絵本の感想【だるまさんと】作・かがくいひろし/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【だるまさんと】作・かがくいひろし/子供がハマった絵本を412人に聞きました

だるまさんと

だるまさんと
読めば読むほど大ハマリ!!家族揃って笑顔になれる絵本

【作者】かがくい ひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1歳

【子供の反応】笑顔になって笑う

【具体的には・・・】読み始めた当初はあまり反応もなく、ただただ読むのを聞いているだけでしたが、ある日をさかいにポイントポイントで声を上げるようになりました。
そこから自分のおもしろポイントではかならず声を上げて一人でゲラゲラと笑うようになりました。
毎日10回は本を持ってきて読んでくれと言わんばかりにひたすら読み続けた記憶があります。

【父親の感想】
だるまさんのキャラクターがかわいいのと、ぷしゅーやおっ!!など幼児でも声を出しやすく音で理解ができる点だと思います。



だるまさんと
長女も長男も一歳の時に大ハマり。絵本のキャラクターと同じ動作をする子供がとてもキュートです。

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・一歳

【子供の反応】絵本と同じ動作をする。

【具体的には・・・】笑いながら絵本のキャラクターと同じ動作と絵本の擬音の音を真似しながら、楽しんで読んでいます。
母親、父親、おばあちゃんでも誰が読んでも喜びます。
最初は保育園で読んでから、本の内容を覚えたようで、家でも読んで読んでと絵本を持ってくるぐらいにハマっています。
覚えやすいので3歳の娘が一歳の弟に読み聞かせをしながら読んでくれます。

【母親の感想】
短い擬音とわかりやすい動作があるのが楽しいようです。
読む方も短いのでサクッと読めるので負担が少ないです。



だるまさんと
だるまさんだけではなく仲間も登場!シリーズで揃えてほしい絵本

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・一歳

【子供の反応】ラストシーンで笑う

【具体的には・・・】はじめのページは飛ばす勢いでめくる。
最後、果物たちとだるまさんがタワーになるシーンが好きなようでそこを真似してうーんと力を入れたり、最後タワーが完成し、ピースサインする場面ではケラケラ笑っている。
この絵本は私が読んでも、旦那が読んでも面白いらしく、機嫌が悪くてもコロッと良くなる。
初めから好きなわけではなくて、繰り返し読むうちに好きになったようだ。

【母親の感想】
赤ちゃん向けの短い絵本なので繰り返し読むのも苦痛でなく、大人も楽しめる。
また、果物の登場人物が可愛い。



だるまさんシリーズ全般

だるまさんシリーズ
音が楽しい、絵も楽しい、ママもパパも赤ちゃんも皆んな楽しくなっちゃう絵本

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・1〜2歳

【子供の反応】ははっと笑う

【具体的には・・・】ページをめくるたびに「ぷっ」「の」などの音で終わる本なので、読み方で子供がその音に喜びます。
絵タッチも赤色のダルマは主役なので見やすくて、面白い可愛いせいかキャラクターも大好きで自分でも開けて読みます。
ページをめくると新しい音で終わる、その音を発するとははっと笑ってくれます。
真剣に見入る時もあります。
特に女性が読むと喜びます。

【母親の感想】
単純な音と文章が子供の興味を惹きつけ、飽きさせないのだと思います。
単純な音が子供を楽しませるのだと思います。



だるまさんシリーズ
小さな子どもでも馴染める可愛らしい絵とわかりやすい内容です。

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
上司からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳半

【子供の反応】嬉しそう

【具体的には・・・】絵本を読むときのリズムが良いようで、身体を揺らしたり、ニコニコ笑顔で見てくれます。
はじめは集中してじーっと見ているだけでしたが、家だけでなく保育園でも多くて使われていて、保育園でも読んでもらっているうちに絵本の内容やリズムも覚えたようで、家でも自分で絵本を開きながら覚えたストーリーを読む姿が見られました。

【母親の感想】
リズムも良く、小さい子供でも読める内容であるため、わかりやすくてとても良いと思います。
子供だけでなく親も一緒に楽しめるものであると感じます。



だるまさんシリーズ がのと
可愛いだるまさん達がおりなす可愛い動作を親子で一緒に楽しめるユニークな絵本

【作者】かがくい ひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
先輩ママ友からのプレゼントです。

【当時の子供】
女の子・1歳半から3歳

【子供の反応】とても楽しそうに喜びます。

【具体的には・・・】絵本の中のだるまさんの動きと言葉に合わせて、楽しそうに真似をします。
文字の数も少ないので、だんだん読んでいくうちに絵本の言葉を覚えて一緒に読めるようになってきます。
身体を動かして、笑顔で親子でハッピーな気持ちにさせてくれる1冊だと思います。
長女がハマりましたが、今は長女が6歳下の妹に読んであげています。

【母親の感想】
びろーん!、にこっ、ぷしゅー。
など擬音語が多く出てくるので子供の耳には聞き入れやすいと思います。
ギュッとハグをしたり、ぽにんとおしりをあわせたり、コミュニケーションもたくさん取れる仕掛けもとても魅力的なところの一つです。



だるまさんシリーズ(3冊)
だるまさんシリーズは3冊とも子どもたちが夢中に!落ち着かない時でもそれを一緒に読むと、集中しながらも全力で楽しめる一冊です

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】子供の親の知人

【この絵本を選んだ人】
保育園

【当時の子供】
女の子・1歳から2歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】だるまさんが、だるまさんに、だるまさんと、
と題名を言い本を見せただけで覚えている子どもはうわーと指をさして喜んでいる様子。
1ページめくる毎にだるまさんが、、、と体を横に揺らしながら楽しみ、本の中のだるまさんと一緒にプシューやハグをしたりして体全体で表現していました。
言葉が話せる子どもは一緒に言葉を伝えている子どももいました。

【私の感想】
淡々として進んでいくスピード感がよかったり、
復唱されていることで簡単に覚えられて子どもも楽しめたと感じました。



だるまさんシリーズ
言葉が遅かった我が子がだるまさんの絵本で目や歯などの言葉を覚えました。擬音が多く今では真似して一緒に飛び跳ねたり大興奮です!

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
私の姉からのプレゼント

【当時の子供】
男の子・2歳になったばかりの頃

【子供の反応】飛んで喜びます

【具体的には・・・】本の中に登場するだるまの動きを真似して転んだり伸びをしたりおならの音を自分で言ってケラケラ笑ったりしています。
また「だるまさんの」を読む時は本に登場する体のパーツが理解できるのが嬉しいようで、本と同じ体のパーツを指差しながら復唱しています。
1人で読むより誰かと一緒に体を動かしたいようで、いつも私に持ってきて一緒にドテと転んでみたり、私の体のパーツを指差したりするのが好きです。

【母親の感想】
赤ちゃんの時から読み聞かせていましたが、大きくなって自分の身体のパーツや行動に名前がある事を理解出来るようになってだるまさんの動きを真似する事が出来る事がハマる理由なのではないでしょうか。
また擬音が多く、子供はプシュー!などと叫ぶのが好きなのでそれもハマった理由ではないでしょうか。



だるまさんシリーズ
だるまさんの変貌ぶりに大人も子供も笑顔!謎多きだるまさん!

【作者】かがくい ひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
義理の父
義理の父


【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】笑顔になる

【具体的には・・・】初めて子供に読んだときは、だるまさんの絵が面白かったのか、体を動かして笑っていました。
だるまさんがページごとに変わっていくので、子供が「これなにー?」とニヤニヤしながら一ページごとに聞いてきました。
だるまさんの目が大きくなったり、だるまさんがぺったんこになったりしたときは、ケタケタ笑っておりました。

【父親の感想】
やはり一ページ毎にだるまさんが変化していくのが面白いと思いました。
絵も可愛くて大人も子供と一緒に笑える絵本だと思います。



だるまさんが、だるまさんの、だるまさんと
3歳男児に読書させるならコレ!だるまさんと一緒に遊ぼう。

【作者】作:かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】父親

【この絵本を選んだ人】
母親

【当時の子供】
男の子・3歳半

【子供の反応】本をマネする

【具体的には・・・】本の中身は、だるまさんの行動に対して動作や擬音が多く含まれています。
子どもはマネしながら、楽しみながら本を読み言葉を覚えています。
感情豊かになっています。
私自身が読み聞かせ、一緒に動作をしていたら、気づいたときにはひとりでページをめくりながら本を読んでいました。
1年くらいハマっていましたが、今は別のに興味を持っています。
一番ハマって本と言っても過言ではありません。

【父親の感想】
非常にシンプルで文字数が少なく、絵で分かりやすく表現されているところです。
キャラクターもだるまさんをメインキャラクターとし、いちご、ばなな、メロン、が出てくるのも良いです。



だるまさんが

(「だるまさんが」の感想が多すぎるので、だるまさんがの紹介ページではなくいくつかをこのページで紹介します)

だるまさんが
小さな子供が楽しく読める!面白いだるまさんで笑顔になれる絵本

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知り合いからのプレゼント

【当時の子供】
女の子・3歳

【子供の反応】じっと見ていました。

【具体的には・・・】最初はじっと見ていましたが、何度も読んで読んでとせがまれ、ストーリーを覚えてしまいました。
内容がわかっていても面白がってよく笑っていました。
自分で文字が読めるようになると、下の子のために絵本を出してきて自分で読んであげたり、笑ったりして
下の子も大好きになってます。
本がボロボロになるくらい、繰り返し読みました。

【母親の感想】
文字が多すぎないので小さな子供でも分かりやすいし、だるまさんの動きや表情が面白くて大人でも笑ってしまう絵が楽しいです。



だるまさんが
0歳児も声を出して笑い、親も笑顔になる笑いがあふれる絵本

【作者】かがくいひろし
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・4歳

【子供の反応】次の展開を想像してワクワクする

【具体的には・・・】上の子が幼稚園で読んでもらってからハマっていた本です。
だるまさんの次の行動を想像して一緒に声を合わせて真似をしたり、こちらの読み方次第で笑いを引き起こします。
特に「だるまさんがぷっう」の所は大爆笑でハマっていました。
上の子が年の離れた下の子にお勧めの絵本としてプレゼントしていましたが、0歳児の下の子も同じところで笑っていました。
母親の読み方が面白くて笑っていると思います。

【母親の感想】
だるまさんが色々な状態で子供心をくすぐる仕草をしていて、読み方によって子供が笑い転げる絵本なので読みごたえがあります。