絵本の感想【そらまめくんシリーズ】作・なかやみわ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【そらまめくんシリーズ】作・なかやみわ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

そらまめくんのベット
絵本を読んで八百屋さんに興味を持ちました。親子で一緒に食育もできる絵本です

【作者】なかやみわ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達の紹介

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】わくわくして次のページに進みたくなる

【具体的には・・・】そらまめくんがはじめは誰にも貸してあげたくなかった自分だけのベットを少しずつ成長して貸してあげようとするところに、一緒になって貸してあげている気持ちになっているようで、自分も優しいでしょ!というアピールをしていました。
何回も繰り返しても、そらまめくんの思いやりの出てくる部分がお気に入りのようで、読み進めるスピードを上げるようにせかされていました。

【母親の感想】
ちょうど自分のことしか考えられない時期にこの絵本を読むことで考えることができるようになったと思います。
子供は自分と似ているとは思っていなかったのかもしれませんが、他の人のことも考えることが大切なのだということを感じることはできたようです。



そらまめくんのベッド
優しく心温まるストーリーが、淡い色彩の優しい絵で描かれている絵本です。心が浄化される絵本!

【作者】なかやみわ
【出版社】こどものとも絵本

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】ストーリーを真剣に聞いています

【具体的には・・・】そらまめくんのお気に入りのベッドがある日なくなります。
そこで、えだまめくんやピーナッツくんなど、まめの仲間が協力して探してくれますが、ベッドは意外な動物に使われています。
ストーリー展開がドキドキするので、じっとお話の世界に入って聞き入っていました。
最後は皆がハッピーエンドなので、思わずにっこりします。
絵もとても可愛いのでほっこり聞いています。

【母親の感想】
心温まるストーリーと、可愛らしい絵で沢山の子に読んでもらいたい絵本です。
子どもも物語の世界が持つ優しさみたいなものにハマったと思います。



そらまめくんのまいにちはたからもの
友達と遊ぶ楽しさ、四季の美しさが感じられる絵本!親子で癒されます。

【作者】なかやみわ
【出版社】小学館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
子どもの祖母

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】可愛いらしい登場人物と美しい春夏秋冬の世界を味わっている

【具体的には・・・】そらまめくんが、友達のえだまめくんや、ピーナッツくんなどと過ごしている日常を描いた絵本です。
何気なく過ごす毎日が宝物と言うテーマで、春夏秋冬の魅力や季節ごとの遊びの楽しさが描かれているので、想像力を膨らませながら自分もその世界にいるように聞いています。
自分もそらまめくん達と一緒に遊んでいるような感覚で聞いていると思います。

【母親の感想】
友達と遊ぶ楽しさや、季節を楽しむ工夫が自然と伝わってくる良い絵本だと思います。
親が読んでもほっこり癒されると思います。