【1歳児がハマった絵本・その2】1票獲得・一覧

【1歳児がハマった絵本・その2】1票獲得・一覧/412人のママ・パパに聞きました

おさんぽ おさんぽ
お散歩好きな子どもにおすすめ!お散歩気分で楽しく読める絵本

【作者】ひろの たかこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
定期購読で送られてきたもの(定期購読の申込みは母親)

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】絵を指さして参加する

【具体的には・・・】絵本が始まると、隠れている生き物を指さしては「いた?!」とニコニコ参加してきました。
水たまりの場面では、バシャバシャと音を立てれば立てるほど声を上げて笑い、楽しく参加しているようでした。
何だも読むようにせがまれ繰り返し読むうちに自分でページをめくるようになり、同じように指を指して生き物を探したり、バシャバシャと音を真似て楽しそうに読んでいました。

【母親の感想】
リズム感がよく、音が楽しいのかなと思いました。
またイラストも自然体で、特に水たまりの場目の水しぶきが上がる様子が水遊び好きの息子の心にヒットしたのかなと思いました。



おさんぽさんぽ
いろんな動物たちとお散歩ができる絵本子どももつい口ずさんでしまう絵本

【作者】すまいるママ
【出版社】フレーベル館

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
友達からのもらいもの

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】一緒に読む。

【具体的には・・・】おさんぽさんぽという絵本はひよこやリスさん、うさぎさんなどがママと一緒にお散歩をする絵本です。
絵本の文章が「おさんぽ さんぽ」というフレーズをよく使うことから、
子どもも真似をして「おさんぽさんぽ」と言いながら読んでくれていました。
また、絵がフェルトを使ったやさしいタッチの絵なので、それも可愛く子どもも真剣に絵を見ていました。

【父親の感想】
毎ページに「おさんぽ さんぽ」というフレーズが出てくることから、
子どもにとっても覚えやすいフレーズでつい口ずさんでしまう文章がたくさん出てくるところが子どもがはまりやすい所かなと思いました。



おばけなんてないさ
かわいいお化けのイラストや、楽しいお歌に盛り上がること間違いなし!

【作者】せなけいこ
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
保育園にあった本

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】テンションが上がる

【具体的には・・・】歌に合わせて読み聞かせをしていると、最初のうちは食い入るようにみ続けていた。
そのうち内容を覚えたのか手拍子をしながら楽しむようになった。
何ヶ月かたつと一緒に歌うようになり、季節を問わずにリクエストして楽しんでいた。
朝の会でおばけなんてないさの歌を歌う時にも張り切って歌っていた。
ハロウィンがきっかけで読み始めた本だが、お気に入りになったようでよかった。

【私の感想】
他の絵本にはめずらしい黒い背景を使っていたり、切り絵を使っていたり、文章が全て歌だったりと様々な要素が組み合わさっていて素晴らしいと思う。



おふろだ、おふろだ!
この絵本読んだ後だとお風呂に入るの割とスムーズに行くよ!

【作者】作:わたなべ しげお 絵:おおとも やすお
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳半〜2歳頃

【子供の反応】一度読むと何度もリピート依頼される

【具体的には・・・】我が家は父親とのお風呂が週末だけだったのもあってか、お父さんと一緒にお風呂に入っているくまくんいいなあと思っていたようです。
また、実際お風呂に入った時は、この絵本の真似をして肩までしずんだり、一緒に入っているお母さんやお父さんの背中を流してくれたりしていました。
くまくんがお風呂後に自分で着替える場面があるのですが、頑張って自分で着替えようとする様子もありました。

【母親の感想】
よくよく考えると熊って獰猛な生き物なイメージですが、絵本で熊が主人公って結構多いなと子育てをするようになって思います(そして熊が主役の絵本は往々にして子どもに人気)熊の二足歩行・・・と思う時点で、ああ大人になってしまったと思いますが、そう言った事を考えずに素直に絵本の内容に入る事ができる子どもって凄いなあと感じます。
ちなみに他のくまくんシリーズも大好きでしたが、理由としては熊だからかなあ。



おめんです
ばぁ!」お面の中から誰が出てくるかな?0歳から楽しめて大はしゃぎ間違いなし!ユーモアたっぷりの絵本

【作者】いしかわこうじ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】親族

【この絵本を選んだ人】
私(保育士)から弟の子どもへのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】一緒になってばあ!と反応してテンションが上がっていました。

【具体的には・・・】一緒になって本をめくったり、ばぁ!と声を出して笑っていました。
0歳の時から読んでいて今では文字は読めませんが内容を覚えて一緒に読んでくれます。
とても喜んでいつも持ち歩いてくれています。
最後のおめんの一覧のページで「○○ちゃんはこれー」などと自分のつけたいお面を選んだり親や私のお面を選んで楽しんでいます。
親が読み聞かせしなくても一人でも見て楽しんでいるそうです。

【私の感想】
めくれるところや簡単ないないいないばぁの繰り返しというところが魅力だと思います。
絵もはっきりしていてかわいくユーモアのある絵本です。
最近おめんですの3が出てすぐに購入し読んでいますがどんどん絵がリアルになっていき大人でも楽しめます。
お面を実際に作ってあげてもとても喜んでいたのでよかったです。



かおかおどんなかお
いろんなかおの登場で豊かな表情と感情表現が見につく絵本

【作者】柳原良平
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1〜2歳現在まで

【子供の反応】本にでてくる顔(表情)の真似をします。

【具体的には・・・】「わらったかお」「泣いたかお」だけでなく「あまーいかお」「辛いかお」といったユーモラスないかおも載っていて、それぞれの表情を真似しています。
特に怒ったかおと辛いかおが好きみたいでその二つが出てくると真似しながらケタケタ笑っています。
「辛い」という言葉をこの絵本で知り、以来食事中、塩からいものが出てきた時は「ママからい!」と言ってくるようになりました。

【母親の感想】
すべての顔の色が違って、背景の色も異なっていてそれぞれに特別感があるところ。
怒ったり泣いたり感情がコロコロかわる2歳児には絵本の中の顔が面白く、魅力的にうつるのだと思います。



かぜビューン
風の効果音【ビューン】が良い響き シンプルな描写でおすすめ

【作者】TUPERA TUPERA

【出版社】株式会社 学研プラス

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】仕掛け絵本になっています ページをめくると笑顔でビューン(風の効果音)と言いながら
何度もくり返しながら笑っていました
特に風が吹いてアイスクリームが顔にかかるページがお気に入りでした
母親、父親どちらが読んでも同じ反応をしていました
仕掛け絵本は好きなタイプでしたが、特にこの本はお気に入りなようで
1日に数回は読んでいました

【父親の感想】
子どもがお気に入りの本だったので
自然と私もお気に入りになっています
ハマった魅力としては、シンプルな描写で
風の効果音が良いのではないかとおもいました



ぎゅっ
読み手は楽!子どもも「ぎゅっ」が嬉しい!親も子も幸せな絵本

【作者】ジェズ・オールバラ
【出版社】徳間書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
こども園からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・1〜3歳

【子供の反応】嬉しそうにニコニコする

【具体的には・・・】「ママ読んで〜」と言って持ってきては膝の上に座ってきていました。
子ザルのジョジョに自分自身を重ね合わせるようで、文章はひたすら「ぎゅっ」の一言だけですが、読み手の私が場面場面の感情に合わせて読み方を変えるので、とても感情移入しやすいようで、最後にママに会えたジョジョが「ぎゅっ」としてもらえた場面では自分も「ぎゅっ」としてもらえるのがとても嬉しそうでした。

【母親の感想】
とてもシンプルな内容でママに「ぎゅっ」としてほしい子ザルがママを探して回って最後にママに「ぎゅっ」としてもらうまでのお話ですが、子ザルの絵の表情や読み手の声の変化などで子ザルの感情を感じ取れて、子どもが自分に重ね合わせて感じられる良い本だと思います。



ぎゅっぎゅっぎゅっ
絵本の通りに触れ合うだけで子どもが大喜びする絵本。親子のコミュニケーションにぴったり。

【作者】文いしづちひろ
絵よしのあきお
【出版社】Benesse

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
市の新生児訪問で貰った

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】最初の頃は表紙を見ただけで笑顔になった。
1歳を過ぎて内容に合わせて手をぎゅっぎゅっぎゅっとしたり、鼻をつんつんするようになった。
最後のページのハグをすると照れた感じに笑う。
絵本に出てくるパパやママが読んでもいいし、おばちゃんが読んでも楽しそう。
他にたくさん絵本を買ったりもらったりして増えたけど、その中でもこの絵本が好きそう。

【母親の感想】
ページ数が少なくてすぐ終わってしまうけど、リズム感がよくて何回も繰り返し読めるし読んであげたいと思える。
子どもはパパママとの触れ合いが嬉しそう。



くだものいろいろかくれんぼ
メロン、ブドウなど子どもが大好きな果物がたくさん出てきて楽しい絵本

【作者】いしかわこうじ
【出版社】ポプラ社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】一緒にくだものの名前をあてる

【具体的には・・・】くだものいろいろかくれんぼの絵本は、いちごやばなな、メロンなどの様々な果物の絵が隠れている絵本であり、
実際に、「これは何の果物かなー」というと、子どもが「いちご!」「バナナ」など、クイズ形式で答えて楽しんでくれた絵本です。
ちょうど1歳から2歳くらいの時に、果物をたべるのが好きだったため、実際に見たことがある果物を当てるのが楽しそうでした。

【父親の感想】
子どもが好きな果物の絵本であり、さらに「これは何の果物かなー」と言ったように、一方的な読み聞かせの絵本ではなく受け答えができることから面白いと思いました。



ころりん、ぱ!
普段どんな絵本に興味を示さない息子が絵本の虜に。絵本のおかげで成長

【作者】ひらぎみつえさん
【出版社】ほるぷ出版

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】体を揺らし声を出して喜びます。

【具体的には・・・】ころりんぱの絵本を見せるだけで体を揺らして喜び、手に取ると満面の笑みであそびはじめます。
まだ思うように指先を動かすことのできない息子ですが、自分なりに頑張ってわっかを転がし達成できたらとても喜びます。
最初はぎこちない指先でしたが、何回か回数を重ねるごとに器用になっていき、スムーズにわっかを動かすことができるようになりました。

【母親の感想】
普段どんな絵本にも興味を示さない息子が珍しく興味を示したので購入しました。
最初は見て喜ぶだけだったのですが、わっかが動くとわかったら体を揺らし喜びました。
だんだん慣れてくると上手にわっかを動かすことができるようになり、成長した息子を見るととてもうれしかったです。



しかけえほん くだものどうぞ
身近な果物を覚えるのにピッタリ。子供と一緒に果物を切ったり剥いたりできる、しかけ絵本です。

【作者】作:きのしたけい 絵:阿部真由美
【出版社】コクヨ

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】果物の絵に触ろうとして手を伸ばす

【具体的には・・・】楽しそうに果物を剥くしかけを親と一緒にする。
剥いた果物の絵を指でつまみ、口に持っていき食べる動作をする。
自分だけでなく母親の口にも持ってきて、どうぞ!と食べさせようとしてくれる。
そのうち果物の名前を覚えて、表紙の絵を見たら果物の名前を教えてくれるようになった。
ご飯の時に果物を出すと、この絵本を持ってきて、コレと同じ!と嬉しそうに指をさす。

【母親の感想】
既に剥いてあるものではなく、こうやって剥くという工程が描かれていて良いと思う。
皮や種や芯を取るところも分かる。
子供にとっては自分で果物を剥いているという動作のしかけが魅力だと思う。
見てるだけではなく、手を動かすので飽きなかったのではないかと思う。



ぞうくんのさんぽ
たくさん動物が出てきて、最後のシーンはこどももお気に入りの絵本

【作者】なかのひろたか:さく・え
なかのまさたか:レタリング
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】動物たちが増えるたびに喜び、最後は自分の体も傾いてしまう様子

【具体的には・・・】ページをめくると動物たちが次々にでてくるので、待ちきれない様子だった。
最後に池に落ちるシーンは、とても楽しそうにしていた。
「うわーっ」と落ちていくときにこどもも自然に体が傾くほど聞き入ってくれていた。
落ちても動物たちはごきげんでいるので、私もとても明るく読み聞かせ、子供もいつも笑顔で絵本を閉じていた。

【母親の感想】
子供に読み聞かせるのに、最初のほうに買った本で、ストーリーがシンプルでこどももすぐになじんでいた。
池に落ちるシーンが細かく描かれているので魅力だった思う。



たっぷりのりものずかん
悩んだら買ってみて!この一冊で乗り物をたくさん知れる!

【作者】岡本功
【出版社】ひかりのくに

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・一歳

【子供の反応】じっとみてお気に入りの車を指さしをする

【具体的には・・・】初めはあまり興味なさそうにしていた。
何度か読むうちに、パトカー、消防車、工事の車を覚えたらしくイラストを見ても写真を見ても指差して喜ぶようになった。
イラストのページが好きなようで、写真のページはたくさんの車が載っており、お気に入りを見つけるのにまだ時間がかかっているが、集中してみている。
父親と読むと特にニコニコしていて男同士?通じるものがあるのかなと思う。

【母親の感想】
イラストも写真も載っていること。
まさにのりもの図鑑だと思う。
また、外を走っている警察、消防関係の車が多く掲載されていてそこも興味を惹くと思う