絵本の感想【ノンタンシリーズ】作・キヨノサチコ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【ノンタンシリーズ】作・キヨノサチコ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

ノンタンのたんじょうび
ノンタンの絵本の中でも可愛くてわくわくしてラストの絵がとても可愛くて感性を刺激する絵本になっている

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】わくわくして聞いている

【具体的には・・・】ノンタンの仲間が「ないしょないしょ」というたびに子供も口元でしーのポーズをして「ないしょね」と私に言ってほほ笑んでくれます。
一番盛り上がる所はノンタンの形をしたクッキーがテーブルに沢山並べられている所で子供はワーッと喜んで一つ一つ指で取って食べたり一気に握りしめて口に運んで食べたりして楽しんでいます。

【母親の感想】
私が子供の頃に買ってもらって読んでとても大好きだった絵本だったので子供にも買いました。
私が大好きだったページで同じように子供が喜んでいるのを見て分かる分かると私まで嬉しくなります。
この絵本はノンタンのクッキーが沢山出てくる所がとても感性を刺激してくれます。
そのページを何度も眺めて食べる真似をして同じようにクッキーを作りたいと言ったりするので子供は読むたびにワクワクしていると思います。
絵から受ける楽しいイメージが子供には魅力なのだと思います。



ノンタンのたんじょうび
みんな大好き!みんなが笑顔になれるおたんじょうびかい!

【作者】作・絵: キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】ニコニコ笑顔になりながら見ていました。

【具体的には・・・】ページをめくるたびに表情がころころ変わります。
ノンタンの誕生日を準備するためノンタンの友達がノンタンを避けるシーンでは悲しそうな顔をしていたり、ノンタンが誕生日をお祝いしてもらっているときはきゃっきゃとノンタンと一緒になって笑顔で喜んでいました。
まるでノンタンの感情が子どもに乗り移ったかのように見えました。

【私の感想】
身近にいるかわいらしい動物キャラクターを起用しているところだと思います。
名前もシンプルで覚えやすいし呼びやすいです。
色使いも明るくはっきりとした色を使っています。
またキャラクターごとに色かぶりがないところも印象強いです。



ノンタンのたんじょうび
ストーリー展開にドキドキしながらも最後はみんなが笑顔になれる絵本!家族で読んでみてほしい一冊です。

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】ドキドキしながらストーリーを追う

【具体的には・・・】ノンタンの誕生日を祝うためにうさぎさん、たぬきさん、ぶたさん、くまさんが秘密で準備を進めていきます。
始めはノンタンが仲間はずれにされているように感じ、ドキドキしながら見ていますが、後半パーティーのシーンで、子どもも思わず笑顔になります。
ストーリー展開によって、ドキドキ顔やにっこり顔、子どもの様々な反応が見られます。

【母親の感想】
皆がノンタンを仲間外れにしているようで、実はサプライズパーティーを開くというストーリーが楽しいです。
また、ノンタンの形のクッキーやケーキがとても可愛く、このページを見るだけでも子どもはハマるのではないかと思います。



ノンタン
王道の絵本”ノンタン”!親子、家族でも楽しめる絵本

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
本人(私)です。

【当時の子供】
男の子・4さい

【子供の反応】静かに真剣にじっと聞く

【具体的には・・・】聞く時は静かに真剣にじっと聞き、家族の誰が読んでも、読み終わった後はニコニコとした笑顔です。
しばらくすると、絵本を片手に読んでほしいと家族全員に催促します。
祖父母からのクリスマスプレゼントとして与えられ、未だにノンタンは好きです。
子供には兄弟もいるのですが、兄弟ともにノンタンが大好きでハマっています。

【父親の感想】
子供にとっては読みやすく、ポップなキャラクターを軸としたストーリーが分かりやすいところが魅力的なポイントであると思います。



ノンタン
教養に必須絵本!ノンタンシリーズを読み終えたころには子供の成長が期待できます!!

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】じっと静かに聞く

【具体的には・・・】真剣に聞いている様子でした。
ノンタンの行動やセリフが子供にはどう映っているのか、質問してどう思うのかインタビュー形式でやると子供にとってもいい絵本だと思います。
「こういう時は何て言った方がいいかな?」「〇〇ちゃんの行動どう思う?」など聞いてあげることで子供なりに考えて答えを出します。
その反復練習が重要だと思いました。

【父親の感想】
教養にはうってつけの本だと思いました。
しかもシリーズ系なので飽きないです。
一通り読み終えたら最初に戻って読み聞かせをすると久しぶりなのか喜んで聞いてくれます。



ノンタン おしっこしーしー
子どもがトイレを覚える!動物と一緒に練習できる絵本

【作者】キヨノ サチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】声を出して笑う

【具体的には・・・】初めて読んでもらった時から、声を出して喜んでいました。
最後まで読んだあともすぐにもう一回と言い、何回も読んでもらっていました。
おばあちゃんとママが読むと笑ってくれます。
何回も読みすぎて、子どもが自分でおしっこしーしーなんの音?と内容を覚えてよく言ってます。
絵を見ながらも指差しをして何をしているのか教えてくれるようになりました。

【母親の感想】
動物が可愛く描かれているのと、文も短くわかりやすく何度もリピートされるので子どもも覚えやすく一緒に楽しめるのだと思います。



ノンタン おやすみなさい
昔からあるベストセラー。色使いやイラストが可愛くて、内容も面白い。

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】真剣に聞いていて、絵や文字を指差ししたり、覚えたところは暗唱している。

【具体的には・・・】内容がわかるようきなってから、寝る前に必ず持ってきて、父か母と一緒に読んでいる。
文字は読めないけど、最近は暗唱している。
親が読もうとすると「ダメダメ!」と言って遮ってまで読もうとしている。
数字や時計の表示に興味を持っているので、時計の絵が出てくると、おもちゃの時計の秒針を動かして、「これは○時○分?」と聞いてくる。
赤ちゃんの時は全く興味を示さなかったけど、文を思い出すのも、時計を見て考えるのも楽しいらしい。

【母親の感想】
夜寝るまでに時間がかかり、いつも子供が寝るには遅い時間になってしまうので、「ノンタンの寝る時間までに寝よう」と言い聞かせている。
子供には効果はあまりないけど、言い聞かせるにはちょうど良い本だと思っている。
ノンタンシリーズは耳に言葉が音として残るような楽しい言い回しが多いので、絵もかわいいし、暗唱しやすい部分も子供には合っているのかな、と思う。



ノンタン ピクニックららら
自分の好きな食べ物を探しながら楽しいピクニックが出来る、食いしん坊にはたまらない絵本

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】叫んでテンションが上がる

【具体的には・・・】ノンタンシリーズはうちの娘も大好きですが、ピクニックらららという絵本は、ピクニックへ向かう最中に、色々なご飯や果物、お菓子が出てきます。
自分の好きな食べ物を指さして、「これ、持っていく!」と言ってはしゃいでいます。
また、向かう道中も迷路道になっているため、2歳児に迷路は少し難しいのですが、がんばって指でなぞっています。

【父親の感想】
ごはんや果物、お菓子などがたくさん出てくることから、自分の子どもが好きな食べ物があり、それを探したりすることがとてもうれしいのだと思います。



ノンタン ボールまてまてまて(ノンタンあそぼうよI)
3歳男児が夢中になる!ノンタンのボールを追って、わくわく!めいろや探し絵の導入にも!

【作者】キヨノサチコ/作・絵
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】身を乗り出して、絵本に参加する

【具体的には・・・】絵本上にころがるボールを指で追ったり、探して指さしたりします。
身を乗り出して、ワクワクしているのがよく分かります。
読んであげると、「あっちに行っちゃった!」「どこに行った?ここだ!見つけた!」と張り切って参加します。
とにかく楽しそうです。
もう4歳になり長いお話の絵本も好きですが、たまに自分で持ってきてはボールを追っているほど今でも気に入っているようです。

【母親の感想】
お話を聞くだけでなく、ボールを追って参加できるのが魅力だと思います。
絵本が苦手な子どもでも夢中になると思います。
ページをめくるワクワク感を、子どもに実感させられるのが嬉しいです。
息子はこの本をキッカケに、めいろや探し絵が大好きになりました。



ノンタン!サンタクロースだよ
12月にわくわく読める楽しい絵本!定番のノンタン絵本でクリスマスを楽しもう!

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】イラストを指差しながら動物の名前を言う

【具体的には・・・】元々動物が出てくる作品が好きでしたので、イラストを見ながら、出てくる動物の名前を順番に教えてくれました。
特に本作中盤で、沢山の動物がサンタクロースになっているイラストが見開きでどーんと描かれているページがあり、そのページが特別お気に入りで、順番に動物の名前を言って楽しんでいます。
初めは知らなかった動物もいましたが、教えてあげると少しずつ覚えて、あっという間に全て覚えて言えるようになりました。

【母親の感想】
昔から子供たちに読まれている人気の作品なので、キャラクターが魅力的なのはもちろんですが、文章のテンポがとても良く、するすると読み聞かせられるのが良いと思います。



のんたんいないいなーい
キャッキャと全身で楽しさを表現してくれる、子供を笑顔にしてくれる絵本

【作者】作・絵:キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】キャッキャと笑う

【具体的には・・・】キャッキャと笑って喜びます。
最初からハマっていたわけではなく、読むにつれて反応が大きくなってきています。
誰が読むかよりも読み方(いないいないばあ!の言い方や読み手のテンションの高さなど)によって、反応の大きさに差があるなと思います。
今では一番のお気に入りで、どの絵本よりも一番大きく笑ってくれたり体をバタバタさせて喜んでくれます。

【母親の感想】
私自身、子供のころから馴染みがあり好きな絵本なので、息子も好きになってくれて嬉しいです。
「いないいなーいばあ!」の掛け声を、息子の反応を見ながら行っているので、より楽しんでくれているのかなと思います。



ノンタンいもうといいな
色々あるけど、兄弟っていいなと素直に思える絵本です!

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
子どもの父親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】ノンタンと妹のやり取りににっこりしながら聞いている

【具体的には・・・】ノンタンと妹のタータンが仲良く、友達を驚かせたり、喧嘩をしたり、仲直りをしたりする絵本です。
もうすぐ、第二子が生まれるというタイミングで第一子に買いました。
ノンタンとタータンのやり取りに笑ったり、少しドキドキしたりと、クルクル表情を変えながら聞いていました。
初めて読んだ日から、長い間、お気に入りの絵本でした。

【母親の感想】
兄弟っていいなと自然に思えるのがこの絵本の魅力だと思います。
子どももそれを感じとっていると思います。
もうすぐ赤ちゃんが生まれる上の子に特におすすめの絵本です。



ノンタンおやすみなさい
夜寝る時間にまだまだ遊びたいと駄々をこねる2歳の息子が大ハマり!読み始めると真剣に聞いて、自分も寝ようかなと思わせてくれる寝かしつけにぴったりの絵本です。

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2歳

【子供の反応】静かに真剣にお話を聞く

【具体的には・・・】2歳の息子が夜寝る前にまだまだ遊びたいという時に、寝かしつけするときにおすすめと言われているノンタンおやすみなさいの絵本の読み聞かせをしました。
「ノンタンおやすみなさい」は初めて読んだ時から反応も良く、毎日読んで読んで!と持ってくるくらい当時はまっていました。
絵本を読み始めると、息子もじっと座り、真剣に絵本を眺めて聞いています。
寝るのが嫌!といっていたのに、ノンタンおやすみなさいの絵本を読むと布団に寝ころび寝ようとしてくれます。

【母親の感想】
自分はまだまだ遊びたいけど寝る時間帯なので友達みんなは寝ているし、夜更かししているとどうなるのかということがとても分かりやすく描かれています。
可愛らしいノンタンの絵も子供がはまる魅力だと思います。



ノンタンおよぐのだいすき (ノンタン あそぼうよ4)
とにかく分のリズミカルさがいい!読んでる大人も楽しめる!子どもも大人も楽しめる絵本。色使いがはっきりとしているので子どもの眼にも印象強く残る絵本。海の生き物の名前を覚えることもできるのでおすすめ。

【作者】作)キヨノ サチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】文のリズムに合わせて体を揺らして楽しそうに聴き入る。

【具体的には・・・】この絵本を読み始めると、楽しそうに文を読むリズムに合わせて体を揺らし始めます。
文自体も短く覚えやすいリズミカルなものなので、3歳の娘は文を覚えて一緒に読んだりすることができます。
目を輝かせながら何度も読んで読んでと、せがんできます。
海の生き物が出てくるので、「これは何?」と時々質問しながら読み進めることもあります。

【母親の感想】
文体がリズミカルなので、読んでいる大人も楽しく、あっと亜馬に読んでしまう作品です。
絵が可愛らしいのと簡単な内容のストーリーなので分かりやすく、子どもも好きになったのではないかと思います。



ノンタンがんばるもん
注射嫌いな子にこそ読んでほしい絵本!きっと勇気が湧いてきます。

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】ドキドキしながら読んでいる

【具体的には・・・】注射が嫌いなノンタンがみんなに励ましてもらいながら、頑張って注射する絵本です。
うちの子は注射嫌いではありませんが、毎回注射されるシーンまでドキドキしています。
母が臨場感たっぷりに読むと喜びますが、ストーリーのテンポがいいので、自分でも覚えて読んでしまうほどハマった絵本です。
よく声に出して読んでいました。

【母親の感想】
注射嫌いな子ならきっとノンタンに強く共感できるはずです。
ノンタンの頑張りが微笑ましく、親子で楽しんでほしいと思える絵本です。



ノンタンぱっぱらぱなし
みんなもノンタンと一緒にたのしくお片付けしよう!!

【作者】作・絵: キヨノ サチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】テンションが上がっていました

【具体的には・・・】前半は自由気ままに遊び散らかし帰るノンタンの姿を見て、きゃっきゃきゃっきゃと喜んでみていました。
話が進むにつれて、ゴミがノンタンにつきまとってきた辺りから真剣な表情で絵本を読んでいました。
絵本を読んだ後は、せっせと自分のおもちゃを片付けるようになりました。
子供に面白く楽しくお片付けの大事さを伝えるいい絵本だと思います。

【私の感想】
表情豊かなノンタンやお友達が素敵だと思いました。
また、お片付けの大切さを子供に分かりやすく伝える絵本です。



ノンタンぶらんこのせて
親子代々引き継がれるベストセラー。親子代々読み継がれる、ユーモアに溢れた優しい世界。

【作者】キヨノ サチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
祖母

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】ノンタンという主人公の名前を連呼して、何度も読んでとせがんでいました。
夜寝る前に、布団まで持ってきて一緒に読みながら寝るのが日課になっていました。
ノンタンのシリーズはこの本だけでなくたくさんあり、登場するキャラクターもうさぎやタヌキなど親しみやすく、どの本もストーリーが簡潔でユーモアがあるので、きゃっきゃと笑いながら楽しんでいました。

【母親の感想】
自分自身が幼少時に読んでおり、実家に捨てずに置いてあったため馴染みがありました。
子供にも読み聞かせたら、すっかりハマってしまい、覚えやすいキャラクターと色鮮やかなイラストが読み聞かせの入門に良いのだと思います。
これからも読み継がれるシリーズだと思います。



ノンタンぶらんこのせて
絵本に興味を持ち出した年齢になったら選んであげてほしい1冊!ストーリーを理解する導入にぴったりです。

【作者】キヨノサチコ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・2歳

【子供の反応】静かにじっと聞いていて、繰り返し読むことを希望する

【具体的には・・・】絵本の絵をじっと見つめて、読み聞かせの声を真剣に聞いています。
初めて読んだときはあまり興味を示さなかったが、何度か読み聞かせしているうちに絵本を読み終わっても何度も繰り返して読むことを希望してくるようになりました。
まだ文字は読めないが、読み聞かせた言葉を覚えて「ぶらんこのせて」など、自分で絵を見ながら親に向かって逆に読み聞かせをしてくれます。
ほかの絵本だとこういうことはなく、この絵本だけはすべて絵本の文章を覚えてしまいました。

【母親の感想】
1ページあたりの文章量が長すぎず、少なすぎずちょうどいいように思います。
子供が覚えやすい文章量と内容がいいです。
また、ノンタンのキャラクターも可愛く登場キャラクターもすべて動物なのが入りやすいように思います。