【0歳児がハマった絵本・その2】1票獲得・一覧

【0歳児がハマった絵本・その2】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう
0歳から長く楽しめる、赤ちゃんとコミュニケーションがとれる絵本

【作者】間瀬なおかた
【出版社】ひさかたチャイルド

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】絵探しのように楽しむ

【具体的には・・・】当時電車が好きだったので、色んな電車の本の中から、景色が綺麗に描かれているこの絵本を選びました。
ただ、メインの電車には特にハマらず、とにかく描写が細かいので、ページを隅々まで見て、車をみつけては「あった」と言っていました。
他にも動物や菜の花など、見せるたびに発見が増えていき、長く楽しめる絵本となりました。

【母親の感想】
一冊の絵本をこれだけじっくり楽しめるのはとてもありがたかったです。
娘は自分が好きなものを絵本の中に見つけるのを楽しんでました。



なーんだ なんだ
パンダが好きだから?」と思ってパンダ関連の物を渡しても反応を示さず、この絵本にだけすごい食いつきをします。

【作者】カズコ・G・ストーン
【出版社】 童心社

【これを書いている人】伯母

【この絵本を選んだ人】
自分

【当時の子供】
男の子・約6か月

【子供の反応】静かに何度も読み直す

【具体的には・・・】彼も少し成長してからの事件です。
何度も読んでいたせいで、ある日パパに「読んで」と言って渡したときにパンダの中表紙が消えていて「あれー?」とパンダが消えたことに不思議がっていました。
赤ちゃんの頃から読んでいたのでその頃に破いたのではと推測。
そんな彼も先日2歳になりました。
出かけるときも常に一緒だったので、この絵本も感無量だったと思います。

【伯母の感想】
大きく見やすく色もハッキリとした絵本。
ここまで食いつくとは思いませんでした。
大人も「この絵本にはどうして子供がハマるのか」と考えながら読んでいます。



にーっこり
かわいいイラストに大人までにーっこりしてしまう絵本です。

【作者】作:いしづちひろ 絵:くろざわゆうこ
【出版社】くもん出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】読み終わるまでじーっと見てにこにこする

【具体的には・・・】寝る前の読み聞かせのときによく読んでいたのですが、絵本に出てくる子のように自分もにーっこりして終始ご機嫌で聞いていました。
抱っこして読んであげていると、振り向いて私の顔を見て、同じようににーっこりして!と言わんばかりに娘もにこにこ。
読み終わると何度ももう一回!とリクエストされて、10回以上読んだ日も少なくありませんでした。
下の子が生まれると、今度は読み聞かせしてあげていました。

【母親の感想】
ほんわかするかわいい絵で、初めて見たときから私も気に入っています。
子供にとっては赤ちゃんが出てくるので身近に感じたのかな?と思います。



にゃんにゃんわん!
一歳に満たない子供を惹きつける魅力的な仕掛け絵本です。

【作者】作:わだことみ 絵:冬野いちこ
【出版社】岩崎書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私が選びました。

【当時の子供】
女の子・9ヶ月

【子供の反応】動物か鳴くたび、声を出して笑う

【具体的には・・・】9ヶ月になり歩き出した頃からこの絵本を抱きしめて家の中を徘徊していた娘。
私がそれを貰い読んであげると目を輝かせて「コレはよむものなんだ!」と理解したのか、一度読んであげて以降は徘徊はせずすぐに私のところに持ってくるようになりました。
猫と犬のページが大好きで何度もページを元に戻して声を出して喜んで見ています。

【母親の感想】
保育士をしていた時代から子どもに人気のある絵本だったので、やはりなと思いました。
可愛いイラストでたくさんの動物が仕掛けから出てくるのが面白いのだと思います。



のりもの
お手頃で持ち歩きにもぴったり!初めてののりもの絵本!

【作者】はた こうしろう
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】とにかく始まりから終わりまで笑う

【具体的には・・・】私の読み方が面白かったのか、ただバスやパトカーなどの単語と、イラストだけなのですがある時から急に大笑い。
お気に入りの絵本になりました。
ただこれで不思議なのは、わたしが読んだ時にだけ笑うのです。
旦那や義母が読んだ時には無表情。
ということはやはり私のトーン?と思っていますが真相はわかりません。
小さく持ち歩きやすいのでおでかけには持っていっています。

【母親の感想】
かわいいイラストと、単語だけのシンプルなつくりが魅力かなと思います。
また、紙質も硬く、分厚いのでカミカミしても問題ないのも良いと思います。



ピンポーン
3歳の姉が弟に本読み出来て父母も大助かり、みんなの笑顔が生まれる絵本!

【作者】作:中川ひろたか 絵:荒井良二
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知人から頂いた

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】楽しそうにキャッキャと笑う

【具体的には・・・】ドアの向こうの影と共にピンポーンとドアのチャイムが鳴り、どちらさまですかー?で、ページをめくると影の人物(訪ねてきた宅配便の動物)が姿を現すという内容なのですが、2〜3ページ読むと分かりやすい内容から0歳の赤ちゃんでもしくみが分かり、次のページをめくるのをワクワクの笑顔で待ち、めくるとキャッキャと声を出して喜ぶ。
3歳の姉も未だに読んで楽しんでいます。

【母親の感想】
私自身も絵が可愛らしくカラフルで好きな本です。
単純なストーリーと子供が大好きな動物が主役なので、嫌いな子供はいないと思います。
これは何の動物かなぁ?とか、このお届け物には何が入っているのかなぁ?とか、月齢が上がるにつれただ読むだけではなく考える為にもとっても良い絵本となっています。
又、まだ文字が読めない3歳の姉が内容を完璧に覚えており、弟に本読みしてあげる事が出来るという素晴らしい絵本である事に最近気づきました。



へびくんのおさんぽ
色づかいがハッキリしているので、赤ちゃんにもおすすめの絵本!

【作者】いとうひろし
【出版社】すずき出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親の叔母からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・0歳〜2歳頃

【子供の反応】カラフルな色彩と絵や音の面白さに引き込まれていました。

【具体的には・・・】べびくんが、大きな水たまりにかける橋になって、色々な動物を渡らせてあげます。
単純なストーリーと、「ぞろぞろ」「どかどか」「どすどす」など、動物が渡る音が楽しく、0歳の時でも声をあげて笑っていました。
また、基本的にオレンジや青などハッキリとした色の絵なので、目をパッとひかれ、物語の世界に引きこまれてしまう感じでした。

【母親の感想】
赤ちゃんにでもよく見える鮮やかな色づかいと、出てくる音が楽しい絵本だと思います。
また、単純なストーリーながら、少し大きくなると、へびくんの優しさが魅力の一つとして感じられると思います。
初めて読む絵本にもぴったりで、乳児におすすめの作品だと思います。



ぼくのしょうぼうしゃ
0歳の娘が毎日持ってくるぐらい夢中になった乗り物絵本

【作者】竹下文子/作 鈴木まもる/絵
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】静かに真剣に聞く

【具体的には・・・】とにかく読みたがり、毎日1日何回も読まされる日が1ヶ月ぐらい続きました。
当時、女の子ですが消防車が大好きだったので、乗り物図鑑のようなかっちりしたものではなく、おはなしの中に出てくる消防車を楽しめる絵本を選びました。
毎ページどこかしらに消防車が出てくるので、どのページもしっかり見てましたが、段々周りの景色の物も指指すようになりました。

【母親の感想】
消防車が景色の中に溶け込んでいることで絵探し的にも楽しめるし、好きな物の周りにある物に興味をもつきっかけにもなるところ。



まみむめもにょにょ
文章がとてもリズミカルで大人も読み聞かせやすいです!子供と一緒に口に出したくなる楽しい絵本。カラフルで可愛いイラストもお子さんの興味を引きます。

【作者】作 稲田大祐
絵 フクバリンコ
【出版社】永岡書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・10ヶ月ごろ

【子供の反応】絵本と同じ動作をしてにこにこと笑う

【具体的には・・・】初めて読んだときから他の絵本より反応がよく、読み聞かせる私の顔をじーっと見て聞いていました。
何度か読むうちに読むリズムに合わせて揺れたりしながらニコニコと聞くようになりました。
最後のページの ほっぺむにゅ〜 の動作を子供の頬を触りながら読み続けていると、そのうち自分でもそのページに来ると 頬を触りながら むにゅ〜 の動作をするようになって感激しました。

【母親の感想】
第一にカラフルで可愛い動物のイラストが子供の興味を引いたようです。
文章は短くリズミカルで、読み聞かせている私も口に出していて気持ちが良いです。
このリズミカルな文章も子供がハマったきっかけに違いないと思います。



まるてんいろてん
赤ちゃん絵本の定番!カラフルで親子で楽しめる絵本!

【作者】中辻悦子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
区からのブックスタートでもらった

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】じっとみて笑う

【具体的には・・・】お気に入りのページになると、笑って何度もそこを読むようページを戻す。
8ヶ月ごろからハマり出した。
今でもたまに読むと、見入っている。
表紙や裏表紙のまる?てん?を指さすとまた笑っているので中身だけではなく、絵本そのものを楽しんでいる感じ。
てんてんもぐもぐ、のページではなぜかパパパと言っている。
何か本人なりの意思があるのかなぁと思う。

【母親の感想】
原色で視覚に訴える、短い文章でわかりやすい。
リズムをつけて読むとさらに楽しそう。
大小の差も極端で面白い。



もうおきるかな?
本物みたいな絵!動物の親子のおねんねに親は癒され子供は興味津々になる絵本

【作者】作:まつのまさこ 絵:薮内正幸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】静かに聞き入りどんどんページをめくる

【具体的には・・・】7ヶ月の時に初めて読んであげた絵本です。
初めはぼーっと眺めていたりそっぽを向いたりという感じで本当に絵本なんて読むようになるのかな?と思いましたが、10ヶ月になった今ではママやパパの音読を集中して聞いている様子でなんと自分でページをめくろうとするようになりました。
ページが分厚くて丈夫なのでちょっと浮かしてあげると赤ちゃんでも自分でめくれます。
上手にめくれるので娘もご満悦です。
触れると思っているのか?描かれているリアルな動物を指でカリカリしています。
本が終わりページを閉じるともっと読んで0と言わんばかりに急に不機嫌になって泣きます。
そのくらいお気に入りです。

【母親の感想】
白い無地のページに写真と見紛うようなリアルな動物の絵が描いてあり、0歳の赤ちゃんにとっても身近な眠る、起きる様子が描かれています。
デフォルメ無しのリアルな絵で絵描きの仕事をしてる自分から見ても見事だなぁと思うし子供の情操教育にも良いかなと思いました。
短くリズムのある文章で読んでて楽しいし、子供も興味津々で聞いてくれます。
言葉の発達にも良さそうです。
後はページが厚いので、何でもぐちゃぐちゃビリビリにしてしまう0歳児の前に出しても安心です。
これは低年齢向けの絵本には重要です。
ページをめくろうと手を伸ばしてきてもそれを止める必要が無いので良いですね。



赤ちゃんのための色のえほん
赤ちゃんでも楽しく色と物や動物の名前を覚えることが出来る絵本です

【作者】桑原伸之
【出版社】あすなろ書房

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
上司からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・5か月

【子供の反応】絵をじっと見つめ、擬音の時は笑顔になる

【具体的には・・・】頂いたときは知育系の本だと思ったので0歳児にはまだ早いかなと思いましたが、試しに読んでみると、じっと絵を見つめ、集中していたので驚きました。
色のコントラストがはっきりしているので見ていて面白いのかなと思いました。
動物の鳴き声や、生活上の音など様々な擬音を使うので、少し大げさに読み聞かせるととても楽しそうに笑っています。

【母親の感想】
0歳から始める知育絵本としてとても読みやすいと思いました。
意味は理解していないかもしれませんが、読み続けることに意味があると思うのでシリーズで集めたいです。



頭のいい子を育てるプチ いないいないばあ!えほん
0歳からハマる!シンプルで分かりやすく、一緒に「いないいないばあ!」と言って楽しめる絵本

【作者】作・絵:かしわらあきお
【出版社】株式会社 主婦の友社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0〜1歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】私が読むと一緒になって、『ばあ!』と言って喜び、次々とページをめくっていきます。
特に好きな動物や内容だと『いぬ!』などと言って、何度もページを戻し繰り返し読みます。
たまに自分も顔を隠して、いないいないばあをして笑っています。
最初から珍しくはまっていて、今も大好きで自分で持ってきて一人で読んだり、読んで!と言ってきます。

【母親の感想】
”東大のプロジェクト発”、”頭のいい子に育てる”、”赤ちゃんを夢中にさせた”などの内容に惹かれ購入しましたが買ってよかったです!
絵がシンプルで分かりやすく、何が隠れているかも想像できてしまうぐらい単純なのが良いのかなと思います。