絵本の感想【ぐりとぐら】作:中川李枝子、絵:大村百合子/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【ぐりとぐら】作:中川李枝子、絵:大村百合子/子供がハマった絵本を412人に聞きました

ぐりとぐら
森のパティシエ登場!ふかふかな大きなカステラを作ろう。

【作者】作: 中川 李枝子絵: 大村 百合子
【出版社】 福音館書店

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
友達からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】テンションが上がっていました。

【具体的には・・・】小さなネズミのぐりとぐらが、自分よりも大きな卵を見つけて大きなカステラを作っている工程がとてもめずらしく面白かったのか目を丸くしてみていました。
完成したカステラを森のどうぶつたちと分けて食べてたところを見たせいか、絵本を読み終わったころには「大きなカステラが食べたい!!」とお母さんにねだっていました。

【私の感想】
手描きのような温かみのあるタッチが子どもに受けていたと思いました。
大きなカステラを作る夢いっぱいのストーリーもいいと思います。



ぐりとぐら
特大ふんわりカステラに、思わず笑みがこぼれる絵本。

【作者】作:中川李枝子 絵:大村百合子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】楽しそうに笑顔になる

【具体的には・・・】ぐりとぐらがカステラを作っていく工程は、真剣に聞いていました。
そして、特大カステラが出来上がると、「うわあ!」と笑顔になります。
森の動物たちでカステラを食べる場面では、自分も一緒に食べているような仕草をすることも。
絵をじっと見て、「かたつむりさんも食べてるね、小さいの」などと、気付いたことを教えてくれます。

【母親の感想】
私自身が小さいころ好きな絵本だったので、娘にも読んでほしいと買いました。
ぐりとぐらが力を合わせて試行錯誤しながらカステラを作っていく工程、
そして特大のおいしそうなカステラが出来上がる瞬間、
最後に森のみんなで仲良く食べる光景。
子どもにとって魅力的な場面がたくさんある絵本だと思います。



ぐりとぐら
読めばベストセラーな理由が分かる。可愛くてお腹が空く絵本です。

【作者】なかがわりえこ
おおむらゆりこ
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】祖母

【この絵本を選んだ人】
祖母からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・3歳

【子供の反応】穏やかな感じで大人しく聞いています

【具体的には・・・】定番の絵本ですが、色使いが優しく雰囲気も柔らかいのですぐに気に入りました。
まずぐりとぐらは赤と青どっちなのかと言う確認を何度もしました。
そしてたまごの大きさにびっくり。
こんな大きなたまご落ちてたらいいなあとテンションが上がっていました。
ホットケーキが大好きでよくつくるのですが、この道具で混ぜるんだよねなどと興味津々な様子でした。
そしてこんな大きなカステラ作りたいーい!とテンションがあがり、実際大きいものを一緒に作りました。
最後のたまごのカラの車に乗りたいらしく、外で大きなたまごが落ちていないか探しています。

【祖母の感想】
私も小さい頃読んだことがあり、長年人気の絵本なだけあってよく食い付きました。
カステラを作っていく様子がとても美味しそうで本当に食べたくなります。
親子です好きな絵本です。



ぐりとぐら
かわいらしい絵と魅力的な2人のキャラクターに小さい子供から小学校低学年までも夢中!絵本から親子で会話も生まれる絵本

【作者】作:中川李枝子 絵:大村百合子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】伯母

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・三歳

【子供の反応】かわいいと絵本に指差ししながら笑顔で聞く。

【具体的には・・・】リスの絵が子供にとってとてもキュートでかわいらしいらしく、表紙をずっと指差ししながら「ぐりかわいい」とかと言ってなかなかなか本を開き始められないこともあるぐらい子供のお気に入りの本です。
カステラの絵が出てくるのですが、それを見るたびに食べ物の連想ゲームのように子供と私の間で会話が始まり、子供も目を輝かせて絵本の世界と会話両方を行き来するのを楽しんでいるように見えます。
毎日のように子供の想像力を刺激しているかわいらしい絵とお話です。

【伯母の感想】
魅力的なぐりとぐらというキャラクターが子供たちを飽きさせず好きにさせていると思います。
シリーズで何冊もあることも子供がぐりとぐらの世界に夢中になる要因だと思います。



ぐりとぐら
主人公はねずみですが、力を合わせて卵をどうするか考えたり、その為に道具は何を使うのか、どこで料理するのか考えます。知恵が必要でアイディアも湧きます。赤、青、黄色、緑が印象的な3歳児からの絵本です。

【作者】なかがわりえこ作 おおむらゆりこ絵
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親の私がプレゼント

【当時の子供】
女の子・3歳〜5歳

【子供の反応】「ぐり、ぐら」と、声をだしているとケラケラ笑っていました。

【具体的には・・・】ぐりとぐらが卵を見つけた時や、それがとても大きいことに驚いていました。
表情はびっくり顔です。
手も身振り手振りをつけて「これくらい?」と聞いていました。
この絵本は大きくなってからも読んでいました。
森でフライパンを使い、カステラを作ってみんなが集まってくる場面は、現在子供がキャンプ好きになった原点かもしれません。

【母親の感想】
私も子供の頃読んで、大人になっても何度も読み返しています。
卵料理が好きなのと、毎日卵を使って料理するのも「ぐりとぐら」のおかげかもしれません。



ぐりとぐら
書籍の仕事に就いた長男が今も薦める、シンプルだけど味がある大人気絵本、ぐりとぐら

【作者】作:中川李枝子 絵:山脇百合子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
幼稚園の先生、母親

【当時の子供】
男の子・4歳

【子供の反応】絵本の読み聞かせから自発的に本を読むという態度に変わっていた

【具体的には・・・】それまでは、絵や仕掛けを楽しみながら、絵本を読み聞かせてもらうのを楽しんでいたけれど、この絵本をきっかけに自発的に本を読んで楽しむという姿勢に変わった。
幼稚園に通うようになって、物語の筋が自分の生活と共通した内容なので、親しみを感じていた。
何度も読み返すうちに、ますます物語に魅了されていった様子だった。
この頃から、すらすら音読できるようになったと記憶している。

【母親の感想】
さすが、幼稚園で読み聞かせをしてもらっていただけあって、仲間との共同生活が取り上げられているので、当時の子供の生活と直結していて、親しみやすかったのだと思う。
絵も文章もシンプルで、わかりやすく、読みやすかったのだろうと思う。



ぐりとぐら
可愛いキャラクターで、物語に入り込める魅力がありますまた、シリーズ化しているので、読み終わった後も別のストーリーを楽しめるのもよいです。

【作者】中川李枝子・大村百合子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】伯母

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・5歳

【子供の反応】真剣に、楽しそうに聞いている。

【具体的には・・・】初めは静かに真剣に聞いていましたが、読み終わった後は物語が楽しく喜んでいるようで、また繰り返し読むようお願いされ、何度も読み聞かせているうちに話の内容もすっかり覚えました。
本を手に持つ姿は、とても嬉しそうな表情を浮かべていました。
絵本の登場キャラクターの「ぐり」「ぐら」も気に入って、よくお絵描きをしたりもしていました。
小学生になった今でも、大切に本棚に並べ、たまに読み返しているようです。

【伯母の感想】
赤と青の服を着たキャラクターが仲良く何かを達成していく物語は、とても可愛らしくほっこりとし、子供が夢中になる魅力があります。
子供が何度も繰り返し読みたくなる素晴らしい絵本です。



ぐりとぐら
白の部分が多いので背景の想像力を高める。読むだけで楽しい気分になれる絵本

【作者】なかがわ りえこ 作 / おおむら ゆりこ 絵
【出版社】 福音館書店

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
自分

【当時の子供】
男の子・6歳から11歳まで

【子供の反応】身を乗り出してみる、最後食べたい!と笑顔になる

【具体的には・・・】海外の小学校で読み聞かせをしました。
他にも本はありましたが、どの年代の子にも(一番下から上の学年まで)受け入れてもらいました。
座っていられないなど落ち着きのない子供もいましたが、ストーリーが進むにつれみんなが真剣に見はじめ、最後のカステラにテンションが上がっていました。
クラスのみんなで作りたいと言って盛り上がったり、その日は家に帰ってから自宅でホットケーキが食べたくなり、リクエストをしたなどという話も聞きました。
ニュージーランドでしたが、カステラってどんな食べ物?美味しい?という質問は必ずされました。

【私の感想】
私も子供の頃大好きな絵本でした。
一人で読んでいたのですが、大きなカステラは子供にワクワクをくれると思います。
シンプルな絵だからこそストレートに話が伝わってきます。



ぐりとぐら
書いてあることを口ずさめる小学校低学年ぐらいにはうってつけの絵本だと思います。

【作者】 なかがわ りえこ (著), おおむら ゆりこ (イラスト)
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
父親

【当時の子供】
女の子・6歳

【子供の反応】静かに真剣にじっと聞いている。
ときどき読もうとする。

【具体的には・・・】いつも寝る時間になると、私や妻のもとに絵本を持ってきて、「よんでー」と言ってきます。
どうも娘にとってはこの「ぐりとぐら」という絵本は寝る前に聞きながら寝るための必需品になっているようですね。
あと昼に読んでいるときは、少しテンションが高めで気に入った場所になると一緒に読もうとしています。
こんな感じで娘にはこの絵本は特別な一冊だといえるでしょう。

【父親の感想】
実は私自身もこのぐりとぐら シリーズは小学校の頃、図書館で見ていて大好きだったので娘にも見せているのですが、独特の言葉の表現方法と絵の可愛らしさで子供はハマるのだと思います。



ぐりとぐら
子供から大人までもが読んでも食べたくなってしまう。読んだ後はママにこれ作って?といわれるかもしれない絵本

【作者】作:中川李枝子 絵:大村百合子
【出版社】福音館書店

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
自分

【当時の子供】
女の子・8歳

【子供の反応】静かにじっと読んでいた

【具体的には・・・】野鼠が小さい体でパンケーキを焼いていて自分も食べたそうにしていた。
次のページが気になってめくっては戻し、めくっては戻しを繰り返す。
途中最後はどうなったか気になって、読み終わってもいないのに最後のページに行ってしまう。
本当にこんな大きなパンケーキができるのかわからなかったからで、結局もう一度最初から読み返すことになった。

【私の感想】
やっぱり、自分より大きい食べ物をみて作ってみたいなあと思わせるところが自分にとっての魅力だと思います。
駄菓子屋のお菓子とか大きくしたら幸せだろうと今でも思います。



ぐりとぐらのおきゃくさま
色彩がはっきりしていて、絵も文もとてもシンプルです。ねずみのちょっとした発見から、色々学べます。3歳から大人まで、年齢を問わず楽しめる最良の絵本です。

【作者】なかがわりえこ文 やまわきゆりこ絵
【出版社】福音館

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私がクリスマスプレゼントをしました

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】真剣に聞いていました。
森での発見がドキドキしたようです。

【具体的には・・・】ぐりとぐらは小さくて可愛らしいキャラクターです。
以前からこのシリーズは何冊か読んでいるので、とても嬉しそうでした。
「ワーイ、読んで読んで」と何回もせがまれました。
私自身、この本は読んだことがなかったので、自分も嬉しくて少し大袈裟な口調で読んでいました。
テンションもあがり、とっても喜んでいたのを思い出します。

【母親の感想】
私も「ぐりとぐら」が大好きで、というより子供より好きで読んでいるかもしれません。
子供の時から親しんでいるので、この絵本には特に愛着があります。
子供自身は、ぐりとぐらが今度は何を作るのか興味津々でした。