【0歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本

【0歳からおすすめできる絵本】2票獲得・一覧/子供がハマった絵本を412人に聞きました

おひさまあはは

おひさま あはは
みんなが笑っている表情につられて大人も子どもも声に出して笑顔になれる絵本

【作者】作:前川かずお
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・6か月

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】最初は集中して見ているようでした。
にっこりとしたイラストが出てくると、見ている子どももにっこりと、笑顔になりました。
絵本を見て、笑顔になり、読み聞かせをしている人を見て、笑顔を見せて、また絵本のほうに視線を戻していました。
最初からハマっているようで、絵本の中で男の子とお母さんが笑っている場面を見ると一番の笑顔を見せてくれました。

【私の感想】
読んでいる人も「あはは」と笑い、読み聞かせをして、自然と読んでいる人も笑顔になり、見ている子どもも笑顔になれるので、とてもすてきな絵本だなと思いました。
表情がわかりやすいイラスト、「あはは」と笑っていると分かりやすい描写に魅力があるのだと思います。



おひさまあはは
親からの一方的な読み聞かせではなく、1歳児の子供とでも「一緒に読める」絵本です。

【作者】前川かずお
【出版社】こぐま社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
プレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】イラストのにっこりしてる顔を真似していました。

【具体的には・・・】文章がとても短く、「〇〇があはは」というくり返しで構成されていて、1歳の子供は、もちろん字は読めないのだけれど、次はこれかなと予測できるようで、「〇〇!あはは!」と自分で読むことが出来ていて、とにかく「あはは!あはは!」と自分で言えることを楽しんでいました。
親は「あ、ほんとだ、あははしてるね」みたいに合いの手係になっていました。

【母親の感想】
プレゼントしてもらった本で、自分では選ばない感じの絵本だったのですが(自分では図鑑系とか、ちょっとストーリーがあるようなものを選びがちだった)、子供の食いつきに良い仕事してくれた絵本だったなぁと思っています。
子供がはまった魅力はとにかく自分で言える「あはは」という言葉のくり返しだと思います。
イラストも温かみがあって素敵です。



かんかんかん

かんかんかん
独特な写真使いで0歳児の目を惹く!踏切のリズムで子供も興味を示すこと間違いなし!

【作者】のむらさやかと川本幸
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
図書館の0,1歳児おすすめ絵本詰め合わせの中

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】静かに真剣にじっと聞く

【具体的には・・・】0歳当時、絵本類にほぼまったく興味がなかったが、この絵本だけはは本当にじっと見ている。
読み終わると、手で本をぐっと押してきて、もう一度読んでほしいというようなアピール。
父、母どちらが読んでも反応に変わりはなし。
喜ぶ感じではないが真剣に見ている。
1歳後半になると、言葉も話せるようになり、親の真似をして読んだり、絵を指さして物の名前を言ってみたりして楽しんでいる。

【母親の感想】
最初は絵がかわいいわけでもないし、電車好きでもないのではまらないと思っていたが、むしろその独特な絵(写真)にはまったのが真剣に見ていた。



かんかんかん
男の子が大好きな黒と黄色の踏切!なにかなにかな、何が通るかな?みんなで一緒に言ってみよう!『かーんかーんかーんかーん』!

【作者】文:のむらさやか 制作:川本 幸 写真:塩田 正幸
【出版社】福音館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・2〜3歳

【子供の反応】笑顔になってはしゃぐ、笑う

【具体的には・・・】リズムに乗って読むと、ニコニコ笑顔になり、体をリズムに合わせて動かしながら聞いてくれます。
一通り読み終わると、またすぐ『もついっかーい!』と言って、何回も何回も読みました。
踏切の『かーんかーんかーんかーん』という音やリズムが耳に残りやすく、繰り返すうちに、子供も一緒に口ずさんで楽しんでいました。
最後に出てくる動物が、急に大きくなるので、『わあ!』と嬉しそうに、少し驚きながら、楽しい気持ちで読み終えることができます。

【母親の感想】
淡々と読むのは面白くなく、リズムに合わせて読み進めると喜んでくれます。
踏切の『カーンカーンカーンカーン』という音(響き)が楽しいようで、体を揺らしてリズムに乗っているのがわかります。
絵も黒字にボタンや帽子、食べ物やフォークなど、身近なものを組み合わせて形にしているので、じっくり見ても新しい発見があり楽しめる本です。



くだもの

くだもの
親子でパクッ!美味しい果物いただきます。食育におすすめの絵本。

【作者】平山和子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・10ヶ月

【子供の反応】果物の絵をじっと見て、触ろうとする。

【具体的には・・・】果物をとって食べようと頑張っている。
パクッと食べる真似をして読み聞かせると、子供も同じようにして遊ぶようになった。
慣れてくると、自分から食べる真似をするようになる。
また、食べたことのある果物が増えてくると、よだれを垂らして読んでいることも。
食べ物も、絵本で見慣れていると食べる時に喜んで食べるようになる。

【母親の感想】
写実的で美味しそうな果物がとても良いと思った。
また、手渡す様子も描かれており、「さぁどうぞ」のやりとりも良い。



くだもの
立体的で絵のくだものを実際に食べたくなる、子供も大好きな絵本

【作者】作:平山和子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私の母の職場同僚からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】じっくり見ながら、絵を触る

【具体的には・・・】座って、絵をじっとみているけれど、食べたことがあり覚えている絵を見たら指差して興奮したように声をだして目をみひらいている。
自分でページを何度もめくり返している。
1歳になったときはあまり興味を持たなかったけれど、1歳半になった頃から絵本に興味を持つようになってきました。
絵の中にバナナがあり、その絵をみたときに自分で台所にあるバナナを持ってきていました。

【母親の感想】
食べたことのないもの、見たことのないものを絵本でみて実際に同じものがあると「あった」や食べたいと意思表示をしてくるようになり刺激になってていいなと思いました。
絵だけれど、とても立体的に描かれている所が子供にも興味がひかれたのではないかと思いました。



ごぶごぶごぼごぼ

ごぶごぶごぼごぼ
もしかしたらお腹の中を思い出しているのかも?息子が真剣な顔で見てくれる絵本!

【作者】駒形克己
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
義母

【当時の子供】
男の子・0歳

【子供の反応】真剣な顔で見ている

【具体的には・・・】擬音語ばかりの絵本なのですが、これを読むと静かに見ています。
じーっと見ていることが多いです。
最後のページのしーの部分にだけ、声をだして「しー」と笑っていますが、そのほかのページは黙って、真剣な顔をしてみています。
でもこの絵本を読んで欲しくて持ってくるときに、すでに「しー」と笑いながら持ってきています。

【母親の感想】
義母がお腹の音に似ているんだってと言って持ってきてくれました。
もしかしたらお腹の中での音を思い出しているのではないかと思っています。



ごぶごぶ ごぼごぼ
話始めたこどもが興味津々になる絵本。本人が読み聞かせしてくれるかも。

【作者】作:駒形克己
【出版社】株式会社 福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・2歳頃

【子供の反応】自分で真似して絵本を読もうとします。

【具体的には・・・】文に擬音語がよく使われているので、本人が絵本を声に出して読んでいます。
一時期は、本人が私にその絵本を読み聞かせようとしてくれました。
字はもちろんまだ読めなかったのですが、私の真似をしながら、雰囲気で読んでいました。
擬音語が使用されているので、言葉を話し始めた当時の子供にとっては読みやすかったのだと思います。

【母親の感想】
見ただけで、とても分かりやすい絵本だと思います。
絵も抽象的なので、子供も面白くてハマったのだと思います。
絵本を読みだすと一緒になって喜んでくれました。
4歳になった今でも、たまに本人が私に読み聞かせをしてくれます。



だっだぁー

だっだぁー
表情に合わせたオノマトペで子どもと一緒に同じ表情をして楽しめる絵本です

【作者】作:ナムーラミチョ
【出版社】主婦の友社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
保育園にて購入

【当時の子供】
女の子・0歳、1歳

【子供の反応】同じ表情をしたり、保育者のマスクを取って顔を確認したりします。

【具体的には・・・】お部屋に何冊も絵本はおいてあるのに、毎年一番最初にぼろぼろになるほど子供に人気です。
読んで〜ともってきて、一緒に読むとさまざまな表情の絵を見て一緒の表情をしようと顔を動かしたり、友達同士や保育者と顔を見合わせて笑顔になります。
特に好きなところはむちゅ〜とべぇーのページが人気でした。
0歳児クラスにおいてある絵本でしたが1歳児の子が来ても持っていきたがるくらいに楽しいみたいです。

【私の感想】
私は正直初めて見たときは全然楽しくない絵本だなと思っていました。
絵柄もよくある絵本ではないので避けがちですが私の印象だと頭のいい子は好きな印象があります。
子供にとってはその独特な音や絵が想像力を掻き立てるのかなと思いました。



だっだぁー
色使いが豊かで粘土で作られた顔がとねもキュートな絵本

【作者】ナムーラミチヨ
【出版社】主婦の友社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私です

【当時の子供】
女の子・一歳頃

【子供の反応】絵本と読み手をじっと見ている

【具体的には・・・】喜ぶ表情はまだ見られていませんが、本棚から探し出して持ってきてくれるお気に入りの絵本の一つです。
膝に座らせて読んでいても絵本と読み手の顔を何度も見比べて興味深そうにしています。
読み終わっても何度もページを戻し、もう一回読んでほしいとアピールしてくれます。
特に「ぎーじいーじ」のページがお気に入りのようです。

【母親の感想】
保育士をしていた時代に、赤ちゃんたちがこぞって真似をしていてとても面白かったので私の娘にもと思って購入しました。
真似がしやすそうな独特な表現が魅力なのかなと思います。



よくきたね

よくきたね
お母さんの優しい声掛けとハグで親子の愛情を深める絵本

【作者】文:松野正子 絵:鎌田暢子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
自治体のブックスタートでいただいた本

【当時の子供】
女の子・0歳

【子供の反応】母親に抱き着いてくれる

【具体的には・・・】動物のお母さんがわが子を呼び、子どもがお母さんに「よくきたね」と抱きしめられる絵本です。
最後には人間のお母さんと子どもになります。
1歳前後の頃には、この本を読むと必ず子どもから抱き着いてくれるようになりました。
0歳1歳の頃にどの本を読みたいか選らばせると、必ず選んでいました。
優しいタッチの絵をじーっと見つめ、穏やかに読み聞かせを楽しんでいました。

【母親の感想】
読むと涙ぐんでしまうくらい、親子の愛情があふれている絵本です。
子どもが大きくなっても、読み返すと赤ちゃんだったときのかわいいわが子への愛情を思い出させてくれます。
子どもがハマったのは、優しい絵柄とママの優しい声、最後に必ず抱きしめ合えることが魅力的だったのだと思います。



よくきたね
あんよが上手な子供にピッタリな、心優しくなる絵本。

【作者】作:松野 正子 絵:鎌田 暢子
【出版社】株式会社 福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】喜んでニコニコ笑顔になる

【具体的には・・・】絵本の内容が、お母さんが、子供を呼んで抱っこしていくのですが、家の娘も喜んで私に近づいて「抱っこ、抱っこ。」と言って抱っこしてきました。
それがとてもかわいいです。
娘もも抱っこしたらいつもニコニコ笑顔になります。
1歳ぐらいの時期は、歩けることが嬉しいと思いますので、喜んで読んでくれる絵本だと思います。

【母親の感想】
とても優しい良い絵本だと思います。
特に、歩けるようになった子供には、印象的な絵本だと思います。
私も歩いて近づいてくる子供を抱っこしながら、とても優しい気持ちになりました。