絵本の感想【コんガらガっち どっちにすすむ?の本 】作・ユーフラテス/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【コんガらガっち どっちにすすむ?の本 】作・ユーフラテス/子供がハマった絵本を412人に聞きました

コんガらガっち どっちにすすむ?の本
迷路遊び感覚で大はしゃぎ!何通りにも話が広がる親子で楽しめる本

【作者】ユーフラテス
【出版社】小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】めいろ遊びの感覚で何通りにも話が広がり、盛り上がりました。

【具体的には・・・】本に指を指しながら楽しく一緒に話を進めていってます。
お母さんが読んでも、お父さんが読んでも、テンポや強弱の付け方が違うのでそれぞれ楽しんでいます。
初めて読んだときからハマり、今でもよく読んでいます。
話が何通りにも広がるので、一回読んだら終わりではなく、何回ももう一回読んでコールがあり、リピートしています。

【母親の感想】
親子で一緒に話の中に参加できて楽しめる本だと思います。
読んでいると自然とテンションが上がり、笑顔になれる本です。
何通りにも話しが広がるのが魅力だと思います。



コんガらガっち どっちにすすむ?の本
子供の想像を膨らませ、自分で選択する楽しさを教えることができます

【作者】ユーフラテス
【出版社】小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】テンションが上がります

【具体的には・・・】自分の選択に沿って読み進めていくことで物語が変わっていくような、ゲーム性のある絵本シリーズです。
こんがらがっちという変な生き物が歩いていくのですが、指でなぞりながら「どっちに行く?」ととても楽しそうに飽きずに遊んでいました。
この本は仕掛けがいろいろとあって、隠れキャラを探すのもとても楽しんでやっていました。

【母親の感想】
わたしもとても好きな絵本です。
イラストがカワイイ。
へんてこな生き物が、イカとカラスが合体したような生き物など、発想がユニークです。



コんガらガっち どっちにすすむ?の本
3歳ぐらいからの子供の絵本の読み聞かせに最適!大人も子供と楽しめる絵本

【作者】ユーフラテス
【出版社】小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3〜5歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】絵本に選択肢があるので、母親(私)や読み聞かせしてくれる人と一緒にそれを選んだりして楽しんだり笑ったりしていました。
絵本を買ってきて読ませた時点で喜んでいましたし、楽しい絵本なので割と繰り返し読み聞かせしていたと思います。
子供からの読み聞かせリクエストも多い本だったし、だいぶ大きくなった今でもごくたまに見ています。

【母親の感想】
Eテレでも時々出てくるキャラクターデザインや企画をしているユーフラテスというグループの本だったので、面白そうだなと思って買ってよかったなと思っています。
あと、子供がハマった魅力は、独特のキャラクターと親しみやすい絵やワクワクする絵本の作りなのかなと思っています。