絵本の感想【パンどろぼう】作・柴田ケイコ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【パンどろぼう】作・柴田ケイコ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

パンどろぼう
味のある絵と面白いストーリーと印象的なセリフで子供が笑顔になる絵本

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】絵本の中の絵を指さしたり、声出して笑う

【具体的には・・・】1歳の息子がパンどろぼうがパン屋に忍び込んで隠れてるシーンにある、パンダとウサギの置物にいつも指をさします。
1歳8ヶ月になると隠れてるパンどろぼうを見つけて笑顔で指を指すようになりました。
「まずい」と凄くガッカリする印象的な面白いシーンで「ふふふ〜!」って毎回、笑います。
何回もそのページに戻って読んで欲しがってます。
とても好きな本のようで、夜に読み聞かせて欲しいと自分から絵本を持ってきます。

【母親の感想】
味のある絵と、面白いストーリー、読み聞かせで声の抑揚が出しやすいセリフまわしなので読んでて楽しいです。



パンどろぼう
どろぼうの正体はまさかの?!一緒にパンが食べたくなる絵本

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】パンどろぼうがパンを盗む時にパン屋のおじさんに見つからないように走って隠れるシーンで一緒に「サササ!」って真似します。
他のパンと同化して隠れているページでは「ここにいるよ」「これはうさぎのパン」などと教えてくれます。
特に好きなシーンはパンどろぼうが盗んできたパンを食べるシーンです。
絵にインパクトがあって凄く面白いみたいで何度も笑っています。

【母親の感想】
絵がパステル画で色がとても綺麗で見ていて楽しいです。
また読む時の文章がリズム感がよくて読んでいて心地よいです。



パンどろぼう
2歳児がどハマり!パン屋さんのやりとりが楽しい!パンどろぼうの正体が気になる絵本!

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】


【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】絵本のパンをキラキラした目で見る

【具体的には・・・】最初は長いかなと思いましたが飽きずにいつも最後までニコニコと聞いています。
パン屋さんのパンが並ぶページではパンを指差しながら、これは?と名前当てクイズがはじまり、掴んで食べる仕草をしたり、食べさせ合いをしたりと見開き2ページでとても楽しんでくれます。
またパンどろぼうが、まずい!というページではケラケラと嬉しそうに真似をしています。

【母親の感想】
いろんなパンが美味しそうに並んでいる様子が子どもには魅力的らしく、嬉しそうに覚えたパンの名前を教えてくれます。
お店屋さんのやりとりを含め一冊でいろいろなコミュニケーションがとれて楽しむことができます。



パンどろぼう
ストーリーが理解できなくても絵は明るく面白いし、パンどろぼうがある意味運命のパンに出会って食べる場面はとっても面白いよ

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親(回答者)

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】興味深々に聞いている

【具体的には・・・】初めて読み聞かせたときは理解できていないようだったけど、パンどろぼうが森のパン屋のパンを食べて「まずい」というところに大ハマり!2回目以降は「まずい!」と一緒に言って楽しんでいます。
またパンどろぼうがパンを盗みに入る前に下見をしている場面のニヤリニヤリやパンを盗んで逃げるサササッなどの擬音?も面白く響くようでニコニコ笑いながら聞いています。

【母親の感想】
子ども2人ともパンが好きなので、兄用に購入しましたが、擬音が多く2歳の妹にも理解できたようです。
どろぼうの話ですが絵は明るいタッチで進んでいきます。
途中、パンどろぼうが改心するきっかけとなったまずいパンを食べて「まずい」という場面だけ暗いタッチで描かれていて、視覚的な色の差も子どもにうけてました。



パンどろぼう
飽き性な娘(2歳)が何度も持ってくる??笑って驚いて子供の心を鷲掴み絵本

【作者】柴田ケイコ
【出版社】KADOKAWA

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】じっと聞いて、笑顔になる

【具体的には・・・】読み始めはどんな展開になるのかわくわくしながら真剣に聞いてくれます。
パンどろぼうの正体が分かるととても笑顔になりそのシーンをよく真似してくれていました。
パンの味がについて描かれたシーンでは声を出して笑っていました。
親子でそのシーンのような顔をしあう遊びもできて何度も読む様にお願いされていました。
パン泥棒はシリーズものの為飽きないのか今でも好きなようでよく読んでいます。

【母親の感想】
美味しそうなパンの絵や個性的なキャラクターにハマっているようでした。
悪い事に時間を使うよりも良い事に自分の時間と力を使う方がより楽しいということに気づかさせてくれるところも魅力的だと思います。



パンどろぼう
絵もキャラも内容も可愛くて面白い!予想外の展開に思わず吹き出します。

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】ニコニコ聞いていて、セリフを一緒に言います

【具体的には・・・】最初は私(母)が気に入り購入したのですが、1回読んでからはこれ読んで!と自分からよく持ってきます。
何回も読むうちに話を覚えているので一緒に読んだり、ページを指差して可愛いね、やここにこれがあるね!など色んな話をしながら読みます。
1番盛り上がるのは途中で出てくる「まずい」という絵本でメインの場所なのですが、パンどろぼうの表情を真似しながら何回も何回も「まずい」と言うセリフを言ってはケラケラ笑っています。
1度ハマると抜け出せなくなりずーっと笑っていることもあります。

【母親の感想】
柴田ケイコさんの本は他にも持っていて、最初は絵が可愛いなと思って購入しました。
パンどろぼうは絵が可愛いのはもちろん、キャラクターが本当に魅力的で内容もとっても面白いです。
大人も絶対笑います。



パンどろぼう
どんなパンにしようかな。思わず美味しいパンが食べたくなるような絵本。突然、親子で大爆笑できる絵本!

【作者】柴田ケイコ
【出版社】KADOKAWA

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
私(保育者)

【当時の子供】
男の子・4歳児(年少)

【子供の反応】途中まずいパンを食べた反応を見て大笑いしていました。

【具体的には・・・】最初はじっと絵本の展開を見ており、様々な種類のパンを見て「このパン食べたい」と指をさして絵を楽しんでいました。
途中食べたパンがとても美味しくなく「まずい〜!」というページでは主人公の表情がおもしろく、友だちと一緒に大笑いしていました。
繰り返して読むと、そのページがくる事を察してニヤニヤして期待し、一緒に「まずい〜!」と楽しそうに読み進めていました。

【私の感想】
柔らかい絵のタッチが可愛らしく、美味しそうなパンがとても魅力的で、パンを選ぶ楽しさもある絵本だと思います。
子どもにとっては「まずい〜!」のページが面白く魅力的だと思います。



パンどろぼう
パンを盗むねずみが改心して、美味しいパンを作ることに。

【作者】柴田けいこ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】笑顔になる。

【具体的には・・・】パンを盗むねずみがいる。
パンが大好きなので、味にはうるさい。
ある時、新しくできたパン屋に盗みに入り食べると、とても不味かった。
クレームを言いにいく。
店主もまずいパンで悪かったと謝るが、盗むことも悪いと言う。
美味しいパンを一緒に作らないかと提案。
その店で手伝い、美味しいパンをつくる。
登場人物もユニーク面白い。

【父親の感想】
登場人物がユニークであること、絵も大きく見易い。
また登場人物の表情も面白いことが、面白いところ。
悪いことも学べる。



パンどろぼうvsにせパンどろぼう
パンどろぼうシリーズの2作目で、前作よりさらに勢いが増して子供が喜ぶ絵本

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】声を出して笑う、キャラクターを指さす

【具体的には・・・】パン屋にお客さんがたくさんいるシーンで色んなキャラクターを嬉しそうに指さします。
父親がメガネをかけてるからか、メガネをしてるキャラを全員指さしてます。
パンどろぼうが変身するシーンの「ジャーン」と、齧られるシーンでの「ガブッ」という音、パンどろぼうたちがパンを脱いで正体を表す勢いのあるシーンに声を出して笑います。

【母親の感想】
息子がパンどろぼうシリーズ大好きなので喜んでくれて良かったです。
前作より勢いのあるページが増えたので、より喜んでます。
親も読む時に抑揚つけやすく良いです。



パンどろぼうとなぞのフランスパン
パンどろぼうシリーズ3作目で、よりパワーアップした内容。なぞのフランスパンとの戦いが親も子も読んでて楽しい。

【作者】柴田ケイコ
【出版社】角川書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】夜寝る前に必ず寝室に持ってきて読んで欲しがる、声出して笑う

【具体的には・・・】1歳8ヶ月の息子が今一番ハマってる絵本です。
パンどろぼうシリーズが好きなので新作が出て嬉しいそうです。
なぞのフランスパンが部屋に隠れてるのシーンで、親が「忍び込んでいるようです!あー!」とフランスパンを指さしてたら息子もすぐ笑顔で指さすようになりました。
パンどろぼうがフランスパンの店に乗り込む時の「バーン」という音に爆笑、なぞのフランスパンが出てくるシーンが少し怖いので、ちょっと怖い感じで読みますが子供は笑ってます。

【母親の感想】
パンどろぼうシリーズ3作目で、今までで一番子供に読んでいる絵本です。
キャラクターによってセリフの言い方が変えやすく、親も読んでて飽きません。
フランスパンが子供には少し怖そうな感じで描かれてますが、そこが子供には面白くツボだったようです。