絵本の感想【いないいないばあ】文:松谷みよ子、絵:瀬川康男/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【いないいないばあ】文:松谷みよ子、絵:瀬川康男/子供がハマった絵本を412人に聞きました

いないいないばあ
赤ちゃんがいくら泣いていても絶対泣き止む魔法の本。

【作者】松谷みよ子
瀬川康男
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
両親

【当時の子供】
男の子・0歳から2歳

【子供の反応】泣き止む

【具体的には・・・】どんなに泣いていても泣き止んでじっと見ている。
友達の家や出かけたところで泣いていてもこの絵本があると泣き止むのですごく助かった。
なのでらどこへでも持っていっていた
覚えているのか、表紙を見ただけで泣き止んでくれた。
誰が読んでもその絵本だけは好きだった
読みすぎて今はボロボロになってしまったがとても感謝している

【母親の感想】
絵の感じや言葉の感じが赤ちゃんにとって心地いいものだったのかと思う。
これからの赤ちゃんにも読んであげたいと思う



いないいないばあ
ぐずった時はこの1冊!泣く子も笑顔になるいないいないばあの魔法?!

【作者】文:松谷みよ子
絵:瀬川康男
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】「いないいない」のタイミングで一緒にワクワクした表情になって、「ばあ」のページを一緒に開く。
「ばあ」のページを開くととても嬉しそうに楽しそうにたくさん笑う。
読み始めた頃はそこまで反応はなかったが、だんだんと楽しそうにするようになっていった。
2歳手前の今でもお気に入りの1冊です。
今では初めから最後まで自分で読むようになりました。

【母親の感想】
子供が大好きな「いないいないばあ」をテーマにしていて、分かりやすい絵と少ない言葉を繰り返しているところがハマった魅力だと思います。



いないいないばあ
むかしから親しまれている、シンプルな絵と文で親子で楽しめる絵本!

【作者】松谷みよ子
絵:瀬川康男
【出版社】トーハン

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】読むとよく笑う

【具体的には・・・】この本を読むとよく笑う。
手を動かすような仕草もします。
いないいない「ばあ」のときに、キャーという声をだし、よろこんでいるのがよくわかります。
文字ではなく、絵の方に顔をむけているので、絵がわかっているんだなあ、と感心します。
母親が読んでも、父親が読んでも、同じような反応が返ってきます。
3ヶ月頃からこのような反応が返ってくるようになりました。

【母親の感想】
私が小さい頃に読み聞かせてもらった絵本なので、自分の子どもが喜んでくれるのは嬉しい。
簡単な文とシンプルな絵なので、目で追いやすいのだと思います。



いないいないばあ
初めての読み聞かせにぴったり!我が子に読んであげたい1冊

【作者】文 松谷みよ子 絵 瀬川康男
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】


【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】キャキャと笑い笑顔になる

【具体的には・・・】ママの膝の上に座っていないいないばあを持ってくると表紙の絵をじーっとみて猫の絵にキャキャと嬉しそうに笑います。
文章はまだ理解していない年齢ですが赤ちゃんに話しかけるような優しい語感や言葉が面白いのかよく笑ってくれて手を伸ばして猫やネズミの絵をつかもうとする仕草をします。
初めて読んだ時から今までずっと好きな絵本です。

【母親の感想】
0歳の子どもに読むのにぴったりな絵本だと思います。
独特のタッチで可愛らしい絵とは言えませんが赤ちゃんにとっては表情が分かりやすいのかもしれません。



いないいないばあ
昔からの名作で、子供が楽しんでくれること間違いない絵本。短いのに何度読んでも飽きずに楽しんでくれる!

【作者】文:松谷みよ子 絵:瀬川康夫
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・0歳から3歳頃

【子供の反応】読んだら笑いました

【具体的には・・・】最初の頃は、内容がわかっていないこともあり、特別な反応はありませんでしたが、それでもじっと最後まで集中して見ていました。
飽きずに見ているので興味はあるのかな、と思い、読み聞かせを続けていると、にこにこ楽しそうにするようになり、幼児期になって一人で本が読めるようになっても、読んで欲しいとせがまれました。

【母親の感想】
昔からのベストセラーで、昔の古い本、というイメージがありましたが、子供が笑ったりするのを目の当たりして、シンプルに子供の好きなポイントをついた本だということがわかりました。
いないいないばあという行動自体、子供は好きなので、それが目の前のかわいらしい絵と、読み聞かせる声があわさって、子供は楽しいと感じるのではないかと思いました。



いないいないばあ
定番のいないいないばあを動物たちがしていて、「いないいない」から「ばあ」までの間を考えて読むと毎回違う反応になる絵本

【作者】作:松谷みよ子 絵:瀬川康男
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
4ヶ月検診の時に町からプレゼントとしてもらった

【当時の子供】
女の子・7ヶ月頃

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】動物が出てきていないいないばあをする時、一緒になっていないいないばあをしていた。
絵本が終わると泣いてしまい、何度も繰り返し見ていた。
2歳頃になると、字は読めないがセリフを覚えて自分でページをめくって読んでいた。
妹にも読んであげながら妹の手を取っていないいないばあをさせていた。
現在はそんな娘も10歳になり、3歳の弟に読み聞かせをしてあげていて、弟も喜んで見ている。

【母親の感想】
顔をかくしている動物が、ページをめくると「ばあ」と顔を出しているのが面白いのだろうと思う。
また、分の中にある「ほらね」で期待を持てるようになっていてワクワクしながら見られるのだと思う。



いないいないばあ
内容も絵もシンプルだけど、子供心をくすぐられる絵本

【作者】松谷みよ子
【出版社】株式会社トーハン

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友人から

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】楽しそうに笑う。

【具体的には・・・】生まれた記念にと、0歳から読める本を友人がプレゼントしてくれました。
初めは目も見えていないので、見せても無反応で笑いもしませんでしたが、9ヶ月頃から、とても絵本に興味を持ち出し、いないいないばあを理解できるようになってからがとても楽しそうに見るようになりました。
いないいないばあ!って言うと声が出ないほどケッケッケッケ爆笑してました。

【母親の感想】
子供心をくすぐられのでしょうか。
絵も内容もシンプルなのに子供が夢中になってしまう。
子供の初めてツボにハマった絵本だったのかなと思います。



いないいないばあ
赤ちゃんが最初に出会って、自分の回りやこの世界を知る第一歩になる絵本

【作者】松谷みよ子
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】足をばたばたさせたりの反応から、自分も「ばあ」と言った。

【具体的には・・・】生後5ヶ月ぐらいで、まだほとんど上を向いて寝ているときから、友人のアドバイスで、読み聞かせをした。
絵本に集中させるのに、紙面をトントンとたたいて、名前を呼びかけながら読むと、確かに紙面をじっと見ていた。
時々、足をばたばたさせる反応を見せた。
読み続けると、1歳頃から絵本をまねて、物陰から、「ばあ」と出てきて大人の反応を楽しんでいた。
絵本の動物の表情が気に入っていたようだ。

【母親の感想】
赤ちゃんから読み聞かせができる良い絵本だと思う。
「ばあ」という言葉と共に次々出て来る動物の表情が微笑ましい。
生後間もない子供とも親子で楽しめる。



いないいないばあ
0歳児から楽しめる!グズっていても読み出したら泣きやむ。赤ちゃんにおすすめの絵本

【作者】松谷みよ子
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】楽しそうに笑顔になる

【具体的には・・・】半年頃から毎日のように読み聞かせていたので絵本の表紙も見せるだけ、私が「いないいない・・」というだけでニコ?と笑います。
文章も短く暗記することも簡単なため、出先でぐずった際には暗唱して聞かせていましたが、子供もしっかり覚えているようで暗唱だけでもニコニコ楽しそうに笑って大きな声で一緒に「ばあ!」と言ってくれます。

【母親の感想】
いないいないばあは赤ちゃん遊びの最も有名な1つで、たくさん絵本もありますが、こちらの絵本は優しい独特な絵のタッチで描かれた動物達が愛らしく
文章も短く、いないいないばあのリズム感も子供にハマったようです。
私も子供の頃に読んでいた大好きな絵本です。
世代を超えても愛される絵本だなと思います。



いないいないばあ
子どもも読み聞かせに参加している気分になれる絵本といったらこれ。

【作者】作:松谷みよ子 絵:瀬川康男
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】いないいないばあと言ってテンションが上がる

【具体的には・・・】絵本に合わせてニコニコしながら、一緒にいないいないばあと叫びます。
体もよじりながらページをめくる動作に合わせて楽しそうに叫びます。
寝る前に読んでいたのですが、興奮状態になるため寝かしつけには不向きでした。
でも、大好きで必ずこれ読んでと持ってきました。
寝る前にまず読むのは決まってこの絵本でした。
幼稚園生のころまでは読んでいたと思います。

【母親の感想】
リズム感のあるおはなしと優しい絵が子供の心をつかんだのではないでしょうか。
自分ではあまり絵本を読むことをしなかった息子ですが、この絵本だけは大好きで読んでいました。
読んでもらうほうが好きだったようです。



いないいないばあ
子供が大好き!繰り返し読みたくなるわかりやすい内容と味のある挿し絵

【作者】松谷みよ子 ぶん:瀬川康夫 え
【出版社】株式会社トーハン

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
居住市町村からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳半

【子供の反応】真剣に何度も繰り返し本をめくっていた

【具体的には・・・】この本が大のお気に入りだった娘は、繰り返し何度も自分一人で静かに読んでいました。
絵が好きだったのだと思います。
特にリアクションがある訳ではなかったですが、真剣に何度もじっと読んでいました。
私が絵本を読んであげるから選んできてと言ってもやはりこの本を持ってきて、私のひざに座って真剣に聞いていました。
最低3回は一度に読みました。

【母親の感想】
私が見たらそんなに可愛い絵ではないのですが、子供にはハマる絵なのでしょう。
友達の子供もハマっていたので不思議な魅力のある絵だなぁと思っています。