【1歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧

【1歳児がハマった絵本・その3】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

たまごをこんこんこん
大人も子供も一緒に楽しい。いないいないばあ!が好きな子は絶対はまる絵本

【作者】あかまあきこ
【出版社】チャイルド本社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
叔母

【当時の子供】
男の子・1歳五か月

【子供の反応】にこにこ楽しそう

【具体的には・・・】卵の絵柄をめくると次ページでひよこが出てきます(いあないいないばあ!と同じスタイル)。
卵のページをコンコンと実際に叩いてからめくるとテンションMAX!大喜びです。
読み進めるにつれて、コンコンと叩くだけでキャッキャと喜ぶようになりました。
早くめくってくれと催促してきます。
初めて読んだ時からずっとはまっています。

【母親の感想】
絵が優しく、色使いも豊富、とにかく可愛い。
愛らしい。
いないいないばあ!の形式の絵本になっているのが、子供のワクワクを引き出すのだと思う。



でんしゃくるかな
一歳の娘がワクワクしながらページをめくって楽しめる絵本

【作者】きくちちき
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
出版社からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・一歳

【子供の反応】一緒に声を上げて楽しむ

【具体的には・・・】セリフは至ってシンプルで、「でんしゃ くるかな きたー」の繰り返し。
初めて読んだ時から、その「きたー」「ばいばーい」というところを一緒に言って楽しんでました。
動物の名前を当てっこしたり、少し話せるようになってからは、電車の色が分かるようになって、自分から色を言うようになったり、色んな楽しみ方ができました。

【母親の感想】
子供に伝わる絵とシンプルで言いたくなる言葉選びだと思います。
大人からすると少々粗っぽく感じますが、子供目線ではどハマりみたいです。



となかいさん
小さい子供も楽しめる絵本!手で触ることで色んな感触を感じれるのでみんなか楽しめる絵本。

【作者】著者:サムタプリン
挿絵:エッシ・キンピマキ
【出版社】岩崎書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】声をだして喜んだ

【具体的には・・・】絵本がボコボコしているものなのですが、最初は気づかずただ絵本の雰囲気に喜んでいましたが、ある日触った時に手で触った感覚が面白かったようで触りながら笑っており、声を出して喜んでいました。
動物が沢山出てくるのも嬉しいようで、1つずつ動物を指さしてこれは何?と聞いてきます。
それからは毎日絵本を持ってきて読んで欲しいというようになりました。

【母親の感想】
内容はシンプルなのですが、ただのしかけ絵本というよりさわって楽しめる絵本なのでとても面白いですし、絵も可愛いくカラフルなので子供も喜んで読める絵本なのだと思います。



とびだすいないいないばあ!
いないいないばあ!」だけで、大人だけでなくお兄ちゃんお姉ちゃんも一緒に笑える絵本です。

【作者】作、絵、いりやまさとし
【出版社】学研

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】じっと見つめて飛び出す瞬間を待つ

【具体的には・・・】読み聞かせを始めた当初は眺めているだけでしたが、飛び出すと笑うようになり、「いないいない・・」という言葉がもうじき飛び出すと理解してくると、絵本に顔を近づけて「ばあ!」と先にいってしまうくらいその場面を心待ちにしている様子でした。
顔を見せてくれるところが一番好きだったので、同じところを何度も繰り返し読んでいました。

【母親の感想】
いないいないばあっ!は、いつも同じ人がやると、時々反応が薄いこともあります。
それが絵本になると声色を変えて違った形で楽しめるので親も楽しいです。
その様子が子供にとっては、新鮮でハマったのだと思っています。



とびだすえほん いないいないばあ どうぶつ
大迫力で飛び出す動物たちにこどもたちは大はしゃぎする絵本

【作者】しかけ:さくらいひろし え:Taji
【出版社】永岡書店

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】とびだす動物を見て大喜びする

【具体的には・・・】「とびだすえほん いないいないばあ」は、いないいないばあをしたキリンやぞうなどの動物が飛び出してくる絵本です。
1歳くらいになると動物が大好きな年齢だったので、動色々な動物が飛び出してくる様子をみて、驚いたりしておおはしゃぎしています。
特に最後のページは首の長いキリンが飛び出してくるのですが、とても迫力があり、一番のお気に入りでした。

【父親の感想】
1歳くらいの月齢は、動物が好き、いないいないばあが好き、飛び出してくる仕掛け絵本が好き
なドンピシャの年齢だと思います。
どの子供でもはまるのではないかと思います。



なにはこんでるの?
車が大好きな子には大喜びの仕掛けもついている絵本だよ

【作者】スズキサトル
【出版社】株式会社ほるぷ

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖父母

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】テンションが上がって喜ぶ

【具体的には・・・】目がキラキラと輝かせて、絵本を見ていました。
ニコニコして嬉しそうに楽しそうに、絵本を見ていました。
じっと大人しくせずに身体全体を動かしながら、絵本を見てました。
パパが絵本を読むほうが、とても喜んでちゃんと絵本を見ていました。
今でも、この絵本を楽しそうに見ます。
自分で絵本を見たりすることのほうが多くなってきました。

【母親の感想】
車などが大好きなので、楽しい絵本だなと思います。
絵本を見るだけで、頭も使うので覚えたりするのでとても良いなと思います。



にこにこ
一緒に遊びたくて、いないいないばあをしたくなる絵本!子供が笑顔になる!

【作者】La ZOO
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
姉からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】すきなページを何度もひらく

【具体的には・・・】最近あそぼと言えるようになってきたので、最初のページのあそぼが言えるのがとても嬉しい様子であそぼと言っています。
また、最後のいないいないばあとページをめくるところもかなり好きなようで、そのページを何度も行ったり来たりしています。
私もいないいないばあというと、子供がとっても笑顔になって、ばあ!と言ってくれるので嬉しくなります。

【母親の感想】
擬音語がおおかったり、絵が大きくて見やすいので、子供がよく指をさしています。
また、いないいないばあとなる部分は一気に暗いところから明るくなるので、楽しいのだと思います。



ねえねえ、パンダさんみなかった?
指で動かす可愛い隠れんぼ絵本。良い知育絵本だと思います。

【作者】リディア・ニコルズ
【出版社】大日本絵画

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・1歳8ヶ月

【子供の反応】絵本を指さす、仕掛け絵本を動かしてパンダを出し笑う

【具体的には・・・】指で動かす隠れんぼ仕掛け絵本なので、隠れてるパンダを子供が探してくれます。
息子がパンダ大好きなのでハマりました。
親が「パンダさんどーこだ?」と言うと人差し指を使って仕掛けを動かしパンダを見つけて満足そうに笑ってます。
1歳は気に入った本なら何度同じのを読んでも喜ぶので、何回も楽しそうに遊んでくれています。

【母親の感想】
絵柄が可愛く、仕掛けもわかりやすいので指が器用になってきた子供にはピッタリです。
子供がパンダ好きなので喜んでくれて良かったです。



のせてのせて
分かりやすい言葉で車の動きや動物達の動きを表現している。リズム感がある文章に子供が喜びます

【作者】作:松谷みよ子 絵:東光寺啓
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
義母

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】読み終わるともう一回読んでという

【具体的には・・・】主人公が車に乗ってトンネルに行くシーンが1番好きみたいです。
私が「トンネルトンネル まっくらまっくら」というとぴょんぴょんはねます。
また実際に車に乗って、トンネルに入って上記のことを言うと大喜びして、真似をします。
ただ、まだまだ口調がたどたどしいです。
主人公が車にいろんな動物を乗せていく中、ネズミがたくさん出てくるシーンがあります。
その時、「まぁ」と驚くシーンがあり、そこを読むと笑ってくれます。

【母親の感想】
最初、義母から頂いた時、だいぶ古い絵で自分の好みではなかったです。
内容もそんなに何かがあるわけではないので、まさか子供がここまで喜ぶとは思っていませんでした



のりたいな
こどもたちが急にしずかになる絵本 身近なのりものがとてもやさしいタッチで描かれてて読んでて心地いい絵本

【作者】みやまつ ともみ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・一歳と4歳

【子供の反応】じっと聞いている

【具体的には・・・】本を読んでともってきて、本を読んであげると、二人ならんで静かにきいています。
読み終わると、もう一回読んでほしがり、だいたいいつも2.3回繰り返してよみます。
最後には家にあるトミカをもってきておなじーとゆってきたり、今日おでかけしたときパトカーみたねーなどとお話ししたりして、ちがう遊びに発展することがおおいです。

【母親の感想】
ママが息子さんの好きなものをちぎり絵で独特のやさしいタッチで描かれていていつも素敵だなとおもいます。
身近なのりものばかり(とくにコミュニティバスえぼし号)なのがお気に入りポイントだとおもいます。



のりものだいすき カンカンカン でんしゃがくるよ
リズム良く次々に列車が登場して子どもが大喜び!寝る前の読み聞かせにも最適な絵本

【作者】津田光郎
【出版社】新日本出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】笑顔になって電車を指さす

【具体的には・・・】踏切に電車が来るたびに「〇〇線だ!」と嬉しそうに反応していました。
読み始めたのは1歳頃でしたが、長い間寝る前の絵本の定番になっていて、お猿の車掌さんに息子も手を振ってみたりページごとに違った反応を見せてくれました。
電車好きの絵本と思いきや、ページをめくると消防車やパトカーなどの働く車も登場して息子は喜んでいました。

【母親の感想】
カンカンカンという踏切のオノマトペが繰り返し出てきて、ストーリーが展開するためリズムも良く、子どもが飽きずに絵本を見ていられるのが魅力的でした。
途中に出てくる貨物列車を、成長とともに数えるようになったり、1〜2歳児の読み聞かせにはぴったりの絵本だなと感じています。



はーい!
1歳なりたての娘が夢中になった絵本。日常会話の中でも?ですか?と問いかけるとはーい!と手を挙げるようになり、影響力抜群の絵本

【作者】みやにしたつや
【出版社】アリス館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私です。

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】絵本に出てくるキャラクターと一緒に元気に手をあげてくれます。

【具体的には・・・】本をしまっているところが3箇所あるのですが、どこにしまっていても探し出して私や夫のところに持ってきて読んで欲しいアピールをします。
家事をしている時など、いつもは諦めてくれるのですがこの絵本だけは絶対に諦めず、叫んでまで読んで欲しいと訴えてきます。
絵本の題名を読むだけで、立ち上がってバタバタと体いっぱい使って喜びを表現してくれます。

【母親の感想】
娘の大好きな犬や猫を始め、たくさんの動物が出てくることやはーい!とすぐに真似ができる描写が子供にとって魅力的なんだろうなと思います。



ばけばけはっぱ
ふーっと息を吹きかけられるようになったら絶対楽しい!落ち葉の中で動物とかくれんぼしてる気分になれる絵本

【作者】藤本ともひこ
【出版社】ハッピーオウル社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1才

【子供の反応】興味津々

【具体的には・・・】葉っぱを見て「ぱっぱ」と言えるようになった頃で、表紙を見てぱっぱ!ぱっぱ!と喜んでお喋りしてくれました。
たくさんの色とりどりの落ち葉で動物を作っているのにも興味津々で、嬉しそうに動物を指さして声を出してくれます。
落ち葉をふーっと吹き飛ばすのも上手になりました。
真剣な表情で息を吹きかけ、動物が現れると、おー!っと得意げな顔で読み手を見上げてきます。
寝る前にも読んでと持ってくるほど気に入ってくれたようです。

【母親の感想】
落ち葉で工作をすることもあると思いますが、良い参考になるなと思いました。
いろんな色の落ち葉を集めて動物を作っているので、カラフルでとても可愛いです。
踏んでザクザク鳴るのが楽しい落ち葉で、別の楽しみ方が出来るのを子供に感じてもらえたら嬉しいです。



はたらくのりものえほん
車好きベビーのファーストブックに!パタパタめくりながら一緒に楽しんじゃおう!

【作者】いしかわこうじ
【出版社】童心社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】絵を見て車の名前を言いながら喜ぶ

【具体的には・・・】車の名前の後にその車の動く擬音が出てくるので、一緒に擬音を言ったり、同じ種類のミニカーを持ってきて『いっしょ!』と言って喜んだり楽しそうに読んでいます。
また、パタパタとめくれる仕掛け付きで書いてあることもシンプルで簡単な内容なので文字が読めなくても内容をすぐ覚え、仕掛けと合わせて一人で楽しんで読むこととができ、パタパタしながら繰り返し読んでいます。

【母親の感想】
イラストがカラフルではっきりしており、大きな車の絵がめくる度にどーんと飛び込んで見えるので迫力があり、車の絵本ならではの楽しさがあって良いと思います。
めくれる仕掛けで車が止まっている絵と動いている絵が比べられるのも魅力だと思います。