【5歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧

【5歳児がハマった絵本・その1】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

11ぴきのねこ
絵がかわいくて、猫の鳴き声が独特で落ちが完璧な絵本。

【作者】馬場のぼる
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】笑っていた

【具体的には・・・】落ちが面白く「なんでこうなったのー!」って叫んでいました。
本人も私も猫好きで、絵も可愛くて絵にも集中して見ています。
また、5歳いということもあって、本の内容にも耳を傾けるようになり、話の落ちも理解しています。
もう、何十回と繰り返し読むほどお気に入りで、私以外の人にも絵本を読んでいます。
「この後どうなると思う?」なんて声掛けをしながら、父親に絵本を読んでいました。

【母親の感想】
私も小さいころに読んでいて、印象深い絵本だったのでとても良いと思っています。
何より、落ちがとても面白いことと、本当に11匹猫が描かれているか子どもと一緒に確認しながら読むのも、数の勉強になります。



11ぴきのねことあほうどり
11ぴきのねこたちによる、おいしいコロッケ屋さんの物語です!

【作者】作: 馬場 のぼる
【出版社】 こぐま社

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】笑顔で喜んでいました。

【具体的には・・・】特に、序盤の11ぴきのねこたちが分担してコロッケを作るシーンを食い入るように見ていました。
絵本を読んだ後「コロッケが食べたい!」「コロッケを作ってみたい!」などと喜んで話していました。
子供は11ぴきのねこたちが親切心であほうどりの故郷へ行ってコロッケをごちそうすると思い込んでいました。
「ねこさんやさしいなぁ」と目を輝かせてみていました。

【私の感想】
温かみのあるキャラクターデザインとキャラクターの表情豊かなところが子どもに受けたと思います。
11ぴきのねこが笑顔で仲良くコロッケを作るシーンも良かったと思います。



いいからいいから5
子供も大人も驚きの連続です。関西弁で楽しめる絵本。

【作者】長谷川義史
【出版社】絵本館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】大笑いをする。

【具体的には・・・】北日本に住んでいますが、私が関西出身なので、関西弁で読むと大喜びします。
ありえない話なのに、普通に起こった出来事のように書かれていて、宇宙人と銭湯に行ったり、食事をするところが面白いようです。
特に銭湯で宇宙人も脱いでいたり、目だと思っているところからたこ焼きを食べているところでは、指を指して大笑いします。

【母親の感想】
関西弁で書かれていて、親近感を覚えます。
子供にとっても標準語でない本が新鮮なようです。
あと、突拍子もないところが子供のお気に入りです。



えがないえほん
子どもに話しかけるような感じで読んで見てほしい。読んでる人も面白かったら思い切り笑って、イメージされる音の表現を楽しめる絵本

【作者】作 B.J.ノヴァク
訳 おおともたけし
【出版社】ハヤカワ・ジュニア・ブックス

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
幼稚園教諭

【当時の子供】
男の子・5〜6歳(年長)

【子供の反応】大爆笑、テンションが上がる

【具体的には・・・】1回目は大人が読んであげて、大爆笑していました。
それ以降は自分でお気に入りの言葉を見つけて声に出して楽しそうに読んでいました。
それまでひらがなにも絵本にもそんなに興味がなかったのに、毎日繰り返し読むようになったのが印象的でした。
文字の大きさや色、イメージされる特徴ごとに声色を変えるのを楽しんでいる様子でした。

【私の感想】
絵はないけれど、文字の色や大きさが異なるため、見ていても楽しい。
また、文字から音を自由にイメージしやすく、そこが子どもにハマったのかなと思っています。



えんとつ町のプペル
5歳の男の子も大ハマり。大人も子供も熱中できる絵本

【作者】にしのひろあき
【出版社】幻冬舎

【これを書いている人】伯父

【この絵本を選んだ人】
本人(叔父としてプレゼント)

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】引き込まれるように聞いていました。

【具体的には・・・】ストーリーよりも絵の方に興味があるらしく、冒頭の街の絵やクライマックスのシーンの星空の絵を一人で何度も読み返してみてくれています。
作家の西野さんがさまざまなメディアで語っていた本編のストーリーや思いなどに自分自身が感情移入したため、それを甥っ子に繰り返し熱く語っていくうちに好きになってくれました。
今では、遊びに行くたびにプレゼントした本を甥っ子が持ってきては一緒に読んでます。

【私の感想】
街や星空など絵本にしては他と違って繊細で綺麗な描写が多い点と、親や叔父などの大人世代も好きでよく話しているので、その影響も少なからず受けているのだと思います。



おたまじゃくしの101ちゃん
大人になっても忘れない!楽しくて面白いのにジーンと感動する心の一冊

【作者】かこさとし
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】お話に引き込まれて楽しい気持ちになる

【具体的には・・・】子供が病気になった時に、祖母がお見舞いとしてプレゼントしてくれたという経緯があるため、子供が風邪をひいたり、お腹をこわしたりした時には必ず真っ先に「読んでほしい」とリクエストされる絵本でした。
病気の時は、静かにお布団に入って寝るしかないので、枕もとで絵本を読み聞かせしておりましたが、かこさとしさんの絵本はストーリーがおもしろいので子供も大好きでした。
かえるのお母さんやおたまじゃくしの子供たち、沼に出てくるかわとんぼやあめんぼといった生物のセリフが個性的でユニークなので、子供も笑顔になって喜んで聞いていました。
病気の時以外でも、夜寝る前に読み聞かせをする絵本の一つとなりました。

【母親の感想】
この絵本は「今どきの絵本」ではなく、昭和の時代から親しまれている絵本です。
お母さんと子供、子供たちのケンカ、他者との出会い、悪者の登場、みんなで協力といった子供に好かれるストーリーの中でも、おもわずくすっと笑ってしまうようなセリフが随所に散りばめられていて楽しめます。
また、かえるのお母さんが死んでしまったと思い込み(本当は死んでいない)おたまじゃくしの子供たちが大合唱で泣くシーンもコミカルに描かれていて魅力的だと思います。



オニガシマラソン
絵本カバーの最後まで、お楽しみがいっぱいつまった絵本。1つのレースの中に、何通りものストーリーがあって読み応えたっぷり。

【作者】トロル
【出版社】教育画劇

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
男の子・5歳〜小学校低学年

【子供の反応】いろいろな場面をじっくり見る

【具体的には・・・】本屋さんで、買いたい本を選ばせて購入しました。
たくさんの妖怪などがマラソンをしている表紙の絵が気になったようです。
毎回応援する選手を決めてから読み、ページごとにその選手が今どこにいるのかを探しながら読んでいます。
また、マラソンを実況中継している文章なので、何度も読むうちに、子供もアナウンサーになりきって、感情をこめて本を読んでくれたりもしています。

【母親の感想】
選手それぞれのストーリーが細かく描かれており、ただ読むというよりは、何度も読み返して何通りもの楽しみ方で読めるところや、最後のどんでん返しに驚きの内容が含まれていて、内容の深さに感服しました。
大人気のおしりたんていシリーズを作られている作者さんなので、それらの本にみられるような、絵の中をじっくり探しながら読む要素が満載で、新たな発見がたくさんあることが魅力だと思います。



おひめさまになれる まほうのとびら
女の子が大好きなプリンセスになれる本☆ママも一緒になって楽しめる一冊

【作者】作:真瀬ひかる
【出版社】長岡書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母と本人

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】かわいい〜連発しています。
ニコニコでほほえましいです。

【具体的には・・・】プリンセスやキラキラしたものが大好きな5歳の娘。
とにかくこの絵本を持ってきてニコニコ笑顔で自分がお姫様になったように、ストーリーに入り込んでいます。
真剣に悩んでう〜んこれもこれも可愛くて迷っちゃう〜と女の子らしさ全快の表情やしぐさをして見ているこちらもニヤニヤしてしまう。
今は6歳になりましたがまだまだ愛読しています。

【母親の感想】
服や靴を選んでいき、お姫様になっていくストーリー。
私も巻き込んで選んでくれたりと楽しんでいます。
自分も手持ちのドレスに着替えたりと。
お友達が遊びに来たときも皆が手に取ってくれるのでそんな様子を見ていると買って良かったなと思います。
表紙絵が可愛らしく飾っておきたくなる本です。



おふろだいすき
お風呂が好きになれる絵本!お風呂での会話も増える絵本!

【作者】松岡享子・作 林明子・絵
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】静かに聞いて動物たちの動きに笑っていた

【具体的には・・・】年長さんのころに購入し、動物が好きな子供は、動物がお風呂に入っていく様子がまるで自分の家のお風呂に動物が来たかのように目をキラキラさせていた。
1年生の今でも一番好きな本として寝る前に読み聞かせたり、自分で一生懸命読んでいる。
お風呂に入った時も、何の動物が登場したか私に教えてくれるのでお風呂中の親子の会話も増えた。

【母親の感想】
お風呂にどんどん動物が来るので、想像力が鍛えられて楽しい絵本。
登場人物の男の子になりきって聞くことができたのが魅力だと思う。



カニツンツン
言葉と色の遊園地みたいな、大人にはわかりにくいけど、迷い込みたくなる子供の世界

【作者】文:金関寿夫 絵:元永定正
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】何度も「カニツンツン」とか文中の言葉を発して喜んだ。

【具体的には・・・】大喜びで何度も読んでとせがむ。
ツンツンと叫び、ジャンプしたりする。
下の子もその月例に近づくと同じようにはしゃぎ、そのときはふたりとも大喜びだった。
「こどものとも」は月決めで購読しており、ほかにもお気に入りはあったが、断然この書を好んでいた。
絵も(よくわからない抽象画なのだが)真似して描いたりしていた。

【母親の感想】
言葉のリズム、カラフルでポップな絵。
意味が分からないようでいて居心地のいい世界観。
昔話にはない、新感覚。



くすのきだんちは10かいだて
かわいい動物がたくさん出てくる心が暖かくなる優しい絵本

【作者】作:武鹿 悦子 絵:末崎 茂樹
【出版社】ひかりのくに

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】笑顔でわくわくしながら聞いている感じ

【具体的には・・・】かわいい動物たちがたくさん出てくるので、にこにこしながら聞いていました。
時々絵本を指さしたりもします。
初めは私が読み聞かせていましたが、そのうち自分で繰り返し読むようになりました。
「この子かわいいよ」など私に見せに来てくれる時もありました。
シリーズがたくさん出てるので、今ではシリーズ全部を読んでしまいました。

【母親の感想】
元々動物が出てくる絵本が好きで、かわいい表紙に惹かれて本人が選びましたが、私が見てもほっこりとあたたかい絵本だと思います。
絵のタッチも柔らかいところも娘が気に入ったポイントだと思います。



こんもりくん
絵がカラフルでかわいい!大人も子どももワクワクする、奇想天外なファンタジー。

【作者】山西ゲンイチ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】ストーリーに夢中になって、楽しく聞く

【具体的には・・・】奇想天外なストーリーとカラフルな絵にくぎ付けになります。
大きすぎる髪の毛のなかに「ズボッ」と自分が入り込んでしまう場面や、おならが出る場面ではいつも何回でも爆笑です・・・。
実際にはありえないストーリーですが、その世界に入り込んで楽しんでいます。
最後にみんながハッピーエンドになるのも安心できるようです。

【母親の感想】
絵がカラフルでかわいくて何度見ても飽きない感じで描き込んであって、
子どもが好きな「おなら」がキーワードになるなど、
子どもの「好き」がいっぱいつまった絵本だと思います。



さつまのおいも
おいもに感情があって、勝ち負けを意識しているところが面白い!

【作者】中川ひろたか
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】音読をする

【具体的には・・・】いつも行く小児科の待合室に置いてあって、行くと必ず読みたいと言った。
誰か他の子が読んでいると読むまで帰らなかった。
短いのですぐ読み終わるのだが、また最初から読み直す。
病院なので小さい声で音読していた。
必ず笑顔になっていた。
病気になってしんどいし、不安だと思うが読んでいる間は楽しそうにしていた。
今でこそ小児科に行くことが少なくなってしまったが、予防接種のときに「さつまのおいも、ないかな〜」と言っていたので今でも好きなんだと思った。

【母親の感想】
うちの子はよく風邪をひいていたので、小児科に行くことが多かった。
そこで「さつまのおいも」という絵本に出会い、うちの子の気持ちを和らげてくれたので感謝している。
中に描かれている絵も味があって面白いと思った。
テンポがいい内容なので子供も気に入ったのだと思う。



さむがりやのねこ
子供も大人も思わず大笑いしてしまう!体を動かしたくなる絵本

【作者】作・絵:わたなべ ゆういち
【出版社】フレーベル館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・5歳〜6歳

【子供の反応】大笑いをする

【具体的には・・・】読み初めは静かに真剣に聞いてますが、段々と笑顔になりました。
そして絵が面白いと言いながら、お婆さんが出てくるシーンになるとゲラガラと大笑いをします。
内容よりもお婆さんが出てくるシーンのネコとのやり取りしている絵が面白いようでした。
親が読んであげてない時もその絵本を引っ張り出して、何度も何度も自分でめくってまたゲラゲラと笑ってました。

【母親の感想】
ストーリーは単純ですが、面白い絵本だと思います。
途中出てくるお婆さんが一見怖そうなのですが、子供が大笑いをしてるように大人も笑ってしまいます。
絵が面白いのです。
子供がハマったのはやはり絵なのだと思います。
最後は体を動かすとこんなに暖まるよという感じの内容で終わります。
運動っていいよが子供にも伝わってました。



ぞうくんのあめふりさんぽ
雨降りの中の散歩でも、楽しい思い出が共有できて笑って楽しめる絵本。

【作者】なかのひろたか
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人(こども)

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】ぞうくんがお散歩に行く途中に、いろいろな動物に出会い、泳げないぞうくんが出会った動物の背中に乗って水の中を散歩する場面を見てよく笑います。
ぞうくんより体の小さい動物の上に乗っている姿が面白いみたいで、最後にかめくんの背中に乗ったときにバランスを崩して、水の中に入ってしまい、ぞうくんが浮かんで泳いでいるところがケラケラと笑っています。

【母親の感想】
雨降りでも散歩をして、楽しい思い出ができたところに魅力があると思います。
出会った動物の背中に積み重なっていきバランスを崩したところがおもしろいと思います。