絵本の感想【しろくまのパンツ】作・tupera tupera/子供がハマった絵本

絵本の感想まとめ【しろくまのパンツ】作・tupera tupera/子供がハマった絵本を412人に聞きました

しろくまのパンツ
tupera tuperaさんの描く動物達がとても素敵で、色彩や柄もとても美しいです。しろくまさんのパンツを探して一緒にページをめくるのが楽しい一冊です

【作者】tupera tupera
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知人からのプレゼント

【当時の子供】
女の子・1歳

【子供の反応】笑顔になります

【具体的には・・・】しろくまさんのパンツが何故かなくなってしまい、そのパンツを探しにいくという突飛なストーリーです。
ページの一部がパンツの形の切り抜きになっており、一部柄だけがみえて仕掛け絵本のような作りになっているので、「なになに!?次はどうなるの?この柄は誰のぱんつなのかな??」と興味深そうな顔をして自分からページをめくりたがります。

【母親の感想】
トイレトレーニングの為に、少しでもパンツというものに興味をもって貰えたらいいな〜と思いトイレトレーニング開始と同時に絵本の読み聞かせも始めました。
予想以上にこどもがはまりました。
親子で一緒にしろくまさんのパンツを探し、次々に現れるパンツの切り抜きページをめくっていくのが非常に楽しいところがとても魅力です。



しろくまのパンツ
ぼくのパンツはどこ?みんなのパンツはどんな柄かな?しろくまくんのパンツをみんなで見つけてあげよう!

【作者】tupera tupera
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】子供の親の友人

【この絵本を選んだ人】
本人

【当時の子供】
女の子・3最年少

【子供の反応】次の展開を楽しみに予測して、元気よく発言する

【具体的には・・・】パンツの柄がくりぬきのページが続き、誰のパンツなのかを考えながら次の展開を楽しみにし、予測して「次は誰のかなー?」と楽しみにしていました。
前のめりになって、次の動物を当てていく様子が元気よく、大きな声で楽しそうに読み進めていました。
何度も読んでいくことで、「次は猫のパンツだよ」とどの動物かわかっていても、集中して楽しめていました。

【私の感想】
パンツ柄の模様が可愛く、その動物を連想できる柄になっており、またパンツだけが見えるようにくりぬきになっているので、子どもの意欲をより高めていると思います。



しろくまのパンツ
男の子にも女の子にもおすすめ。初めて読んだときは大人でも「へ〜」と感心する結末だった。

【作者】tupera tupera
【出版社】ブロンズ新社

【これを書いている人】母親

【この絵本を選んだ人】
知り合いからのプレゼント

【当時の子供】
男の子・5歳

【子供の反応】楽しくてしかたがなく、ずっと笑顔。
声を出して笑い驚く。

【具体的には・・・】初めて読んだ時から激はまりです。
パンツ、パンツと大はしゃぎ。
何回かよみ内容を把握すると、自作の歌を作り私が採点をする遊びが始まり毎日していました。
本を読んでいない時も、お風呂上りに「パンツはいてないよ〜」と言うセリフをニヤニヤと言うのがお決まりでした。
現在9歳ですが今でも大好きで、妹(3歳)に読み聞かせをしてくれています。
私の抑揚のつけ方と全く同じ話し方で。

【母親の感想】
パンツが本当によかったんだと思います。
言葉を話すことが少し周りの子よりも遅かったので、本来は2・3歳向けの絵本だと思いますが、話の内容・長さがその時の息子にピッタリだったと思います。