絵本の感想【ぜったいにおしちゃダメ?】作・ビル・コッター/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【ぜったいにおしちゃダメ?】作・ビル・コッター/子供がハマった絵本を412人に聞きました

ぜったいにおしちゃダメ?
子どもが絶対に喜ぶ!ページをどんどんめくりたくなるような、新感覚の参加型絵本!大人も一緒になって笑顔になります。

【作者】ビル・コッター
【出版社】サンクチュアリ

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】ケラケラ笑う

【具体的には・・・】絶対に押しちゃダメなボタンを押すと主人公のラリーの色が変わったり、人数が増えたりしていくお話なのですが、ボタンを押す際、押しちゃいけないのを押しちゃった!といういたずらっ子のような表情を見せてくれます。
押してページをめくるとラリーの様子が変わっていくのも面白いようで、何度読んでも笑ってくれます。
どんどんページをめくって読み進めたくなるようで、キラキラした目をしながらラリーの変化を楽しんでいるようです。
一度では済まず3回・4回と読んでほしいとせがまれます(笑)

【母親の感想】
子どもはみんないたずら好きなので、押しちゃいけないものを押す楽しさは子どもがハマる魅力なのだと思います。
ただ読む絵本ではなく、絵本のストーリーに参加する感覚も他の絵本とは違うので、面白いなと思います。



ぜったいにおしちゃダメ?
単純だけど、誰でも笑顔で元気になれるとっても楽しい絵本

【作者】ビル・コッター
【出版社】サンクチュアリ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3才〜6才

【子供の反応】大爆笑!

【具体的には・・・】最初からすごい喰い付きで大喜び!
叫んだり飛び跳ねたり…ドキドキワクワクした様子で話に入り込み、ページをめくる度に声出して大笑い。
結果が分かっているはずなのに何度読んでもソワソワしながら本に入り込み、最後は大爆笑を繰り返していました。
小1になった今は、小さな親戚の子に読んであげながらテンション高く楽しんでいて、今でも大好き。

【母親の感想】
参加型の絵本で、とても分かりやすいし、絵もクセになっちゃう感じ。
単純だけど、幼児みんなが楽しめて笑顔になれそうな所が魅力的。



ぜったいにおしちゃダメ?
ダメと言われると押したくなる、次はどうなるのか気になる、そしてもう一度読んでの繰り返し!大人も子供も楽しめる体感型の絵本!

【作者】ビル・コッター
【出版社】サンクチュアリ出版

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
保育園の子どもたち
保育園の園児たち

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】わくわくしながら聞いている、笑顔になる

【具体的には・・・】一度に限らず「もう一回」と再度読むことを頼まれます。
おとなしく座って聞くというより、絵本からのお願いに沿った動きをして楽しむためテンションが上がり、笑顔になってます。
ダメと言われても押したらどうなるのか気になって仕方ない様子です。
一度押すとこうなって、もう一度押すとどうなるのか好奇心を煽られて大興奮です。

【私の感想】
大人も読むのが楽しいし、絵もスッキリしていて文字数も多くなく読みやすいです。
押したらどうなるのか気になります。
絵本を読んでいて、これまでは「すりすり」「ふりふり」などオノマトペが、絵本からの指示が「こする」「ふる」というちゃんとした動詞となっており、理解できなくても絵で表現していたり、大人が先に言葉に当てはまった動きをすることによって理解できるため言葉の学びにもなると思いました。
子供がハマった魅力として、やはり感情移入しやすく自分一人でも楽しめるけど、大人、友達とコミュニケーションが取りやすく、一緒に楽しめる絵本であることだと思います。



ぜったいにおしちゃダメ?
押しちゃダメなボタンを押したり、本を振ったら、起きる変化に、4歳の娘は大喜び!

【作者】ビル・コッター
【出版社】サンクチュアリーブックス

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】「ぜったいにボタンを押しちゃダメだよ」「このボタンのことを考えてもダメ」というセリフが冒頭に出てくるので、子供は絵に描かれたボタンを押したくてたまらない様子で、にやっとして、押そうとするのを、阻止しようとするとまた喜ぶ感じです。
そして、途中から「押しちゃおう」という台詞とともに、押すといろんな変化が起こるので、それがまた面白くて笑っていました。

【母親の感想】
やっちゃダメということを、結果的にすることができて、そのボタンを押すと色んな面白い変化が起こる、と言うのが子供を惹きつけるにだと思います。



ぜったいにおしちゃダメ?ラリーとおばけ
おしちゃダメだけどおしたくなる!大人も子供も大はしゃぎな絵本

【作者】ビル・コッター
【出版社】サンクチュアリ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】楽しくなってはしゃぎ出す

【具体的には・・・】ラリーが最初に「もうぜったいにこのボタンはおさないで!おしたらめちゃくちゃなことが起きるから」と言うのですが、3歳の娘はそのセリフが気に入ったようで、私が読むのと同時にそのセリフを読みます。
話しかけ口調なのでこちらも読みやすく、娘もページをめくるごとに、お化けが覗いていたり、電気が消えて真っ暗なシーンになったりといろんなことが起こるので娘も楽しみにうずうずしている様子でした。

【母親の感想】
参加型の絵本なのでとても楽しめる本だと思います。
タイトルの通り、ボタンをおしちゃいけないところから始まり、「だめだけど押したい!」と言うワクワクもあるので良いです。



ぜったいにさわっちゃダメ?
体験型の絵本で動くことが大好きな3歳男子が大興奮!室内遊びの日でも汗だくになって楽しめる絵本です。

【作者】ビル・コッター 
【出版社】サンクチュアリ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】大興奮

【具体的には・・・】親が読むのに合わせてニコニコしながら絵本を触ったり動かしたりします。
真似をするパートに入るとさらに大喜びで、立ち上がって叫んだり部屋の中を走り回ったりと大はしゃぎです。
特にお気に入りがロボットのページで、ページを戻っては何度も真似をするので、なかなか絵本が終われないほど。
読み終わる頃には汗をかいています。
初めて読んだ時から今まで繰り返し読んで楽しんでいます。

【母親の感想】
子供がいろいろなものの真似をする様子がとてもかわいく、読むたびにはじけるような笑顔を見せてくれるので私もとても気に入っています。
じっとしているのが苦手な子でも自分でお話に参加しながら読めるのが楽しくて嬉しいのだと思います。