【2歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本

【2歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本を412人に聞きました

いつもいっしょに

いつもいっしょに
絵が可愛いですし内容が喋れ無いうさぎがいつもニコニコしているのが癒やされるなと思いました。

【作者】作:こんのひとみ 絵:いもとようこ
【出版社】金の星社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
親戚からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】静かに真剣にじっと聞いていた。

【具体的には・・・】一回目を読んでいるときはじっと聞いています。
2回目はクマとうさぎが栗拾いしている所の絵を見てこれ何と栗の事を聞かれました。
眠れないと言う言葉が何度も繰り返しあるのですがいっしょに眠れないと真似して言うようになりました。
最後のドーナツをクマとうさぎが食べてる絵を見てドーナツいっぱいと喜んだりドーナツ食べたいと毎回同じ事を言っていました。

【母親の感想】
喋れないうさぎを見て赤ちゃんも上手く伝えられないのでうさぎを赤ちゃんと重ねてくまを母親の自分と重ねて教訓にしていました。



いつもいっしょに
いつもありがとうと素直に思える絵本、自分の振り返りにも。

【作者】こんの ひとみ 作
いもと ようこ 絵
【出版社】金の星社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
幼稚園からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・6歳ごろ

【子供の反応】感情移入して泣く

【具体的には・・・】初めて読んだ時は悲しいシーンで先に進めなくなり、なだめながら読みました。
2回目からはハッピーエンドとわかっているので号泣とまではいきませんでしたが、それでも悲しくて泣いていました。
そばにいてくれる人や物の大事さを痛切に感じるようで、読み終わった後はよくぬいぐるみやおもちゃに「〇〇は宝物だよ」など話しかけていました。

【母親の感想】
いつもそこにあると、そこにあるのが普通になってしまって、そのありがたさを忘れてしまいがちになるなぁと、大人もハッとさせられる絵本でした。



うみへいくピン・ポン・バス

うみへいくピン・ポン・バス
さぁ!バスに乗って海に出発です。バスの中からは、何が見える?どんな音がする?どんな香りがする?親子で探検に出てみてください。

【作者】竹下文子・作
鈴木まもる・絵
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】静かに真剣にじっと聴いています。

【具体的には・・・】ピン・ポン・バスの続編のこの絵本は、男の子が大好きな電車とバスがたくさん絵で出てきます。
小さい年齢でも、乗り物を指で指して喜びながら読むことができます。
ピンポンにという音に、子どもは喜んでくれるはずです。
実際にバスに乗りたくなります。
読むたびに、ボタンを押すマネをしたりするのがとても可愛らしいです。
6歳になった今では、自分でよるようになりました。

【母親の感想】
なんと言っても乗り物がたくさん出てくるところだと思います。
絵もとても可愛らしいです。
実は、乗り物だけではなく商店街や人々の絵も魅力的です。



うみへいくピンポンバス
ピンポン!次はどこに停まるかな?2歳の男の子が何度も読みたがるバスの旅!

【作者】作:竹下 文子 絵:鈴木 まもる
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】静かに集中して聞く

【具体的には・・・】バスが一つずつ停留所を経由しながら終点の海へ行か話です。
街中から徐々に海へ近づく中で、消防署や工事現場など、子供が好きなものが出てくると指を指して名前を呼んで喜び、坂道やトンネルの場面では、一緒にバスに乗っているような気持ちで『がんばれがんばれ!よいしょよいしょ!』と声をかけたり、場面によって様々な楽しみ方をしているのがわかります。
読み終わると、自分の好きな停留所のページに戻ってじっくり絵を見たり、これはなにをしているたこころなのかと想像を膨らませ、本編とは違うところでも楽しんでいます。

【母親の感想】
2歳の男の子には長いかなと思っていましたが、そんな心配なく最後まで楽しむことができました。
絵が細かく、絵の中などの人や生き物も何かストーリーがありそうなくらい細かく描かれています。
その絵を追いながら『この人何してるんだろうね?こんなところに燕の巣があるよ?』とか、一緒にイメージを膨らませることができるのもこの絵本の魅力だと思います。
バスの『ピンポン』は、好きな子供も多いのではないでしょうか?毎回『ピンポン』と言って、停留所に停まるのも、本当に乗っているかのような楽しみを感じます。



コロちゃんはどこ?

コロちゃんはどこ?
しかけをめくるたびに色々な動物が出てくる楽しい絵本

【作者】エリック・ヒル
【出版社】評論社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
子ども本人

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】しかけをめくるたびに笑顔になる

【具体的には・・・】子育て支援センターで、保育士さんが大型絵本を読んでくれたのをきっかけに購入しました。
コロちゃんという子犬を探してベッドの下やドアの後ろなど、色々な場所をめくると、様々な動物が出てくるしかけ絵本です。
子どもは初めて読んでもらった時からドキドキワクワク、この本が大好きでした。
何が出てくるか分かってても、笑いながら何度もめくってしまう絵本です。

【母親の感想】
コロちゃんを探していくうちに様々な動物が出てくるので、次は何かな?と想像しながら読めるのがこの絵本の魅力だと思います。
絵も可愛くておすすめです。



コロちゃんはどこ?
絵本に興味がなかった3歳がはハマった仕掛け絵本。何が出てくるか分からない仕掛けを無心に開けまくる。

【作者】作:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
【出版社】評論社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】仕掛けを開けたくてうずうずしている

【具体的には・・・】仕掛けを開けることを喜んでいました。
最初は本を読むことより仕掛けを開けたい気持ちが勝っていました。
そのうちストーリーも頭に入ってくるようになり、ちゃんとストーリーを聞いてから開けるようになりました。
するとその仕掛けの開いた部分に描かれている絵にも気が付くようになり、開けるたびにそのことを言っていました。
シリーズ本が出ていることを知ったので、いくつか探して買ったり図書館で借りたりしました。

【母親の感想】
ストーリーとしては単純でしたが、絵のタッチが絶妙で子どもも気に入りそうだなと思いました。
子供はそれまで絵本にさほど感心がなかったのですが、仕掛け絵本は開いたりするとお話の続きは分かるし、仕掛けを開けると違う絵が出てくるし、それが楽しかったのだと思います。



でんしゃのずかん

でんしゃのずかん
電車好きにはたまらない!美しいイラストと色使いで温かい気持ちになる、子供のために選ぶ初めての図鑑におすすめの絵本

【作者】作:五十嵐美和子
監修:近藤圭一郎
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】自分が乗ったことのある電車を嬉しそうに指し示す

【具体的には・・・】リアルな電車のイラストが並んでいて、その日に乗った電車の名前を何度も嬉しそうに聞いてきたり、旅行先で乗った電車を絵本で確認してこれに乗ったよね。
と同じページでも飽きずに繰り返し眺めていました。
地下鉄が並んだページが特にお気に入りで、カラフルな色合いを見比べて「色」の名前も電車を通じて覚えていく様子が見て取れました。
読み物ではないのですが、寝る前に好きな本を持ってきてと声を掛けるとはまっていた頃は必ずと言っていいほどこの絵本を持ってきて、ひらすら「これは?」と聞かれて私が電車の名前を答える。
というやり取りと繰り返していました。
最後の方に電車内で地震や火事が起きたら。
という内容のページがあるのですが、かみ砕いてイラストの意味を説明すると、保育園児なりに一生懸命理解しようとしていたのが印象的です。

【母親の感想】
写真ではなく、精巧に描かれたイラストならではの温かみや色使いが素敵だなと思っていました。
整然と並べて描かれた電車を見て、息子も別々の物を比べながら見る力や、実物を覚えていて絵本でもう一度体験を思い出し言葉にして話す。
という絵本を一緒に読むことで成長を感じることができたと思っています。
大きくなっても電車の豆知識の様な説明書きがついていて、長く楽しめるのも魅力の一つだと感じています。



でんしゃのずかん
電車好き男子にはたまらない!興奮すること間違いなしの図鑑。

【作者】作、五十嵐美和子 監修、近藤圭一郎
【出版社】白泉社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】テンションが上がる

【具体的には・・・】3歳ごろから電車や新幹線などの乗り物に興味が出てきた様子で、よく線路沿いに電車を見に行ったり、新幹線に乗って旅行に行きました。
とにかくいろんな種類の新幹線の名前を覚えて、周りの大人たちをかなり驚かせてくれました。
乗り物を運転する人になりたいという夢があるらしく、今でもこの絵本は大好きでたまに見ています。

【母親の感想】
新幹線を始め、いろんな電車が写真ではなく、イラストで描かれているところがシンプルに好きです。
子どもも真似して描きやすいです。



まどからおくりもの

まどからおくりもの
窓から見たものと違う!?予想の裏切りが子どもを惹きつけ、どんどんページをめくりたくなる絵本

【作者】五味太郎
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】ページをめくりたくなってわくわくする

【具体的には・・・】ページにまどがついている絵本で、ページをめくると家の中が見える仕掛けになっています。
家の中にいるのは予想外の動物たちなので、子どもははやくページをめくって動物を確かめたいようです。
にこにこと微笑みながら先を知りたくてうずうずしている様子がとても愛らしいです。
何度も読んでいるうちに話を覚えてしまったので、読んでいる大人が「このうちは本当にきつねさんのお家かな?」などと問いかけると、「ちがうよ!わにさんのお家だよ!」と正解を楽しそうに教えてくれます。

【母親の感想】
実は、私が小さいころ大好きだった絵本です。
書店で見つけたときに、あっと声をあげて手に取りました。
クリスマスのプレゼントの幸福感、仕掛け付きで読むのが楽しかったことが頭の中によみがえりました。
わが子も同じことを思ってくれていると思います。



まどからのおくりもの
クリスマスプレゼントにぴったりの一冊です。是非可愛いお孫さんへ。ボロボロになること間違い無しです♪

【作者】作:五味太郎
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
親戚からのクリスマスプレゼント

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】最初は真剣でめくる度にニコニコしていく

【具体的には・・・】仕掛け絵本なので、最初はじ〜っと誰かな?とワクワクして真剣な感じでみつめ、ページをめくる度にきゃっきゃっと笑う。
毎晩リクエストされて読んでいると覚えて誇らしげにストーリーを先走ってクイズ形式に読んでくれる。
クリスマスにサンタさんがプレゼントを持ってくる話なので、久しぶりにクリスマスにシーズンに下の子と読んで懐かしかったです。

【母親の感想】
いただいてから毎晩毎晩読んで読んでとなりました。
もうボロボロですがクリスマスになると読みたくなる我が家には思いでの一冊です。
見た目はちょっと古そうな表紙絵なので・・・自分では選ばなかったかも。
プレゼントでいただきこんなにもはまり感謝しています。
仕掛け絵本なので引っ張ると想像と違う動物たちが出てくるのでワクワクする。
勘違いしたサンタサンが置いていくプレゼントも可愛らしくてほっこりします。



もりのかくれんぼう

もりのかくれんぼう
2歳と4歳の兄弟が競って探す!ハッとするほど綺麗な秋の森の中で、きみは何匹の動物を見つけられるかな?

【作者】作:末吉暁子 絵:林明子
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2〜3歳

【子供の反応】静かに真剣に聴き、夢中で探す。

【具体的には・・・】序盤はとても真剣に話を聞きます。
途中から、隠し絵のようになって、絵の中にたくさんの動物が描かれているので、一生懸命動物たちを探し始めます。
その後は、このページにもいるかな、このページはどうかな、と1ページづつ絵をじっくり見て集中しています。
すぐに見つけられる日もあれば、昨日見つけられたはずの動物が見つけられない...!このページに何かあるはずなのに、どこにいるの??!など、絵本と真剣に向き合う姿が印象的です。

【母親の感想】
絵本はいろいろな体験ができるのから好きです。
中にはそのストーリーに夢中になる本も多くありますが、この本は、美しい秋の森や、愛らしい動物たちの絵に夢中になります。
絵本はあと文章を楽しむものなので、子供自身がこんなにじっくり絵を見てくれる絵本に出会えたことを嬉しく感じています。
その日の集中力や見方によって、昨日はすぐ見つかったものが見つけられなかったり、いつも見えなかったものがすぐに探せたり、その日によって自分でも違う見方ができるのが楽しいのかなと思っています。



もりのかくれんぼう
実際、大人も一緒に探してしまう絵本。もりのかくれんぼう

【作者】作:末吉暁子
絵:林 明子
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】何度も何度も本を持ってきては読んで、とせがんでくる。

【具体的には・・・】本を読むと物語の展開ではなく、絵をじっとみて隠れている動物を探しています。
本を覗き込んで、自分で全部見つけたい!!と時間をかけて見ています。
結局、全部は一回では見つけられないのですが、何度も読んでいる内に覚えてしまい、探し当てることができます。
終いにはメインにしていなかったが、他のページにも隠れて動物やかくれんぼうがいるかもしれないと探しています。

【母親の感想】
私自身も好きだった本なので、わかるな?と思って見ています。
全体が黄色い世界観で、次のページには動物たちが出てくるのが不思議な感じでした。



くまのがっこうシリーズ

くまのがっこう
可愛いらしい絵がたくさん見られる、見つめているだけで楽しい絵本

【作者】作:あいはら ひろゆき絵:あだち なみ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】食い入るように見つめる

【具体的には・・・】細かく可愛らしい絵で、たくさんの道具が出てきたり、くまの子たちが色んなことをしているので、その様子を指差して尋ねてきたり、何をしているか当てたら、物の名前を言ったりしていました。
ある程度内容を覚えると、自分で文を読んだり、私と一緒に読んだりしていました。
3歳になった今でもたまに出してきて1人で読んでいます。

【母親の感想】
文章がほどよい長さなので読みやすいです。
また細かく可愛らしい絵がどのページにも広がっているので、見つめているだけで楽しいと思います。



くまのがっこう ジャッキーのいもうと
子供が小さな子をお世話にしてみたい、自分にもできると思わせる仕掛けが一杯詰まった本。やり切ったあと、どんな気持ちになるのかを体験させれもらえる絵本

【作者】絵・あだち なみ 文・あいはら ひろゆき
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】私も妹か弟のお世話をしてみたい

【具体的には・・・】本の中でジャッキーが小さな子供たちに色々な面倒を見てあげるんです。
それはおやつを作ってあげたり寝かしつけをしたりするまたは追いかけていく。
そのページを開くたびに娘が
私もこれできるよね。
これもできるよね
とできることを確認してくる様子が可愛いです
それで
できるよ
と言ってあげると満足げに笑顔になります
結果
私も弟や妹の面倒も見ることはできる。
私もお世話してみたい
と私に伝えこの本をいつも読み終わります

【父親の感想】
女の子には本能的に誰かをお世話したいと思うんだなーと思いました。
個人的にはお世話が終わって、一息ついたら、ジャッキーは泣き出してしまうのですが、そのシーンが一番すきです