は「どっかーん」と大爆発するところが大好きみたいです。
「どっかーん」のページになると、子どもがページを戻して、もう一回っと催促してきます。
「どっかーん」のところでケタケタ爆笑しています。
小学生になっても、たまに絵本読んで?っとこの絵本を持ってきます。
小学3年生くらいまで読んでいました。

【母親の感想】
私はこの絵本をとても良い絵本だと思います。
いたずら好きの猫たちの悪さが爆発とともにバレて反省するところは、子どもたちに分かりやすく、面白く伝えてあると思います。
簡単な分かりやすい文で、面白く描かれているところに子どもは魅力を感じたと思います。



ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ
かわいいキャラクターとハラハラおもしろで次のページが気になる絵本

【作者】作:工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】声を出して笑う

【具体的には・・・】焦ったり、声を出して笑ったりする。
表情もそれに合わせてハラハラしたり、笑顔になったりした。
母親(私)が読むと特に感情移入して楽しんでいたようだった。
最初からキャラクターに対し、可愛いと思ってくれていた。
今でも工藤ノリコさんの本を見つけると、ノラネコぐんだんきしゃぽっぽの話をするし、何度も図書館にて借りていた。

【母親の感想】
やはり、キャラクターの愛らしさやそんなことして怒られないかなぁと心配になるものの、わくわくして次のページをめくりたくなる内容であるところに魅力を感じました。



ノラネコぐんだんそらをとぶ
絵がかわいいハチャメチャいたずらノラネコの物語。定番の決り文句で子どものテンションマックス!

【作者】工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人の兄

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】テンションが上がって真似を始める。

【具体的には・・・】何度も自分から読んでくれとせがむ。
また私が読んであげられないときは自分でページをめくりながら、宇宙語で1人ブツブツ言いながら雰囲気で読み進めていく。
どかーんというセリフの部分だけはよく覚えていて、テンションが上がって本を投げながら立ち上がって笑顔になる。
最初からハマっていて、今でもシリーズ全て何度も読み返している。
特にこのそらをとぶが好きで、浮き輪など絵で出てくる細かい単語はこれで覚えたくらいだ。

【母親の感想】
私もこのシリーズ(ノラネコぐんだん)が大好き。
ハチャメチャだし、なにやってんだろーと思うことばかりだけれど、起承転結がはっきりしており、わかりやすい。
どかーんという共通語があるのがハマった理由だと思う。



ノラネコぐんだん ケーキをたべる
可愛らしいキャラクター達が織りなすシュールなお話。家族みんながクスッとなる楽しい絵本

【作者】工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼントです。

【当時の子供】
男の子・3歳0ヶ月からずっとハマっています。

【子供の反応】ずっと笑顔で見ています。

【具体的には・・・】何故か初めて読んだ日からタイトルを読んだだけで、まずはくすくすと笑います。
これから始まる物語が楽しみで仕方ないという感じです。
ノラネコぐんだん達がまめつぶを噛むと、どっかーんと爆発するシーンがあるのですが、そこで必ず大爆笑します。
テンションが高いと自分も爆発したかのようにジャンプをします。
終わった後も必ず「もう一回読んで」と言ってくる唯一の絵本です。

【母親の感想】
絵が可愛くてほっこりします。
物語もシュールで親である私も思わずクスッとしてしまいます。
難しい言葉も出てこず分かりやすいお話なので、子供も聞きやすいのが魅力だと思います。



ノラネコぐんだん おすしやさん
コミカルで分かりやすい!子供はもちろん気づけば大人も「ノラネコぐんだん」の虜になること間違いなしのユーモア溢れる絵本です。

【作者】工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】テンションが上がる

【具体的には・・・】笑ったり、驚いたり、時には怒ったりしながら自分で声を出して読んでいます。
また、読んでもらう時はワクワクが目に見えてわかるくらい目をキラキラさせながら集中し、お決まりのオチで大爆笑!お寿司と猫好きの娘がこの本をきっかけに毎日違う「ノラネコぐんだんシリーズ」を借りてくるようになりました。
よほど面白かったようです。

【母親の感想】
文字が少なめで比較的分かりやすい文章が文字を覚えたての娘には丁度よく、無理なく読めて理解できるという点が親子共々ヒットしハマった絵本になりました。
また、ストーリーの流れとオチが大体同じなので「次にこうなるだろう」という子供の予測通りに物語が進み「ほら、やっぱり!」となるところも面白いようです。



ノラネコぐんだんカレーライス
言葉の表現が学べる!面白くて笑えて、癒される絵本です

【作者】工藤ノリ子
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】ギャーとかドっバーンとかガルルル〜とかニャーとかいう言葉が多くてまねしていました。
トラから逃げて滝から落ちるシーンではゲラゲラと笑っていました。
カレーも好きなので、作るシーンでは野菜をあらう・おこめをたく・エビをつるといって一緒になって作っていました、感情移入してノラネコの気持ちになっていたかもしれません。

【母親の感想】
話し方がおもしろく書いてあるので言い方を普段の話し方と変えてよんでいました。
その読み方がおもしろかったのかゲラゲラわらっていました。
可愛くて憎めないノラネコのキャラクターに癒されるところが魅力的です



ノラネコぐんだんパンこうじょう
色使いが綺麗でノラネコぐんだんのやらかしっぷりが面白い

【作者】工藤ノリコ
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】ねこを見ながら静かに聞いていた

【具体的には・・・】ねこが好きだったのでなんとなく買ってあげたのが始まり。
お話を読み聞かせるとノラネコたちが夜中にパン屋に忍び込んで悪さをしても最終的に失敗してお店を爆発させて、店主に見つかり正座させられて怒られるのが面白いらしい。
字が読めるようになり、小学1年生になった今でも自分で読んで、決まった箇所でケラケラ笑っています。

【母親の感想】
起承転結がはっきりしているので大人でも楽しめる。
子供はノラネコぐんだんが悪さしても最終的に怒られるのがパターン化しているのが分かっていても面白いらしい。