絵本の感想【じゃあじゃあ びりびり】作・まついのりこ/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【じゃあじゃあ びりびり】作・まついのりこ/子供がハマった絵本を412人に聞きました

じゃあじゃあ びりびり
絵がカラフルで子供も一緒に読める絵本!本の大きさもちょうど良くて持ち運びも出来る!

【作者】まつい のりこ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】不機嫌に泣いていても泣き止む

【具体的には・・・】生後3ヶ月ごろに購入して読んであげていましたが、まだ小さかったものあり最初は興味ありませんでした。
ですが、生後7ヶ月ごろからこの本に興味を持ち始めて、好きになっていました。
不機嫌に泣いていてもこの本を読み始めてると泣き止んで、じっと聞いてくれます。
最後まで読むとまた最初から読んでっとお願いしてきて、1時間くらいは平気で永遠リピートしています。

【母親の感想】
本を買ったきっかけは絵がカラフルで、子供が発音しやすい言葉が多く書かれていたからです。
私がぶーぶーぶーぶーっと読むと、子供も一緒にぶーぶーぶーぶーっと言ってくれて、とても可愛いですし発音の練習にもなっています。



じゃあじゃあびりびり
赤ちゃんに最適な色彩で初めての読み聞かせにピッタリな絵本

【作者】まついのりこ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】初めて見る絵や初めて聞く音に興味を持ってみる

【具体的には・・・】子供に初めて買った本です。
0歳で初めて見た本なので口に入れたりなめたりしながら見ていました。
子供が凄く乱暴に扱っていましたが敗れる事もなくて良かったです。
子供にとっては鮮やかで分かりやすい色と絵が刺激的なようで自分で持って読んだふりもしていました。
ひこうきの音や紙が破れる音がとても気に入っていて同じページに何度も戻って読みました。
読んでほしい時はずりバイの時期でも絵本を引きずって持って来たのでハマっていたと思います。

【母親の感想】
初めての絵本として買ったのですが、子供にもとっても分かりやすい内容で可愛い本だと思います。
簡単な絵や文字触れる体験が出来て赤ちゃんにはぴったりだと思います。
子供は初めて聞く音や絵、色の刺激を受けるので興味が沸くのだと思います。



じゃあじゃあびりびり
おもしろいオノマトペの連続で赤ちゃんも楽しめる。聴覚視覚からたっぷり刺激を受ける絵本。

【作者】まついのりこ
【出版社】偕成社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・一歳

【子供の反応】一緒にオノマトペを言って笑っています。

【具体的には・・・】オノマトペを大袈裟に読むとケラケラ笑います。
もう次のページに何が来るのかを覚えていて、ページをめくる前にオノマトペを言って喜んでいます。
最後に「おしまい、またね」と読むと、すぐに「もう一回!」とリクエストします。
最近ではオノマトペ以外の名詞も覚えて、赤ちゃんが泣いているシーンでは「泣いてるねぇ」と、様子まで教えてくれるようになりました。

【母親の感想】
単純な言葉、繰り返し言葉だけのシンプルな本だと思います。
絵は原色をたくさん使ってあり、視覚からも刺激を受けるようなパキッとした色味です。
そのカラフルさも子供にとって楽しい要素なのかなと思います。