絵本の感想【りんごかもしれない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【りんごかもしれない】作・ヨシタケシンスケ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

りんごかもしれない
りんごで世界が広がるので子供もワクワク!固定概念を取っ払い発想力を育てる絵本。

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】好きなページは何度も自分で声を出して読んでいます

【具体的には・・・】ただのりんごじゃない世界がどんどん展開していく時は興味深々で読んでいますが、あんご、いんご、うんごと色々な形になって続いていくページをとても楽しんで読んでいます。
パパはどれがいい?ママはどれがいい?と聞いてきて家族それぞれに合うりんごの形を見つけてくれます。
色々な髪型になったりんごも家族に似た形を選んでくれてとても楽しそうです。

【母親の感想】
ひとつのりんごで世界が広がって発想力を育てるにはとても良い絵本だと思います。
子供の頭の中の世界を体感できるようで大人も柔軟な考えを持てると思います。
絵に魅力があるので子供も楽しめてハマるのだと思います。



りんごかもしれない
親子で楽しめる楽しい絵本!ストーリーの中で学べることも多くてオススメ!

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父母

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】楽しくて笑顔になる

【具体的には・・・】夜寝る前にかならず持っていき、読んでもらいたがります。
物語を覚えているので、絵を見ながら一緒に読んだりもしてくれます。
基本的にパパと読むことが多いです。
途中大きな声を出したり、笑ったり、読んでいる間も忙しいです。
お店で表紙を気に入り、実際のストーリーもとても気に入っています。
同じ作者さんのシリーズ作品もどんどん好きになっています。

【母親の感想】
大人でも楽しめる、面白い絵本だと思います。
りんごという、子供の身近なものが題材になっていて、そこからいろんなものに派生して行くのが楽しいのではと思います。



りんごかもしれない
1つのりんごから色々なものに想像を膨らませることができる面白い絵本で、子供がずっと読んでくれる絵本です。

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父母以外の保護者

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】一緒に考えたり、真剣に聞いてくれました。

【具体的には・・・】簡単に絵本の内容をお話しすると、1つのりんごから色々な物を連想させる絵本となっています。
絵も怖くない、ポップな感じで子供にも親しみやすく、愛着の湧く絵本となっています。
読み聞かせをした際、にこにこ笑いながら「りんごからおさかなになった」「これ、りんごのおうち?だれのおうち?」「りんごいっぱい!これだれ?」など家にはたくさんの絵本がありますが、1番よく楽しんでくれた絵本だと思います。

【保護者の感想】
大人の私も子供と一緒になって楽しく最後まで読んでしまいました。
大人でもクスッと笑える要素があり、繰り返し見ても飽きません。
もし私だったら1つのりんごから何個くらいまで想像できるだろうと真剣に考えてしまいます。
他のシリーズもあるので購入したいと考えています。



りんごかもしれない
絵本でもまだ幼い子供と一つの『作品』に対しあれやこれやと話せるのは凄くいい!

【作者】作:ヨシタケ シンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】寝させるための本が逆に寝なくなる。

【具体的には・・・】毎晩子供を寝かせるために本を1冊だけ必ず読むようにしていたのですが、この『りんごかもしれない』だけは子供の反応が良すぎてある意味困りました。
大体うちの子は1冊読み終わったら直ぐに、もしくは読み終わる前に寝てしまうのですが、この『りんごかもしれない』を読むときだけは本を読み終わっても、もう一回読んでとせがまれてしまいます。
酷いときは5回も連続で読まされ今では次の日が休みの日のみ読むようにしています。

【父親の感想】
赤色の多い絵本だから子供が興奮してしまうのかわかりませんが、絵本自体は正直何を伝えたい本なのか大人はわかりません。
そのせいか、子供と絵本の場面について話すことが多くなったと思いました。
また絵のタッチは独特で子供に好かれそうだなと思いました。
私自身はこういった本も悪くないなと思いました。



りんごかもしれない
このリンゴはリンゴじゃないかもしれない?柔軟な発想が身につく児童書。

【作者】ヨシタケシンスケ
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
友人

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】ケラケラ笑う

【具体的には・・・】絵本の内容的にいろんなリンゴを一緒に観ていくんですけど、息子は僕の読み方がツボらしくずっと笑い転げてます。
何がそこまで面白いのかは尋ねてもよくわからないんですけど、笑顔になってくれるので、まあ良いかって感じです。
ただ夜寝る前に読むとテンション上がっちゃってなかなか寝付けなくなるので、極力夜には読まずに昼間に読むようにしてます。

【父親の感想】
大人目線であの絵本を読むとすごくハッとさせられる内容だなと思いました。
物の見方、捉え方は一つじゃなくて色々あるんだっていうことをものすごくシンプルに教えてくれる絵本なので、私自身も影響を受けました。